弁慶とメロンパン

benkei to melon pan

弁慶とメロンパン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥467(税抜)  ¥504(税込)
ISBN
9784094211054

あらすじ

趣味はケーキ作りという高2の館林主計。一方、その偉丈夫ぶりから“井慶”と呼ばれる武蔵士。その弁慶が、小柄で可愛らしく、大好物の“メロンパン”を作る主計に想いを寄せていくのに時間はかからなかった…が!

表題作弁慶とメロンパン

高校生 武蔵士
高校二年生 館林主計

評価・レビューする

レビュー投稿数1

可愛い青春物語でした

いかにもパレット文庫らしい、濃ゆい描写のまったくない可愛いお話でした。
エッチどころかキスまで寸止め。でも、一生懸命に恋をしてるのは間違いない。

主役カップルは学生で、二人とも寮暮らし。
一人はお菓子職人になる夢を見て、日々努力を重ねているかずえちゃんです。

一人は剣道部の武蔵。ムキムキのデカい男です。彼がいきなりかずえちゃんに一目惚れします。
不器用なんだけどどちらも自分の気持ちには正直で、へんにぐるぐるしないのが読んでて気持ち良かったです。

それぞれの親、とくにかずえとその親の関係性も作品の主要なテーマになってます。
ありきたりながらブコツで優しいお父さんの職人魂は良かったし、お兄さんの懐の広い優しさも良かったです。
この家族の話には、さらっと重い話も挟まれててちょっとびっくりしましたが。
正直よく分からない家族ながら、凹凸が上手く噛み合ってるいい家族だなと思いました。

良くも悪くもパレットクオリティ。
たまにはこういうのもいいですね。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ