二つの爪痕

futathu no thumeato

二つの爪痕
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×212
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
9
得点
118
評価数
37件
平均
3.4 / 5
神率
18.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199007156

あらすじ

宮緒葵、キャラ文庫初登場!
紳士的な社長令息と傲岸不遜なオレ様ホスト
正反対な二人に愛されて、平凡な大学生の運命が変わる! ?


大学生・陽太の姉は、社長令息の峻成と婚約している。
陽太のことも弟のように可愛がってくれる峻成なら、安心して姉を任せられる――。
そう思っていたのに、姉が結婚を目前に豹変!!
しかもホストクラブに嵌まっているらしい!?
真相を探る最中、陽太は謎めいた人気ホストに出会い…?

表題作二つの爪痕

社長令息 藤堂峻成32/ホスト タキ23
峻成の婚約者の弟で大学2年生 春日井陽太 20歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

3Pは3Pでも

三角関係ものですが、ドロドロ系なので(あまあまでもあるんですが)好みが別れると思います。
姉の婚約者・峻成と、姉が熱を上げているホスト・タキの間で板挟みになる大学生の主人公・陽太。ですが、最初に恋仲になるのはタキの方です。

ストーリー自体は、三角関係ものがわりと好きということもあり、そこそこ楽しんで読めました。何より宮緒さんのえろ描写がかなりえろくて好みでした。
ただカップリング萌えのようなものは個人的にはほぼなかったです。

なんだか不思議と、三角関係ものの醍醐味であるはずの三人でいる状態というのが薄く感じたからかしれません。
といっても、肝心の3P部分はほぼラストのほうだけです。
攻めである峻成とタキの間にも切れない関係があります。

タキと陽太を一対で見たときは峻成の存在が薄く、今度はタキと峻成を一対で見ると主人公であるはずの陽太の存在が薄く感じます。三人いてなんだかとまりや萌えのようなものは感じられませんでした。
あとはやはり…どうしても避けられない部分で、姉の婚約者と姉が惚れているホストの両方を奪ってしまった主人公が、「罪悪感を感じている」と口ではいい続きながらもあんまりそんな感じに見えないという…。
父親もあんなことになってしまい、結局、陽太の家族はバラバラになってしまったという後味の悪さを感じました。

それと、根本的にここまで執着され、ドロドロの殴り合い、奪い合いをされる陽太のどのへんかそんなに魅力的なのか?普通の大学生に見えるので、その辺の魅力を文章からあまり感じられず、また、陽太がタキを好きになっていく過程は共感できたのですが、姉の婚約者をいつからそういう目で見るようになったのかの説得力がほとんどないように感じました。

奪い合いをされて、よくある、いわゆる「やめて、どっちも好きなの!」状態になるのですが、果たしてそれはいつから?
なんだか陽太が後半にきていきなり、とてもいい加減な人間のように感じてしまいました。
作品としては残念ながらイマイチに感じる部分もありましたが、やはりが好みと思ったのがえろシーンだったため萌え評価です。
宮緒さんのえろシーンは受けの言葉使いが少々つたなく女の子っぽい部分があるのでこちらも好みが分かれるかもしれません。
3Pは3Pでも、明るいお話が読みたいかたはご注意な作品です。

0

腹黒兄弟に愛された淫乱美少年

カバー絵を見た通り3Pです。
異母兄弟と彼らが見出した天使。

全体的に薄暗く重いです。
悲惨な経験をさせられた啓斗の過去や美少年 陽太を手に入れるためにその姉を利用して近づいてきた兄弟の手口、そして傷つけられた姉やいいように操られた陽太の父親など執着した陽太を手に入れるためには手段を選ばない兄弟の所業に驚きます。
姉は母亡き後母親代わりに弟を可愛がり面倒を見てきたのに、裏切られ弄ばれ堕ちるところまで落ち心まで病んでしまうのは救いがなさすぎてかわいそすぎました。
一生面倒見るとは言っても施設に閉じ込め面倒がないようにしておくってことですよね。
せめて過去に付き合っていて未練がある別れた恋人を探し出して再会させ再燃させてあげるよう手はずを整える、なんて小細工は簡単なはずなので結末にそんな救いを作ってあげてくれたら明るさが見えたのにと思いました。
俊成の実母の非道な行為は同情の余地なしですが、父親の方は何もしなかった罪?ですかね。更迭され飼い殺しという結末に。

いやいや言いながらも結局二人とも好きだと言い、挙句に二人で僕をぐちゃぐちゃにしてぇーには引きました。
一番続き美味しい思いをして得したのは陽太なんですね。

0

翻弄されてるのは誰なのか?

表紙に惹かれみなさんのレビューを拝見してお姉さんの件、大丈夫かなぁと思いつつ電子書籍でポチりました。
そして、しまったー!!これ紙で買えば良かったー!!と、この本でこういうの何回目か数えるのが嫌になるくらい好きでした・・・。紙書籍ポチりました・・・。

タキがすごく好きです。
めっちゃ好みです。
陽太にだけそっと甘えてるのがなんとも(*´ω`*)
本人はそんなつもりはないんでしょうが。
そしてなんとも迷惑な兄弟喧嘩・・・。
お姉さんは本当に可哀想で。でも、それ考えたらこの本読めなくなってしまうよね、とも。思ってたほどドロドロ感は感じませんでしたし。
兄弟は共有するつもりはないけれども、この手の共有モノは大変大好物です。
姉に罪悪感を抱きながらも快楽にのまれて兄弟の手に堕ちていく陽太もいいです。
そこらへんもうちょっと苦悩してる描写があっても良かったのになぁと思いますが。

「二つの爪痕」っていうタイトル好きです。
タイトルに込められた意味を読んだ時にニヤニヤしてしまいました。

0

作者買い

この作者様の作品なら『読める』という安心感買い。

まとも(この場合のまともってどうなのかって思うけど)な不徳強引モノを読みたいと思ったらハズさない作品でしょう。
何がいいのかと聞かれると、やはり受けが犯される様です。
文章力があるからこその丁寧な描写は読んでてワクドキですv
その上、表紙を見たまんまの複数モノ。
色々な伏線を繋いで、どういう形でそうなるのか・・読み進める楽しみでした。
だんだん作中のエロに慣れてくると、物語がどんなプロセスを踏んでラストへ行くのかに気が入り、結局、結末が気になって一気読みです(笑)

ラストのオチには、こっちが思わず声に出してツッコミを入れたくなりましたw
数百円分、最後まで楽しめた作品。
ご馳走様でしたv

2

似た者兄弟でした

最近宮緒葵さんの作品にハマってます。今回は大好きな3P!ということでワクワクしまがら読みました。

他の方のレビューにもありますが、みんな好きなら何でもしてもいいみたいな感じで、普通じゃない(笑)特に兄弟二人が陽太君を手に入れるためにいろいろ画策してるところがゾクゾクしました(私も普通じゃないのか!?)弟を手に入れるために姉との結婚を迷うことなく決める兄、兄の行動を監視するために兄の秘書になることを決める弟…。でも、姉に悪いと思いながら二人を手放せなかった陽太君が一番普通じゃないんだろうな~と思いました。
なんと、今回が初恋で童貞だった、というお兄ちゃんが美味しかったです!!
陽太君を挟んで兄弟仲良く暮らしていくんだろうな~と読後感良く読み終わりました。

1

リアルとファンタジーの融合

宮緒作品の3Pというと、「悪夢のように~」と「蜜家族」を思い出すのですが、これはそれらよりも毒控えめで、読みやすかったです。

基本路線は王道なんですが、宮緒スパイスがちゃんと効いてます。つまり、まごうことなくファンタジーです。ん?と思うようなことがさも当たり前のように書かれていて、クレイジーさをより隠し気味にしてありました。

とはいえ、みんな頭おかしい(笑)
お母さんに似たのか、唯一まともだった姉が本当に気の毒で。そりゃ、これだけおかしい人に囲まれたらまともな人なら発狂するだろうなぁ(汗)しかも陽太にまで裏切られるし、さらに施設に入れられた後も峻成は人質として利用するつもりでいるらしいし、誰か姉を救ってあげてください・・・。

峻成兄弟の父ももしかしたらまともだったのかもしれませんが、強烈な息子にかなわなかった模様。お父さんもお気の毒です。
陽太父は、まともかと思ったら女にだまされて言いなりになってますし。父、頑張ってよ(笑)

で、陽太。一番罪深いのは彼だと思う。流される体を装いつつ、確信犯としか思えず。ろくに抵抗もせず、「お願いおっぱい噛んで下さい」にうけま続きした。そもそもタキとの初めてのときにも朝までやっておきながら嫌悪感もあまりなかったようですし。

突っ込みどころはたくさんあるのですが、それを「BLファンタジー」だとあえてちらちらほのめかすことで、逆に気にせず楽しめるようにさせる書き方に好感が持てました。
ありえないところさえも笑って楽しんで、存分に設定とプレイを楽しめる良い作品でした。

2

王道かな?→やっぱ宮緒作品だった!な3Pモノ

攻め二人に受け一人、3Pモノです。
同じ宮緒作品の『悪夢のように幸せな』は攻めが二人ながら3Pではなく受けを奪い合うお話でしたが、こちらは3Pど真ん中。エロは濃厚でした。

個人的には、3Pってそんなには好きじゃないんです。というか、他ジャンルより好き嫌いが分かれるんです。
たぶん受けへの愛というか独占欲が薄めで、他の男でも貸し出し可ダヨ★楽しもう★みたいな展開が嫌いなんですね。攻めは2人いてもいいんだけど、その愛はそれぞれゆるぎない強いものだと感じさせてくれないと基本イヤなんです。
で、その私からすると、とりあえず攻めは二人とも暑苦しいほど受けを愛してますので、この3Pは全然大丈夫でありました。

今回の攻めは↓

峻成・・・社長令息。品行方正な紳士で、陽太の姉の婚約者。義兄としては過ぎるほどに陽太にかまい、優しく接する。実は陽太に一目惚れしたが、男同士でかなわない恋だと思い姉に近づき婚約した。

タキ・・・陽太の姉がハマった№1ホスト。姉と別れて欲しいと懇願する陽太を脅迫し、関係を持つ。が、次第に陽太に夢中になる。峻成とは腹違いの兄弟だが、トラウマになる出来事続きがあり家を出た。

そう。攻めsは腹違いだけど兄弟なんですね~。しかも、もとはものすごい仲が良い。
久々に再会したら、弟は兄を恨んでいて、同じ男(陽太)を愛していた、と。なかなかディープな関係性です。

峻成は、もともとすごく真面目な人なんですが、陽太が男と付き合っているらしいと知り、また、大切だった弟のタキが家を飛び出した衝撃の理由を聞かされ、今まで自分を縛っていたいろんな価値観が壊れて解放されて、すっかり豹変してしまいました。
作者さん曰く峻成は「始まった」ばかりみたいなので最終的にどんな攻めに育つのか、怖いもの見たさでもっと見たかったです。
陽太との初エッチあたりは、一途な犬っぽさもありつつ蛇っぽい粘着さやしたたかさもありつつって感じでしたが、未来は大蛇になっちゃうかもしれない・・・。そんな不安というか楽しみもあります。

あと、陽太の姉が、かわいそうというか哀れというか。彼女は最後まで救済されないので、今後が心配です。
彼女が救われないといつかは陽太も精神的に参っちゃうのではないかとも思いますし。
一番怖いのは、陽太が壊れようがどうしようが、絶対に放さないであろう攻め2人…。

割とBLのベタ展開をたどっていたので、あら意外とありきたりなお話かなーと中盤くらいまで思っていました。
が、攻め二人のキャラがたっているのと、ドロ甘いんだけどすっきりしない、後味悪い一歩手前のようなざらりとした読後感で、やっぱり他作品に埋もれない個性があります。
この読後感はもしかしたら好き嫌いがあるかもしれません。

萌×2に限りなく近い萌評価です。

3

無関係な姉弟を巻き込んだ歪んだ兄弟喧嘩

3Pものですが、なかなかどうして複雑な絡まり方をしています。
あっ、もちろんエロでなく人間関係ですよ(笑)エロも3Pお約束の二輪挿しはもちろん
タイトルにもあるように攻めである兄弟二人は愛する者が付けた爪痕を背中に残しながら
その痛みに幸せを感じているのですよ。

1番可愛そうなのが受けである陽太の姉でしょうかね、本当に哀れとしか言いようが無い。
でも彼女も付き合っていた彼よりも地位もお金も容姿も何もかも優れている峻成を
女のしたたかさで選んだ訳だから仕方ないと言えば仕方ない。

一目惚れだと結婚を望まれ婚約したら相手の気持ちは自分には無くて、その思いの先が
歳の離れた母亡き後に可愛がっていた弟だった、それに気がつきたまたま知り合いと
一緒に行ったホストクラブで寂しさからNO1ホストのタキに入れ込んでお約束のように
貢お金も無くなりキャバで働きもう少しで悪い輩にソープに沈められてしまう寸前、
姉思いの弟がやって来て、姉が入れあげているタキに直接姉が来ないようにして欲しいと
身体を張っての懇願に抱いて願いを叶える。

しかし、タキには姉弟が知らない歪んだ愛続き情故の思惑があって、過去のある悲惨な
出来事で苦しんでいた自分を助けてくれなかった兄に対する復讐だったりします。
歪んでいるけれど、これもブラコンの一種なんだろうと思えます。

恨みを買っている兄もまた真面目な狂人気味、本当は陽太に一目ぼれしたのに、
世間体や生真面目さと臆病さで一目ぼれした相手の姉と結婚して繋がりを持とうとする。
それでもまだ兄の方が健気と言えば健気、それもラスト方面で明かされる兄の真面目さが
窺い知れる衝撃の真実はちょっと笑えました。
だから盛りの付いたワンコみたいに陽太を犯しまくるのですよね(笑)

結局は陽太に二人がした事が全てバレて、挙句姉は心を病んでしまうのですが、
結果的にはこの弟も酷いかも知れない。
姉に対する罪悪感を一人で抱えるなんて嫌だで二人を欲することになりますからね。
攻め兄弟二人のかなり普通では無い愛情ももしかしたら陽太は意外にも丸ごと
楽勝で受け止めるのではないかと思えましたね。

5

選択しない結末

宮緒作品の初GUSHは、表紙から見てわかるように攻め2×受け1の愛憎モノ。
今回は「犬」ではなく、何でしょう?蜘蛛とか蛇とか系でしょうか。
健気でまっさらな主人公、彼が執着されてたどる道は最初の読み始め、よくあるこうした物語の設定を周到してベタすぎるほどにベタだったりもするのです。
ええー!?痛いはずの宮緒作品(そういう印象が染みついている)がまさかよもや、こんなありきたりの展開をみせるはずが、と思ったのですがやはり宮緒作品でした。
より痛いキャラクターの本質が出だして、やっぱり…と思えました。
攻めがいい人を装ったとても痛い人たち。
これがただの傲慢や俺様だけだったら、ごくごく普通だったのでしょうが、そこが違ったのだと思います。
それぞれがそれぞれに、自分が善人じゃないと自覚して結ばれる関係。
若干軽めながら、ドロっとした甘さで幕は引かれました。

大学生の陽太に父親から至急の電話がかかる。
母親を早くに亡くし、母親代わりでいてくれた姉・陽菜がホストに嵌り家の金に手を付けて大ケンカになったのだという。
自営の工務店の経営を助けてくれた大企業の藤堂建設の御曹司の続き婚約者なのに。
困り果てる父に姉の説得を依頼されたのでした。
姉の婚約者・峻成の陽菜よりも陽太を可愛がり溺愛するさまをみせながら、見つけ出した姉が入れ上げるホスト・タキとの交渉により始まった体の関係とタキの陽太への執着。
姉が気持ちを寄せていたはずの二人が陽太に走り、それによって起きる修羅場。
入院した陽太の元で出会った峻成とタキの関係と彼等の真実。
そしてラストへと向かうのです。

展開的にはとても解りやすいです。
そしてこの中で登場する女性たちは、陽菜についてはあまりにも可哀相かもしれませんが、峻成とタキの母親についてはとんでもない女性です!
彼等は、というか峻成とタキは自分が興味がないものについては、一見人のよさそうな顔をしてとても残酷で、全く罪悪感を感じていません。
口では悪いことをしたとは言いますが・・・どっか歪んでる?
峻成の陽太の溺愛の仕方なんか、気持ち悪いほどですし、
タキは甘えているようでいて相手を知らぬ間に支配するような人たらしの部分が見られるような気がします。
本当にこの攻め二人は・・・しかし、だから異母とはいえ兄弟なんですよね。
大人なのに、感情面で本質で、とても子供な部分を感じます。

一方陽太です。
なんで彼等が陽太に執着するのかといえば、峻成については一目ぼれ的な「天使が舞い降りてきた」といっておりましたので(笑)
そしてタキについては、最初は色々知っての上の腹黒的なものだったのが、本気になっていくようでありますが、その魅力がどこにあるのかは…ちょっとわからなかった。
自分たち兄弟が互いを思いやることが出来なかった為に抱いた罪悪感を陽太を見ることで、自分のものにすることでそれを埋めようとするような、代替えにする人身御供になったような感じがしなくもないです。
しかし、陽太はアホの子ではないようでした。ただ人を信じやすいのかな?

最初に登場するタキと陽太のエッチシーンの陽太のセリフにビックリしました!
「お腹あついから…きちゃうから…きもちいいの…おかしい よぅ…」思わず吹きましたw
こうしたエロい子への変身は割と好みだったりします♪
ラスト、陽太がどちらのものになるのか峻成とタキがケンカを始めた時、どちらも選べないからという陽太に、お約束の詭弁で人の良い陽太をタキが丸めこむ形で3人の関係に至るわけですが、この3P、峻成のセリフに驚きが!w
「私たちの為に存在する体が壊れるはずがない」とかって二輪挿しに至りましたので(笑)
このラストのエッチがとってもとっても濃厚でゲップが出るほどでしたよ♪

兄弟二人が、過去を乗り切る為に罪悪感と愛情の代償として、無垢な陽太を取りこむという彼を真ん中に据えることで成立する兄弟関係という3角形を形成したのですが、実質蜘蛛の巣に捉えられ、それに気がついてないむしろ自ら飛び込んだ蝶という比喩もできるのでしょうか?
それにしても、峻成が童貞というのが、思わずツボったのでした(爆)

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ