ヤンデレ天国BLACK~真誠学園芸能彼氏編~3

yandere tengoku black

ヤンデレ天国BLACK~真誠学園芸能彼氏編~3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
46
評価数
10件
平均
4.7 / 5
神率
90%
音楽
文月芙生
脚本
穂波
原画・イラスト
駒城ミチヲ
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
HOBiRECORDS
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
ステラワース特典: 叶汰視点書き下ろしSS / コミコミ特典: 誉視点書き下ろしSS / シーガル特典: 光祥視点書き下ろしSS
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

南寮寮長の深谷光祥は、卒業と同時に、父親が経営している芸能事務所に就職する予定になっている。そして、4月5日にアイドルとしてデビューする秋月叶汰とは、恋人同士。叶汰との仲はそれなりに良好で、光祥は平和に最後の学生生活を送っていた。しかし、事務所が企画したイースターイベントが差し迫る頃、光祥は新しいモデルを紹介される。それは光祥の元カレ、北折誉だった。しかも、誉はまだ光祥と別れてないと言い出して――

抑圧された欲望があふれ出し、ふたりの男がヤンデレと化す…

表題作 ヤンデレ天国BLACK~真誠学園芸能彼氏編~3

秋月叶汰(今カレ) → 野島裕史

深谷光祥(主人公) → 逢坂良太

北折誉(元カレ) → 樋口智透

深谷光祥(主人公) → 逢坂良太

評価・レビューする

レビュー投稿数2

油断大敵グロ注意!

ふっはwww
油断してたらとんでもないヤンデレだったwwwwww
正直ここまでのものを期待していませんでした。

あれです、まだ聞いていない人に対してはグロ注意と叫びます。

いや、個別に入るまでは攻めと受けの可愛いやり取りとかもあるんですよ~ちゃんとね。
ちゃんと攻めが病んでいく過程もうかがえます。
「アイツが光祥を苦しめてる。ああ…光祥の笑顔が戻るように、俺が頑張らなきゃ……」
…台詞だけ見るとめちゃ健気www
だがしかしそこに至るまでの思考とBGMでめちゃくちゃ病んだ台詞として聞こえます。

ENDは3種類。

1.叶汰END
誉がー…!!!と落ち着く間もなく目がっ目がー!!!!!!
えぐっちゃいました、はい。
目玉舐めた、よしきたエロ突入か?!なんてことを考えた私の腐った思考を大いに裏切ってえぐっちゃいました。
音にうひぃーとなりました。

2.誉END
…なんだと?
叶汰ENDの方がやばかった気がする。
え、叶汰生きてんの?
ってかそれでひいてくれたの?
まじで????
ってかイースターエッグどんだけでかいの???
思わず続き冷蔵庫から卵取り出して眺めちゃったじゃないかwww
光祥めちゃくちゃ苦しそうなんですけどwww
しかも中々はいんないというね。

3.3人END
…すみません、マジですみません。
叶汰ENDめちゃ病んでるーとか思ったけどこっちの方がやばかった。
ってかお前もか!!!と突っ込んだwww
題して「僕を食べてEND」です。
ただしエロイ意味ではなく。
そのまんまむしゃむしゃと食べてくれという…アレです、カニバです。
自分を食べてもらうために2人を監禁・食事を与えず・適度な暴力と誘惑行為…。
ここまでやるのか?という状態でしたね。


あれです、安易な気持ちで聞いたらマジでウヒィーとなること間違いなしでしょう。

0

怖えぇぇぇ!?

面白かったです。
配役が素晴らしい!!
攻めのお二方は、キ○ガイ感をうまく表現なさっていて、
演技力半端ないです!

特に受け演じる逢坂さんがもう!
可愛いったらありゃしない!hshshshshshs
可愛いよミツ、カワイイヨ・・・ハアハア・・・食べたい・・・

ストーリーから、キャストから、全てが完璧でした。おめでとう。



三角関係のお話です。
主人公受けの光祥が、今彼、元彼に
迷惑なほど愛されてます。
しかしそれは甘いものではなく
狂気的で、猟奇的です。

ーネタバレあるよ!-

この三人が狂い始めるのは、フラれたとばかり勘違いしていた元彼の誉が
留学先から日本に帰ってきたときから。

もともと3人は同じ学校なんですよね。

受けのミツは、誉からフラれた(と勘違いしてた)ときからずっと
ほんとうは誉を忘れられなかった。
でも今彼の叶汰がいるおかげで、誉を忘れようとした。
でもやっぱりどこかで誉のことも好きだった。だけど叶汰も大切で。

そんなミツの曖昧さ、優柔不断なところが、
二人の男を狂わせていきます。

続き「ねえ、誰が今の光祥を作ってあげたの?
うん。俺だよね。そうだよね。よく分かってるね」

ー「俺が悪い?だからミツはあいつの傍にいっちまった?
違うよな。
ミツは俺の愛の深さを、試してるだけなんだよな」

束縛したい、壊したくない、離れたくない・・・
こんなに好きなのに、こんなに愛してるのに、どうして思い通りにならない?

光祥、ミツが好きなのは俺なのに。

抑えきれない受けへの思いは、
だんだんと狂いだして、壊れます。

盗聴、傷害、監禁、拘束、器物損害、殺し・・・(もう言えない!)
そして、本当に狂っているのは・・・


ENDは3つです。

秋月叶汰(今カレ)×深谷光祥(主人公)

北折誉(元カレ)×深谷光祥(主人公)

秋月叶汰・北折誉×深谷光祥

この3つのENDが、衝撃的です。
でも、官能的です。そして怖い!音が!w



「いいよ、一緒に墜ちていこう。その代わり、愛は、頂戴。ね?」

このミツのセリフで、萌死しました。ズキューーン!あうっ!!


セリフのひとつひとつもいいのはもちろんなんですけど、
BGMが雰囲気を醸し出すんですよ!
ピアノ演奏なんですけど、
そのときの彼らの感情とリンクして、
またその世界観を、うまく表現してるんですよね。

ほんとう、素晴らしいとしか言いようが無いよ・・・・

そこのお嬢さん。
いつ聴くの??

今でしょ!!!!!

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ