魔性の唇

mashou no kuchibiru

魔性の唇
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
54
評価数
17件
平均
3.4 / 5
神率
35.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896441826

あらすじ

たった1度だけなのに、抱いた染谷のことが忘れられない深山。
もう2度と会えないと思っていたが、偶然にも夏祭りで再会を果たし、
気持ちが暴走してしまい…!!
染谷と深山のドラマティックラブの他、遠恋のロミジュリ★リーマンやカフェでミルクプレイ、そしてあのキャラも再登場で盛りだくさんのセカンドコミックス!!

表題作魔性の唇

先輩で現大学生 深山蒼仁
元高校の後輩 染谷雪也

同時収録作品ビターキススイートミルク

常連客 冬吾 
珈琲嫌いのカフェの息子 秋也

同時収録作品欲求不満のジュリエット

本社にいる恋人 健二
転勤になった恋人 尾上優一

同時収録作品カフェ猫の甘いなきごえ

バイト先の店長 あきと
高校生の恋人 ゆうじろう

その他の収録作品

  • その、くちびるで。

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ファンの方、ごめんなさい

かなり辛口のコメントなので、五城さんのファンの方は読まないでください。

絵が綺麗だと思って購入したのですが、どの話も好きになれませんでした。それに、『ビターキス・スイートミルク』と『欲求不満のジュリエット』は、絵がまだ安定していない感じがします。

『極上のくちびる』『悪戯なくちびる』
深山(上級生)×染谷(下級生)
義父レイプされた(されかかった)こと、教師にレイプされかかったことがトラウマになっている染谷。教師にレイプされるのを救ってくれた深山と一緒の時間を過ごすうちに心惹かれていく。再度、襲われた時、体をつなげるが、直後に転校してしまう。祭りで再会して、事に及んだときも、深山の弟から聞いて出かけていったにもかかわらず、途中で逃げ出す。う~ん。なぜ、逃げ出すのか、離れようとするのか、理解できない。染谷の心の傷がきちんと描かれていないからだと思います。また、結局付き合うことになるのですが、その心の傷が癒やされる過程もちゃんと説明されていない気がします。

『ビターキス・スイートミルク』
カフェの常連(冬吾)×カフェオーナーの息子(秋也)
冬吾が秋也にセックスレッ続きスンというところ?

『欲求不満のジュリエット』
健二(会社の後輩)×優一(先輩)
遠距離恋愛の二人の久しぶりの逢瀬。

『カフェ猫の甘いなきごえ』
あきと(カフェの店長)×ゆうじろう(バイト)
ことの最中の喘ぎ声が動物みたいなので、止めさせようとするが、ダメ。それならと口を塞いだら、あきとはこれはいい、ゆうじろうはもう嫌だ。

2~4話はコメントなしです。私には面白さがわかりません。

3

フェロモン受!

表題作、魔性の唇・・・表紙の色っぽさに思わず購入しました。
この唇セクシーだなぁ・・・唇+ホクロで染谷(受)の表情もフェロモン漏れまくり。
受けクンは人を不幸にする不幸体質と思い込み(過去のトラウマやレイプ等)、深山(攻)から姿を消す。

地元の夏祭りで再開をする二人。不幸体質と思ってる染谷は一目深山を見たかったんでしょうが、出逢ってしまえばもう終わりです(笑)

染谷は染谷で、深山のことを想い姿を消していた。
深山は急に消えた染谷が気になり引きずっていた。
深山の一言で染谷は救われ最終的にはイチャラブカップルになりました。

染谷の人に甘えたことがないってことで、自分なりに甘えようとするのですが、それは甘えじゃないよって笑っちゃう可愛さがありました(笑)

同時収録他3作ありましたが、「カフェ猫の甘いなきごえ」が可愛かったです。あの喘ぎ声は萎えるよね(笑)

さらっと読める一冊でした!

2

内容はそれとして絵はキレイです。

表題作はこのレーベルとしてはストーリー性を重視した作品になってます。
ただ、ストーリー展開は漫画っぽいし、設定にもムリがありとくに萌える内容ではなかったので微妙でした。同時収録作はこのレーベルらしいノリです。
4組からなる短篇集。

■魔性の唇
ノンケのイケメン×元高校の後輩の男に惚れられやすい美人タイプのゲイ。
顔がキレイなので母親の再婚相手や教師など様々な男に強引に迫られ汚れてしまった自分に自信が持てない受けと、高校時代に彼がレイプされそうなとこを偶然助けた無頓着な攻めが、いつしか惹かれ合い、高校時代に一度合意の上でセックスしたものの、翌日に受けが突如転校してしまい音信不通となり、数年後再会するところからスタート。
後々、受けが転校した理由とか明かされますが、そこらへんが極端でどうにも共感できなかったのでなんの感慨も抱けない作品でした。
キャラの行動が理解できないというか……ムダにこじれさせてるようにしか見えません。

■ビターキススイートミルク
カフェの常連の優男×コーヒーが嫌いなのに淹れるのが上手なカフェの息子
このレーベルらしいエロコメです。

続き欲求不満のジュリエット
オフィスラ短編。
付き合いだした途端に社内の配置転換で遠距離になっちゃった先輩と後輩社員の話。
これもこのレーベルらしいエロコメ。ノーマルセックスですが、あえていうなら正常位の受けのエビぞり具合がセクシーです。

■カフェ猫の甘いなきごえ
カフェの店長×バカでドジだけど元気がとりえのバイト兼恋人。
イケメン店長はバカな子すぎる受けがカワイくてぞっこんだそうです。

絵はキレイだけどノーマルエロばっかだし展開もありきたりなのでそこまでかな~…。中身がありそうな表題作もこじつけっぽさが強いのでイマイチだし…イラッとするところはないけど1箇所も萌ポイントがないというか…。個人的にあまり記憶に残らない作品でした。スミマセン。

《個人的 好感度》
★・・・・ :ストーリー
★★★・・ :エロス
★・・・・ :キャラ
★★・・・ :設定/シチュ
★★・・・ :構成

2

つやつやリップ♪

中のカラーページの受けさんの唇がうるうる♪
何のグロス塗ってるんだってほどうるツヤリップです。
カラーのツヤ感が好きでした。

『極上のくちびる』
戸惑いながら、逃げたり追いかけたりする二人のすれ違いラブでした。
受けさんが義理の父親や教師からの性的虐待を受けた過去があり、
自分を不幸体質だと思い込んでいました。
攻めさんと付き合っていたけれど、自分と一緒だと不幸になると思い込み、
受けさんは別れを決めます。
このあたりの受けさんの勘違い大王ぶりがアレな子でしたw
あとには誤解も溶けて無事お付き合い再開する二人でした。

『ビタースイートミルク』
カフェのオーナー(受け)とそのお客(攻め)のお話でした。
作者さんのコーヒー好きから思いついた作品だそうです。
手馴れた男に絡め取られる受けさんでした。

『欲求不満のジュリエット』
遠距離恋愛の二人が、距離が遠いぶん濃厚なHーをしようみたいなお話でした。
周囲から見ればお騒がせなカップルでした。
私はそれより部長が気になりました!部長のスピンオフお願いしまっす!

『カフェ猫の甘いなきごえ』
続きカフェの店長×店員のお話です。
一番あほ~な内容で笑えましたw
受けの子がバ可愛い系です。いい具合に脳がメルトします。
店長さん、HのときちょっとS入っていました。

3

唇にホクロ・・・エロいっス

タイトル通り、魔性の唇~、男を引き寄せるフェロモンでも出してそうな
エロい唇の持ち主の受けである染谷は、そのせいなのか、義父に襲われたり
教師に襲われたりとかなり御可哀想なのですが、それが大事な人を不幸にすると
思い込む要因になっていて、高校時代に好きになり想いが通じ合った先輩の深山と
1度だけ関係を持った後に忽然と消えてしまうのです。

それは、大好きだから相手を不幸にしたくない一心の健気さと思い込みなのですが
突然想いが通じ合った相手に逃がられた方は訳の解らないまま想いを引きずる。
そんな時に目の前から突然いなくなった染谷を夏祭りで見つけ再び腕に抱くも
また逃げられてしまう。
過去に自分に襲いかかって来た相手や母親にまでお前が悪いと言われ続けたせいで
大事な人が不幸になってしまうと思い込んでいる染谷を今度は絶対逃がさないと
深山が追いかけて、手に入れるまでの結果甘々ハッピーなお話です。

4

とどのつまりがバカップル♪

五城タイガさん絵が綺麗なのでいつも注目してしまいます。
ジュネピアスからですけど、ただのエロエロじゃなくてキャラあってのエロなのでその点は他の掲載誌作品とあまりスタイルは変わらないので安心感があります。
実は表題じゃなくて、併載作品のほうが自分的に面白かったとか。。。

【ビターキススイートミルク】
珈琲ショップの息子で手伝っているくせに珈琲嫌いの主人公。
彼を目当てにやってくる常連客。
君の淹れるコーヒーはおいしいから淹れ方を教えてくれといって、さりげなくボディタッチが始まり。。。
ミルクの使い方2種類(爆)
コーヒーをのんでからミルクを口移し。さて、君のミルクはどうかな?ってフェラして飲んだ後コーヒー飲んでるーーー!!!「うん、ぴったり合う」だってーーー!!!
何か変態チックでワクワクすっぞ♪

【欲求不満のジュリエット】
恋人同士になってまだ両手の数ほどもエッチをしていない互いなのに、片方が転勤で離ればなれに!?
でも仕事が忙しくてすれ違う二人は中々会うことができない。
欲求不満がたまり仕事に身が入らない主人公。
部長に話しをきいてもらっていたとこ続きろ突然の恋人の来訪。
部長の話でなっとくしたものの、嫉妬した男は怖いw
冒頭では健気なワンコ風味だった彼が野獣に変身してました。
この主人公のヘタレ具合が何かツボってしまったのでした。

【カフェ猫の甘いなきごえ】
前作『王子さまの秘薬実験』に掲載されていたカフェ猫の番外編。
カフェの店長の恋人の高校生=アホの子。
このアホの子が炸裂してるただひたすら愉快な話ですが~
バカな子ほどかわいいと店長がエッチをしようとすると「もうセックスしない!」と断言する主人公。
エッチ中に変な声を出すと怒られるから嫌だと!?
実際・・・”ピー”だの”びやっ”だの”うぶぁ”だの玩具みたいな音だ(笑)
とうとう耐えかねて口をふさぐと、あら?
逆転の発想らしいです(爆)
アホの子、嫌いじゃないです♪

そして表題【くちびるシリーズ】は全部で4本で構成。
教師に襲われている同級生の染谷を助けた深山。
側にいても何もしない彼に安らぎを見つけ、彼なら~と思い始めていた時一度だけ結んだ身体の関係。
だけどその後染谷は深山の前からいなくなってしまった。
大学生になった深谷が、ナンパも面倒くさいと夏まつりでくさっているところに偶然再会した染谷。
忘れらない思いを告白されるのだが染谷は逃げてしまう。

一見シリアスタッチで見せる話。
染谷の親から憎まれて育ち、義父に犯され、男に襲われというそんな悲惨な過去をひきずり、まっすぐな愛情をむけてくれる深山から逃げてしまったという染谷という、重たい過去を引きずって、それを深山が受け止めてくれるという恋人になる話なのだが、、、
最後の4話目はバカップル話になってました(爆)
もっと甘えろよという深山に、甘え方が解らないとヘタレる染谷。
はいはい、ごちそうさまですよwww
きっと前半がシリアスだった分甘さを増量したと思うのですが、概してこうしたシリアスものって、ひっくり返すと激甘カプなんですよねv
深山がいい男すぎて、ほんとう、いい奴でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ