殴る白衣の天使

殴る白衣の天使
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
桜桃書房
シリーズ
Eclips romance(エクリプスロマンス 小説・桜桃書房)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784756713223

表題作殴る白衣の天使

正宗誠一郎 外科医
如月侑那 研修医

評価・レビューする

レビュー投稿数1

事前情報を仕入れずこの狂気に恐怖せよ

これほど壊れて病んでいる攻めは初めて。
読んでいる間ずっと正宗の笑い声が聞こえてくるような気がした。
作者の淡々としているのに狂気がこもった感情描写の文章が身体を突く度に、体温が上がる錯覚を感じる読書体験。

正宗が怖い。感情の起伏が掴めずどこが地雷なのか理解できなくてただただ怖い。

如月と正宗の何気ない会話シーンで体中から汗が出て、正宗の思考回路に胃がひきつり、ほんの数ページの出来事にどっと疲れを感じる。

口調も変わってないし、挿絵もない。文字情報だけの小説なのに『空気が変わった』感が伝わってくる。正宗さんは、触れたら火傷するぜレベルじゃない。恐らく、首だけになってもかじり付いてくるタイプ。怖っ。

ストーリーもご都合主義ではなく自然な流れで進行していき読みやすかったです。それに、自分の中にどす黒いなにかがうまれて行き場のないその感情に大切な何かが欠けていくような体験ができると思います。

最後に一言。
本当か、本当にこの正宗でよいのか!?冷静になろうよ!早く逃げてよ!
と如月に言ってやりたい。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ