子供たちの長い夜 毎日晴天!6

子供たちの長い夜 毎日晴天!6
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784199001451

あらすじ

恋人としてつき合い始めて一年半。
最近勇太は機嫌が悪い。
誰にでも優しい真弓を見ていると、凶暴な独占欲に駆られるのだ。
苛立つ勇太は、ある日些細な口論からはずみで真弓を叩いてしまう!!暴力とは、もう縁を切ったはずなのに…。
このまま一緒にいたら、俺は一番大切な人を傷つけてしまう―。
自分自身に恐れを抱いて、勇太はふたたび真弓の前から姿を消すが…。

表題作子供たちの長い夜 毎日晴天!6

高校生・勇太
高校生(帯刀家末っ子)真弓

その他の収録作品

  • 龍頭町三丁目の初恋

評価・レビューする

レビュー投稿数1

勇太の闇

簡単に癒えるものではないとは思っているんだけど、秀との関係や帯刀家での毎日や、学校や町での暮らしに、少しでも勇太の傷が過去のものになっていればいいと、いつも願うんですよね。
だけどふとしたことで頭をもたげる勇太の闇が、あまりにも深くて息が詰まります。

日頃大人びているし、騒がしい帯刀家の中じゃ唯一って言っていいほどまともに全体を俯瞰で見ることが出来ている勇太だけど、それでも実はまだ子供なんですよね…。

勇太の過去は忘れていいものじゃないと思うから、「ぜ~んぶ忘れて今を生きて」とは私は言いたくない。
本当はその方が楽だろうけど、それはこれからも勇太が抱えていくものなんだと思います。
だけど、それを秀とか真弓とか、大河たちにちょっとずつ助けてもらいながら持つ分には良いんじゃないかな?

個人的に真弓に萌えをまったく感じないからか、勇太が好きすぎるからかは自分でも分からないんだけど、今回も真弓とのBL的要素より、秀との親子の絆や勇太の過去との向き合い方、実父への気持ちの整理なんかが胸に来て、読み応えのある1冊でした。

唯一の形見のお守りの中身に、一気にぶわ~~~っ続きと涙が溢れました。

まだ終わりだとは思えなくて、これから先も、なにかのきっかけで勇太が今回みたいになることがあるんだろうと感じるけど、そのたびにちょっとずつ強くなって乗り越えて欲しいです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ