玄関先で

genkansaki de

爱恋礼仁庄

玄関先で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
10
得点
39
評価数
19件
平均
2.5 / 5
神率
10.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784812483695

あらすじ

「ずっと信じて待っていた…」
あこがれの先輩が、まさかこんな古びた学生寮に引っ越してくるなんて…!? 
しかも、歓迎会の宴のあとで、酔っぱらったその先輩に初チューを奪われてしまい…な、なのに、向こうはそのことをまったく覚えておらず-----
このやり場のない悶々とした恋心、いったいどうすりゃいいんだ?
せつなくじれったい恋の顛末と、それを静かに見守る寮のヌシ的存在の猫・ミータの秘めたる心中を描いてまさかの感動を呼ぶ表題3部作をはじめ、
伝奇ロマンの香り漂う妖艶ストーリーから、ダークな熱量みなぎる兄弟愛ドラマまで、バラエティ豊かな傑作5編を収録!!ファン待望の異色プレミアム作品集!!!

表題作玄関先で

一時引っ越してきた先輩 柏木豊
下宿に住む大学生 佐藤大貴

同時収録作品白い蝶

昆虫学者 岡田康平
祭りの供物となる少年 春雪

同時収録作品暗闇のソナタ

ヤクザの舎弟 信夫
組長(社長)の愛人 千早

同時収録作品二三

義理の弟 雅
兄 徹夫 23歳

同時収録作品床屋さん

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

可愛い絵と後味悪い内容のギャップが悪い方向に働いていたような。

表紙の絵、いいですね。
とても可愛らしい。
表題作はラストはともかくまあ、表紙通りのお話でした。可愛い。
でも全てにゃんこにもっていかれてしまったので、二人をメインにしてにゃんこはいるだけで良かったような。
すっかり霞んでしまいました。
で、一番良かったのが床屋さんの話で、他はちょっと………。
可愛い絵と後味悪い内容のギャップが悪い方向に働いていたような。
撃ち殺されたラストとか、せめてもっとなかったのか。救いようがなさすぎる気がします。
表題作と床屋さん以外だと下手すると「しゅみじゃない」ですが、中間とって「萌え」で。

0

表題のはほのぼのだけど

表題の「玄関先で」は、ほのぼのした先輩後輩の大学生の恋愛もの。初めて読む作家さんなので、こんな作風なのかぁと楽しんでいたら、やられた!残りの4作品は、すべて私的には無理でした。どれも、主人公の二人はお互いを好きで相思相愛なのですが、他の人にやられたり、暴力があったりとどれもバッドエンドで、最初がほのぼのだけにショックも大きかったです。しゅみじゃない!にしなかったのは、表題作がよかったから。

0

ミータ


そんなに、急展開ではなくなったけど、表題作の二人より猫のミータが中心なのか。

もう二度と帰らない人をずっと待ってる猫のミータ。そしたら、雪が降って飼い主のお迎えが来た。切なかった。

どうせなら、先輩と佐藤くんの恋人同士になった後も読みたかった。そこで、終わりか悲しすぎるよって思った。

他の話は、感じがガラッと変わったダークな展開だけど、ダークになりきれてない気がする。バッドエンドも死ネタも嫌いじゃないけど。

四作品読んだ中で一番この作品がマシだった。猫のミータが居たからかもしれないけど。

0

ちょっと残念・・・

この作家さん好きで、また表紙が良い感じだったので購入しましたが
ちょっと私には合いませんでした。
作家さん自身も「ブラックテイストの1冊」と意図的に作られたと書いておられましたが
どれもこれも、ショッキングな内容でした。
こういうブラックなBLを好まれる方もいるということですよね。

表題作は、最後ねこちゃんが飼い主さんのところへ旅立つ
ファンタジックである意味Happyendな結末でした。

レイプもあまり好きですないですが・・・(好みもありますが)
死はあっても殺しはあってほしくない・・
ピストルで頭ぶち抜かれるなんて、それも恋人の前で。
ちと悲しすぎました。
ストーリーは凝っていて、読み方によっては響いてくるものなのかもしれませんが
単純な話でお腹いっぱいになるタイプの私には
一ひねりも二ひねりもしないと、内容が消化できないものもありました。

『二三』は、本当はお互いに好きだったのに、ちょっとしたすれ違いと
意地と欲望で一度外れたレールに戻ることができなかった義兄弟。
後悔先に立たず・・・
最後に弟の祭壇の前で兄が泣き崩れて終わりますが
続き
なんで、死んだんだ??病気?事故?自殺?
と思い始めると消化不良になってしまいます。

いろんなタイプのストーリーがあり、こういうBLもあるんだな・・
と、学んだ1冊でした。
この作家さんも学園物など明るい作品もたくさんあるので
まさに、考えて作られた1冊なんですね。

1

ぐぬぅ

需要があろうとなかろうと
好きに描くのはいいことだ(・∀・)ヤフーww
毎度の作家買い。表紙も裏のニャンコも可愛いこの一冊。
読んでみてびっくり・・・「暗っ!重っ!」
この表紙のほのぼのっとした雰囲気との対峙率ww

ここのレーベルではお馴染みの
放し飼い話なあとがき。
作品は好きに書いてもいいけど、やっぱり売上のためには
ほのぼの優しい表紙でYOROSIKO☆彡な展開にはちょっと笑った。
なのだけれど、しょうみ表紙で買った人には・・というところはありますね。
私、猫の話も、ある意味気持ちよくハッピーエンドと思ってませんからぁっ!

BL=ハッピーエンドはセオリー
別段、需要がすくなくとも、タブーであえろうとも
ある意味悪くはないんだけど、話がショートで読み切りゆえに
気持ち的にも乗り切れなかったというか
好きに書いた作品という意味合いでは良いのだけれど、
ん~・・・・・面白い!かどうかでいえば(´ε`;)ウーン…な評価だったかなという雑感です。
CJ作品が好きで買ってるので文句はないんですけどね。
やっぱりハッピーエンドは王道、王道と呼ばれるか続きらにはというのがあるんだなと実感。

重たいです。暗いです。
はっきり言って救いがあるのかないのかな詰め合わせですが
こういうの求めてる人もいなくはないと思うんだ。
一昔前の、暴力的で、レイプ的な殺伐としたエロ漫画は素晴らしいものも多いのも事実。
次回作に期待

0

知らずに購入

白黒にゃんこが表紙にいたため購入。

白黒猫の名前はミータ
下宿先の玄関に門番さながら
乗っかっている。

年老いている猫。ミータ
門の上にずっと座っている
日の当たる場所であることは
容易に想像がつく。
誰かを待っているような
ミータ。

20年前に下宿人の1人が拾ってきた猫。ケガをしていた。
ミータを拾ってきた住人は
門の上にいるミータにいってきますとつげたまま、二度と帰ることはなかった。
ミータはずっと待っている。
命が尽きるその時まで。

ミータ以外何もいらなかった
作品でした。
ありがとうミータ。

アンハッピーものばかりの
作品と知っていたら絶対買わなかったですし
アンハッピーの内容もエグイ。
全く趣味じゃなく、不快感しかなかった。

どういう作品をかかれる方なのかも知らず購入してしまいました。
すみません。。。

0

これも立派な襲い受け?

大学の先輩後輩で後輩の大貴が先輩の柏木に片思いしている素朴な感じがする
ピュアで一途なお話でした。
柏木の住んでいた寮が建て替えのために半年間と言う期間限定で大貴の寮へやって来る。
その歓迎会で酔った柏木にキスされて、もしかして先輩も俺が好きと思ったら、
柏木はお酒に弱く、飲んだら記憶を失くすキス魔と知りがっかりする大貴。

それでも一緒にいられて親しくなるにつれ、柏木への想いが爆発して、
柏木が新しい寮へ移る日の夜の送別会で飲めない先輩にお酒を無理やり勧め
酔った先輩に最後の思い出とばかりに泣きながら乗っかってしまうのですよ。
大貴の想いは柏木に伝わるのか、そんなラブが礼仁荘を舞台に描かれています。

そして人のラブでは左程感動しなかったのに、反則技のように猫のお話があって
ワンコの忠犬物語ではないけれど、老猫が誰かを待ち続けている、その結末に
思わずウルウルさせられてしまったりしました。
本の表紙裏のイラストニャンコが気になっていたけれど、こんな結末だったのかと
ちょっとセンチになりました。

『白い蝶』は表題とは打って変わって痛くてシリアスで幻想続き的なストーリー。
閉鎖された村で行われている忌まわしい祭事、幽閉された少年と昆虫学者との
白い蝶が導く切ないお話でした。

『暗闇のソナタ』は只々痛くて悲しい作品で個人的には受け付けないアンハッピーもの
さらに『二三』も義兄弟ものでアンハッピー、『床屋さん』はこれから恋が
始まる予感のショート。
内容的には表題以外は痛い作品が続きますし、表題とて、ほのぼのした中に
ネコのお涙ありと完全にほのぼのさせる余韻が残る作品とも多少違うと思います。
残念ながら痛くて悲しい、辛いだけの話は個人的な嗜好から外れていますが、
痛くても辛くても心に刺さるものが好きだと言う方にはおススメの作品かと思います。

1

シリアスでまとめた短編集

ミチャさんは昔からあまあまが基本で時々シリアスな作品があるような気がしますが、
久々にブラックなほうのミチャさんでした。
しかもアンハッピーエンド作品集!
正確には全ての作品がバッドエンドではありません。
5作品中3作品は確実にバッドエンドそして死ネタです。

表題作『玄関先で』
こちらのお話は大学生のカップリングでした。
CP自体はラブラブのあまあまのエロエロな二人なんですが、
まさか猫のミータにシリアス展開が待っているとは思いませんでした。
とても沈んでしまいました。
カップリングはバッドエンドではないんですが、ミータがバッドエンドでした。
忠犬ハチ公の猫バージョン、そしてパトラッシュな最後。
そう考えるとなんてミチャさんらしいシリアス展開なんだろうと思いました。

なぜか私はミチャさんのギャグが脳裏に焼きついているので、
今回の作品はシリアスだと分かっているのに、
いつギャグが挟まれるんだろうと思って読んでしまいました。
『白い蝶』なんかいかにもシリアスなのにそれが逆に笑えてしまうという。
ミチャさんが燃~えろよ燃えろ~よ~…と歌いながら
続き「奥さんがファイヤーしている絵」を描いている図が浮かんできてしまいました;
ブラックシリーズなのにギャグ作品と言われてしまうのは
きっとミチャさんの人徳なのだと思いますw
あ、内容は好きでした。閉鎖的な村、生贄、そこに訪れた研究者、
この設定がミステリアス・ホラー風で定番ですが好きなんですよね~。
個人的には楽しめました。そしてこれはバッドエンドではなかったです。

『暗闇のソナタ』
ヤクザのお話でした。
主人公が社長(ヤクザ)のオンナに惚れてしまい、
そして殺されてしまうという救いようのないバッドエンドでした。

『二三』
義兄弟もので、兄は弟に恨まれて複数・輪姦されてしまうお話でした。
最後には弟が死んでしまうバッドエンドでした。
こちらの作品は昭和に流行った作風のテイストだったので懐かしい感じがありました。

『床屋さん』
こちらは普通のお話でバッド要素は全くない作品でした。
そして異常に短かったです。

あとがきが楽しかったです(笑)
どんなにシリアスでまとめても、最後に笑えるあとがきを書いて下さるミチャさんが好きです。

3

泣けた…

今回のCJさんの作品はせつない話ばかりでした(>_<)
特に、ミータの話は自分が猫を飼っているのもあり泣けてきちゃいました3

話としては、明るいのが表題作の玄関先でぐらいで、残りは暗い話ばかりです。

ちなみに、暗闇のソナタの武藤&千早は「オトコ拾いました。」に少し出ていますよ(^O^)
全体的には暗さの方が残りますのでBADENDが苦手な人にはオススメ出来ませんが、CJさんファンならばまたいつもとは違うCJさんの良さが見れるかもしれません?笑

3

ブラックMichalski降臨!

今回のこの単行本、いつも明るく楽しいミチャ作品ですが一転!
おおおー!と人の暗闇を抉るようなバッドエンドも含め暗いお話が3本も併載。
表題は、いつもの可愛くて楽しくてちょっとエッチないつものミチャ作品なんですが、3話構成のその三話目に挿入された猫のミータの話に思わず涙がドバーーーー!!!
本の帯、感動系を示唆する「誰もが皆、大切なあの人を待っている。」という、後ろは「泣けるBLコミック」というのに引き寄せられると、
確かに悲しいものがあるのですが、ちょっと痛いダークな深淵を見る作品を含まれているので、若干の心構えと注意が必要かも?
ただ、新しいミチャゾーンを見せてもらった感じがして、こうしたバッドものが許されるってことはミチャせんせいもスゴイ作家の仲間入りをしたんじゃないか?ってそんな感じもしますw
それにしても裏表紙の猫のミータの絵、猫の質感がとてもよく出ていて夕焼け空が切なくて、これを見るだけで涙がこぼれちゃいます!

【玄関先で】
佐藤が住む下宿に、ずっと好きだった柏木先輩が寮の改築で半年だけお世話になるとやってきます。
大学入試の時、試験会場を教えてくれた柏続き木が気になってずっと追いかけて見ていることしかできなかった佐藤ですが、実は下戸で酔うと寝てしまう柏木の面倒を見た時にキスされたのを先輩も自分を好きなのか?と思うのですが、実は勘違い。
ガッカリするものの、一緒の下宿生活は楽しく告白することも叶わず半年が終わってしまう。
と、切ない片思いから始まり、下宿の先輩達の助けもあって無事まとまるお話です。
そして3話が下宿に居付いている猫のミータのお話になるのです。
ミータは昔ここの住人だった学生が拾ってきた猫。
大変に可愛がっていたのですが、ある日「行ってきます」といつものように出かけてそのまま帰らぬ人に。
寒い日も、どんな時もずっと門柱に乗っているミータは彼を待っていたのでしょうか?
柏木と佐藤も登場するのですが、この話実はミータの話になっていて、ちょいツボがBLとはかけ離れてはいるんですが、広い意味で「愛」と思えばいいか・・・
しかし、もう号泣でした(ズルイズルイ!)

【白い蝶】
幻の白い蝶を求めて白鳥村にやってきた昆虫学者。
何もない村であるが祭り前だからよそ者は入るなと追い返されそうになるが、村長という男に一晩だけと言われ泊めてもらうことになる。
そこで彼が見つけたのは、座敷牢に閉じ込められた祭りの供物になるのだとう少年。
・・・よくある因習生贄ものでストーリー的には目新しさはないのですが、ミチャ先生のちょっとノスタルジックな絵柄がこの暗い村の雰囲気を伝えています。

【暗闇のソナタ】
借金のカタに引き取ってきた青年を愛人にして酷い扱いをするヤクザ企業の社長。
世話係を任命された舎弟は、彼の無残な姿に情が移り彼をつれて逃げ出します。
どんなにセックスをしても決してイく事のない青年のカラダ。
そんな時、潜伏先がばれて社長が現れ・・・
現代のホラーというか、心のホラーというか、滅茶怖いです!
そして死ネタあります

【二三】
義理の兄弟もの。
弟が兄の部屋で兄の衣類を抱えて自慰をしているのを見て動揺した兄ははげしくののしります。
それまで仲の良かった兄弟に亀裂が入る時。
弟の執着に堪えかねて逃げた兄が実家に戻った時・・・すでに・・・
執着が歪んで道を間違ってしまった兄弟が切なくて悲しいです。
よく禁忌モノがハッピーエンドになる話を目にしますが、絶対にこういう展開もありうるはずです!
死ネタあります。

【床屋さん】
暗いお話のあとのほのぼのお口直し。
床屋さんとそのお客さんのウフフな関係。

帯の煽り文句は少し大げさかもしれないが、この本を読んで改めて漫画がうまいんだな~ということを再認識しました。(今更スミマセン、、、)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ