泣き虫ライバルには敵わないv

言い間違いは聞き手の粗相

iimachigai wa kikite no sosou

言い間違いは聞き手の粗相
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×212
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
9
得点
112
評価数
35件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人uno!(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784812483350

あらすじ

喧嘩しながら張りあってきた幼なじみ同士の鳥坂と王子は、高校生になった今もライバル。ある日、いつも一位だった王子が成績を落とした。調子が狂う鳥坂に王子は「お前に好かれたかったけど、もうヤメた」と言い出し……!?

著者:案丸広

表題作言い間違いは聞き手の粗相

幼馴染の高校生 鳥坂勇介
鳥坂のライバル高校生 王子さつき

同時収録作品飼われるひと

借金とりの金融業者 永江
買われた工場の息子 柏木律 大学生

同時収録作品ヒミツのハーレム

国王 イディオム・18歳
妹の身代わりに側室に入った兄 ヒミツ ・21歳

同時収録作品米田思い煩う!

夢に出てくる同級生 広田
広田の夢を見る高校生 米田

その他の収録作品

  • 鳥が先か玉子が先か
  • 最終的には飼われるひと
  • 米田は今も思い煩っている!

評価・レビューする

レビュー投稿数9

一途すぎる

大好きな幼馴染物ということで期待して借りましたが、とても萌えました。
表題作のストーリーは小さい頃に女の子と間違えていたり片方が長い間片思いしていたりと良くあるパターンなんですが、この作者さんの描く表情がとっても好きです。

王子くんの泣き顔にドキドキした鳥坂くんの気持ちが分かります。
とはいえ2話分あったのに付き合うまでいかなかったのにはヤキモキしました。10年も王子くんは頑張ったのだから10年分の想いが報われて欲しいです。

★飼われる人
こちらは中々ダークで読んだ後に記憶に残る感じでした。
救われた面とこの人に出会わなければそうならないで済んだ面があり、メリーバットエンドといった感じでしょうか。

★ヒミツのハーレム
ファンタジーで短編ながら良かったです。
受けがとても可愛らしかった。

★米田、思い煩う
米田くんのギャップにやられました。
人には仲良くなって初めて分かる二面性がありますね。

1

ライバルだけど表と裏がある

表題作は、学園で勉強も運動も1・2位を争うライバル同士…という設定。

ライバルやケンカばかりの2人、という設定は大好きです。
けどこの2人は、表から見たら対等な関係に見えるけど、裏側は上下がはっきりしていて対等ではない感じ。
王子は鳥坂に好きになって欲しくて頑張ってきたのに、鳥坂はそうとは知らずに敵対心をむき出しにしているわけです。
両思いになった後も、表向きはいつものライバルですが、やっぱりはっきり好きだと口に出しているのは王子のほうなので、鳥坂の言うことに従ってしまう。いい加減はっきり言って安心させてやらないと…って鳥坂も言ってますが、ホントだよ!可哀想だよ!って感じです。
けれど普段すましてる王子の泣き顔が凄く可愛いので、この先もこういう関係で行くのかなあ。それはそれでいいのかも。

もう一作品中篇が入っていて、残りは短編です。
こちらの中篇は借金のカタにペットとして買われた大学生の話。
最後もハッピーエンドと言えない終わり方で、表題作とのギャップに頭が切り替わらない…。
この2人の間に「愛」みたいなものは見受けられないので、よくある「借金のかたに売られて続き愛し合っていく」みたいな作品には分類できず、ストーリーもちょっと複雑で何とも言い表せないのですが、お話としては良く出来ていると思いました。
ただ、飼い主である永江のキャラクターが今一掴めなかったのと(それがオチなのかもしれないけど)最初嫌がっていた律の変貌っぷりについていけるほど元々の律のキャラクターがどういうものか分からず、何だか話が上滑りしているようにも感じました。あとやっぱり個人的にはこういうドロっとしたのが苦手です。

初コミックと書かれている割に完成度が高くて、全体的にはよかったです。

1

全体的に悪くないのですが、色々詰めが甘い感じが。

あらすじを読んで、ケンカップルな幼馴染みが気になって購入。
表題作はまあ、好きかなあという感じでした。
ひねりはないので、本当に「両片想いなケンカップルです。以上!」という感じでした。
読後感は悪くないので、こういうカプが好きな方にはおすすめかも?

で、表題作以外は、個人的にはピンと来ませんでした。
ファンタジー調な話は、そもそもファンタジーBLが不得手な所為もあるのですが、王子がなんで双子の兄が好きだったみたいなご都合設定なのか、もう少し偶然に頼らない話が欲しかったです。
借金の代わりにペットになったこのお話は、この中で一番苦手でした。悲惨ではないのですが、何か救いがないなあと。
最後に載っていた話は雰囲気的には表題作に近いですが、毎日夢で関係を持っているクラスメイトを意識してしまうだけならいいのですが、夢に出てくるなって云ってやる!みたいなDQN思考が怖いです(笑)

全体的に悪くないのですが、色々詰めが甘い感じが。
詰めが甘いのは悪い事ではなくて、それを読ませる勢いやら構成やらが必要なのかもしれません。
今後に期待。

1

トサカと玉子ってw

『鳥が先か玉子が先か』『言い間違いは聞き手の粗相』
鳥坂がどこか抜けてて“り”を取って“トサカ”、
王子だけど泣き黒子があるから“玉子”、
呼び名からケンカふっかけてんのかと思うほど犬猿の仲!?の二人が
実は意識しまくっていて…というどっちもツンデレラブです☆

校内のテストでも争い、スポーツ大会でも無茶ぶりし、
7歳で母親同士が友人だった為引き合わせられた二人でしたが
その頃は素直ですぐ打ち解けたというのに
玉子(さつき)が女の子だと誤解して恋をしたトサカ(勇介)が
打ちのめされてそれ以来拒絶!!
うーん、悲しい過去…w
会えばケンカをするのが日常だったのに
あるテストで玉子の成績がガタ落ちして…。
十年、もう一度好きになって欲しくて頑張ったけど
振り向かせられなかったから止める、だなんて…健気な黒髪泣き黒子玉子!!
(ここ重要!w)
「一度させろ」とそれで終わりにするつもりのさつきは
勇介に形勢逆転されて抱かれてしまいます。
さつきの泣き顔は勇介の欲望に火をつけ、
感じさせられめちゃくちゃ泣かされ勇介が勝ったのかな?と思いきや、
次のテスト続きでは満点を叩きだしたさつき!!w
好きになってもらえるように十年頑張ると赤面したのに
次の瞬間にはまたいつものツン全開!!
健気だし、振り回される勇介も可愛かったです。
まだまだ勝負は終わりそうにない、というか永遠に終わらないのかも…?w

『飼われる人』『最終的には飼われる人』
親の借金のカタに、永江という男に売られてしまった律は
自分の無力を味わわされながら永江に抱かれ
飼われる身となってしまう…はずだったですが
永江は隠れていた律の意志の強さとS気質を見抜き
手の内にしたのです。
抱かれているようで抱いている律、というのが
薄暗くて良かったです!
シリアスもイけるなぁ、案丸さん!

『ヒミツのハーレム』
双子の妹が王室の側室として身請けさせられることになり、
かわいい妹を助けたいと思うあまり身代りになって乗り込む“ヒミツ”。
でもお相手のイディオム陛下は最初からヒミツが気になっていて…。
ベタ惚れされたら情も湧きますねw

『米田、思い煩う!』『米田は今も思い煩っている!』
これ好きだなぁ!!
毎日見る夢で、目立たなくてどんくさいクラスメイトの広田に抱かれ
感じまくってしまう米田は
その夢がきっかけで意識しすぎて、話すようになります
自分とは違い、明るくて友達が沢山いる米田に憧れていたと告白する広田に
つい毎日の夢の事を話してしまって、現実でも抱かれてしまいます。
脱がされる手順も触り方も夢と同じなのに
感じる熱は全然違う、なんてエロいー!!w
夢の自分に嫉妬する広田の、普段の穏やかさにないギャップがいい!!
Hではちょっといじわるってなかなか好みだったので
もっとヤッて欲しかったです(ストレートに言いすぎ!?)

次のコミックスも期待させていただきます♪



4

してやられた気分です。

「鳥が先か玉子が先か」をWEBで試し読みして、学生のケンカップルが好きなので買ってしまいました~


トーンをあんまり人物に貼ってないからですかね、結構さっぱりした絵柄です。
あと脱ぐとがっちりした肉体で素敵です(笑)

ただエッチシーンがすごく濡れてるんです。
絵的にエロいかもしれませんが、有り得ないだろって思ってしまうのでそこだけ少し残念でした。


話はぶっちゃけ、かなり好きです!(笑)

全部の話にエッチシーンが絡んでくるし、ありがちなエロがメインのタイプかな、と侮っていたのですが…普通のとひと味違います(笑)

異国(ファンタジー?)設定や、不思議な夢、ちょっぴりアンダーグラウンドな展開など、新鮮で良かったです。

幼馴染みのケンカップルにすごく自然に「両親の他界」という要素をいれてくるあたりとか…!
なかなかできないと思います。


「飼われるひと」「最終的には飼われるひと」が印象的でした。

普通の学生律くんが、ペットになって飼い主を飼ってあげるという…すごい展開。
律くんの変わっていく様にゾクゾクしてしまいます(笑)
最初続きとは全然違う攻めっ気のはんぱない人になるわけですが、無理を感じさせない話の進め方で良かったです。


全体的に良い意味で裏切られた一冊でした\(^o^)/

1

タイトルの言い回しが良い

タイトルと表紙で購入。

初めて読む作家さんと思いきや、前に「米田、思い煩う!」を電子書籍でダウンロードしたことがあって好きだったので買って良かったw

絵柄がさっぱりしてるので読みやすいです。
でも結構肩幅あって胸板は厚めで、これ結構好きなポイント。

表紙のカップル、受の泣き顔がかわいくて何度も読み返しました。
お互いライバルなケンカップル。
言葉足らずですれ違いそうになっても攻が即折れて軌道修正してくれるし、変なこじれ方しないから安心して読めました。

一話がきれいにまとまっている点は素晴らしいです。
この作家さんの新作出たら確実に買うと思います。

1

思わず・・・

初読み作家さんです。ぶっちゃけ表紙買いです。
某水泳アニメに激ハマリしてしまい、王道CPキャラの髪色がソックリだったと
いうだけの理由で購入してしまいました(・ε・`*)

当然、その某水泳アニメの内容とは全く関係ありませんでしたが、
萌えさせてもらいました。よくある話ではありましたが・・・。

「鳥が先か玉子が先か」
鳥坂勇介×王子さつきの高校生ものです。
いや~。ケンカップルっていいですよね!
元々,幼なじみだったんですが、初めて会ったその日の夜に険悪なムードになって
10年経ち、同じ高校に入り試験の点数で競い、会えば口げんかでお互いの友達が
止める始末。でも実は理由があって・・・。
と是非とも次は王子攻めが読みたいですね!

【飼われるひと】
この作品の中では一番好きですね!
ご主人さま:永江×大学生:柏木律です。
ぶっちゃけ永江の役職わかんないです。とりあえず、律の父親が事業に
失敗して差し押さえに来た人なんですが・・・。
で、お金が返せないので律を借金の金額を購入して玩具にすると・・・。
でも最後はまさかの展開でちょっとびっくりしまし続きた。

【ヒミツのハーレム】
陛下:イディオム×村人:ヒミツです。
双子の妹が側室に選ばれ、妹の代わりに側室に入る話でした。
ていうか、短編だったので、エライ展開が早かったです( ゚ω゚;)

【米田、思い煩う!】
広田×米田の高校生ものです。
男に抱かれる夢が正夢になる話でした・・・が!
この設定の話を別の作家さんでほぼ同じ内容のものを
読んだことがあって、色々と大丈夫か!?と思ってしまいました。
どの作品かは、あえて伏せておきます。
個人的には、こっちの作品の方が好きでした。

基本的に本当にありきたりな話でしたが、受けちゃんの泣き顔には
ニヤニヤさせてもらいましたので「萌×2」で評価させてもらいますw

2

相手しか見えない

ケンカするほど仲が良いを実践しているような表題作でしたね。
学園ドタバタラブ的な感じもするのですが、幼なじみなのに、幼い時の
ある事がキッカケで一方的に意地悪して離れてしまった鳥坂と訳が分からないまま
嫌われてしまった王子との10年戦争みたいな互いをライバル視しながらも
10年を一区切りに、全てが変わってしまうかに思われたのもつかの間やっぱり
ライバルのまま、今度は痴話げんかのような感じで収まる所に納まるお話。

でも読んでいると王子くんが可哀想な気がする、人見知りで泣き虫なのに、
出会ったその日に大好きと何度も言ってくれた相手から夜になったらつれない仕打ち
でも鳥坂にも解っているけれど、子ども心にどうしようもない出来事が
密かにあったのも笑い話で無かったくらい辛かったのかも(笑)

ある1日を境にケンカばかりする仲になり、学校では常にライバルな関係&敵視。
顔を見れば大喧嘩、周りのも呆れられる、そんな二人がまさかの関係になる
ちょっと切なくてコミカルなラブでした。

表題がコミカルな雰囲気だったのに、次に読み始めたものはどっぷりシリアス系
プラスSM続き属性のお話で受けになる人物の潜在的なS属性が開花される話。
なかなか作風の違った作品で読みごたえはあります。

2

エンドレス・・・ラブ!?

卵が先か鶏が先か、見え張りあってすれ違いなのか、はたまたエンドレスラブなのか?
みょうちきりんな張り合いが愉快な・・・これもケンカっプルと言うべきか?
面倒くさい奴ちゃなぁ~もうっ!
というのが面白かった表題の他に、ダークなのかシニカルなのかシリアスな1本と、ま、いいかwなコミカル側室モノが1本、嫉妬の対象は自分!?な学生モノ1本と、
実にバラエティに富んだ、独特な作風が注目された1冊でした。

【鳥が先か卵が先か】【言い間違いは聴き手の粗相】が一連作
成績優秀スポーツ万能そしてモテる。
そんな鳥谷が勝てない相手がただ一人、幼なじみでもありライバルでもある王子さつき。
顔をあわせれば言い争いで犬猿の仲なのだけど、
そのきっかけは鳥谷が小さい頃、人見知りで泣き虫で可愛らしかった王子をてっきり女の子だと思っていたら男子だったというショックから彼を拒絶したことに始まるのです。
しかしある日突然、試験の結果で王子が1位から陥落。
鳥谷が釈然としなくて問い詰めると「もう終わりにしたんだ」
出会って10年、その踏ん切りにされた王子からの告白は・・・

一応健気だったの続きですよ、好きになってもらいたくてガンバって張り合った。
だけどちっとも好きになってくれないと・・・???
エッチ展開は王子の気持ちはよしとしても早急すぎてあれよあれよだが、これもある意味張り合いなのか?
王子の泣き顔がかわいいと思う鳥谷が彼の襲いに乗ったも「さっちゃんは泣き顔がかわいい」→泣かせたい故の張り合いではないのか?
どっちが上か下かでも争ってるし、この場は鳥谷が勝った(?)形になるが、その後が!
王子ってば、好きになってもらえるようにもう十年頑張ることにした・・・?
その後もスポーツで張り合う二人があって、近づけばまた争って、
いや、この意地の張り合いが二人の愛情表現なんだろう~変な奴ら(笑)
それにしても、鳥谷は両親が亡くなってる設定で兄との二人暮らしみたいなんですよ。
バイトもしてるってあったし、それで成績優秀って、滅茶すごくないですか!
そんな突っ込みどころもあったのですが、そこは華麗にスルーされてました。

【飼われるひと】【最終的には飼われるひと】
表題と違ってシュールな作品。
親が借金を滞納して経営する工場を金を貸した知り合い業者に奪われそうになった時、反抗する息子を見て、彼をペットとして買うからと借金をチャラにすると言われる。
今までのように変わりない生活はできても、帰れば待っている入江のペットしての生活を送る律に入江は水泳をやめろ、大学をやめろ、自分の事を自分で決められない律が中途半端だと罵られるのだが、戻った実家で見た家族達の姿は、自分を取り戻そうと借金返済を頑張るのではなくて、律の立場を利用して更なる借金を頼む依存だった。
ここで目覚めて現実を見た律が変わっていく話なのだが、それがいつの間にか、入江が律をいたぶるSという存在なのではなくて、自分をMにしてくれるSを育てようとしていた?
みたいなすり替わり下克上を予感させるエンドになっているのが摩訶不思議でもあり、中々シニカルだなぁ~と、思われるのです。

【ヒミツのハーレム】
ヒミツの暮らす村に王の側室として妹のアカリが望まれたという知らせに、妹思いのヒミツがこっそり身代わりになって王の元へ行くのだが、実は王は身辺調査でヒミツが気に入っていて~という話。
カバー下に後日談で、ヒミツが浮かれている姿を妹と長老が呆れかえっているショートマンガがついてますw

【米田、思い煩う】【米田は今も思い煩っている】
米田は毎晩、クラスメイトの広田に抱かれる夢を見てうなされている。
あまりに頻繁なので、夢の事を聞こうと思い声をかけるのだが・・・
広田、話すとのんびりしているがいい奴でついつい言いそびれてしまっていつの間にか仲の良い友人となってしまっていた。
実は広田は米田が好きだった。
夢で米田は広田を意識するようになっていた。
ある意味両思いなのだが、ここでツボったのが広田が米田の夢に出てくる自分に嫉妬して、日頃温和なのに怖い人になるところである(笑)
そして実はオチがあるのです~恐るべし!

何だか内容もギッシリで結構読み応えがありました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ