兎の発情期

usagi no hatsujouki

兎の発情期
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
6件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784041009406

あらすじ

白い兎を拾った春斗の前で、兎が耳と尻尾をもった少年に!? 白兎神一族の雪と名乗る彼は、昔出会った春斗とつがいになりたいという。成り行きで同居を始めたある晩、春斗の元に大人の姿に成長した雪が現れて…?

表題作兎の発情期

雪 見た目は子供の白兎神一族の長の跡取り息子
春斗 結婚相手と職を同時に失った獣医 26才

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

兎が発情する秘密

題名からエロエロなのかと期待してしまう今回は、昔助けた兎に迫られる獣医さんのお話です。

結婚も仕事もダメになった春斗は、亡くなった祖母の家にやって来ます。祖母の墓参りの帰り道で助けたのは真っ白な兎。
家に連れて帰ると、なんと兎は美少年に変身するのです。驚きながらも、帰る場所がないと言う兎の雪を、家に置いてあげることにします。
そして、雪は見た目が子供なのに、真剣な表情でつがいになってほしいと言ってくるのです。真面目な雪の様子に春斗は断れずに、自分よりも大きくなったらと返事をしてしまいます。

雪のことは子供だと思っているのに、なぜか雪のことを考えると身体がうずく春斗。お風呂場で自慰をしているとそこに現れたのは…。
好きな人が発情しないと発情できないっていうのが面白いです。

子供の姿の雪はとっても可愛いし、大人の雪はカッコイイし、春斗がメロメロになるのも納得です。
何よりも恋愛優先な種族というのもイイですね。
あとがきにもあるように、僕攻めとうさ耳攻めと一途と、甘々が堪能できる1冊です。

0

おおっと勘違い

兎の発情期なんてタイトルが付いているから表紙イラストのウサギ耳が付いている
青年が所構わず発情するのかと下世話な事を思い浮かべていたのですが、
先に発情するのは抱かれている青年でしたね(笑)
それに受けである春斗が発情してしまう原因になった相手が攻めの雪なのは違い無いけど
お子様姿の雪ちゃんなのでかなりアブナイ春斗さんです。

人間と白兎神一族と言う人間に変化する事が出来る種族のウサギさんとのラブ。
それも再会もので一途なウサギさんは子供の頃に助けられた時から春斗ラブ。
そして再会も亡き祖父母の墓参りに訪れた春斗が野良犬に追いかけられていた
白兎をまたしても助けると言う過去を彷彿とさせる再会になります。

初めは子供姿の雪ちゃん相手との微笑ましい同居をすることになるのですが、
春斗が発情した事で雪ちゃんが姿も大人になってと言う話です。
婚約者に結婚式場で逃げられ、職も失い何もかもにやる気を失せていた春斗ですが、
小さな雪ちゃんと出会い、一心に大好きだと告げられいつもベッタリスキンシップ。
ウサギと言うよりワンコみたいな雪ちゃんの子供姿はラブリーです。
続き兎神一族の後継者問題と春斗と雪ちゃんの恋、悩むながらもいつの間にか育っていた
思いに素直になって行動を起こした春斗と雪ちゃんのファンタジーな恋は甘いです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ