男が好きなんだから仕方がないじゃないか――

不実の男

fujitsu no otoko

不実の男
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
45
評価数
16件
平均
3.1 / 5
神率
18.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047290235

あらすじ

だってオレ男好きじゃねーもん――
無神経な恋人・倉敷の言葉に傷つきながらも、彼が好きで好きで仕方がない池田。
同棲中にもかかわらず、多忙な倉敷とは会えない日々が続いていた。
そんな中、「わけあり」らしい倉敷の高校生になる甥・謙太郎を預かることになってしまう。
倉敷不在のまま、謙太郎との気まずい同居生活が始まるが……!?

表題作不実の男

同居する会社員の恋人 倉敷
自由業の恋人 池田

同時収録作品誰かと夏

自殺志願の男 羽田
道連れの高校生

同時収録作品ひゅーすとん

弟を亡くしたニュージシャンの兄 ムラセ
スリの男 上萩注 26歳

同時収録作品つめたい恋

同時収録作品中土居さんの孤独

その他の収録作品

  • 不実の友
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

死にたがり達のお話

ふゅーじょんぷろだくとの「性癖108TYPE」で知って、何か読んでみたかった作家さん。
こちらがテーマ的に面白そうだったので買ってみました。
死にたがる人達のお話を集めた短編集とのこと。

登場人物達がたまたま同性愛者で恋愛関係がたまたま男同士だったって感じの描かれ方なので、BL読みたくてこれを読むとちょっと違うなぁという作品集なんですけど、こういうものが読みたくて読むなら自分的には好きな類いの1冊です。

「死」っていうのは要するに「逃げ」の最終手段な訳ですから、死を考えてみることによって気持ちが楽になったり、やっぱり逃げたくない!と前向きになれたり、踏ん張れたりすることもあると思うのですよね。(実行=自殺することは肯定しかねますが)
この短編集も死にたい人がぞろぞろ出てはきますが、どのお話も結果的には「呪縛」からの解放を経て「昇華」とか「再生」といった前向きな方向に繋がっています。

ただそうは言ってもやっぱり後ろ向きと背中合わせなお話ばっかりなので、暗い話が平気な方にだけオススメします。

『不実の友』『不実の男』
学生の頃死にたかった男の話

『誰か続きと夏』
死にたい男と死にたい少年の話

『ひゅーすとん』
弟を自殺で亡くした兄の話

『つめたい恋人』
恋人と心中して生き残ってしまった男の話

『中土居さんの孤独』
離れ離れになってしまった恋人から届くメールを読むためだけに生きている男の話

面白かったという表現も微妙だけど、どの話も面白かったです。
個人的には、最後の中土居さんにかけられていた呪縛が一番キツいなと思う。
こういう優しさはホント良くない。
『誰かと夏』は少年の行く末がちょい気がかりな終わり方。
彼の呪縛もとけてると良いけど、読んだ限りではよく分からない。どうなんだろう。

重い内容のわりには軽やかに感じる何とも言えない飄々とした空気感が読後に不思議な余韻をくれます。
他の作品も読んでみたくなるくらいには好きな作風。
評価迷ったけど、好き度で判断して萌×2としました。
ただ「性癖108TYPE」の萌えポイントに共感して読んでみたくなった作家さんなので、萌え足りない感はガッツリ燻ってます。

1

すれ違い&わけあり男子

※ネタバレ有です。


表紙に惹かれて購入(^-^)v

話が不思議すぎてうーん……という感じでした。


◆不実の男(不実の友)◆《自信家な男×ナイーブ男》
一週間も帰ってこない恋人(倉敷)の代わりに帰ってきたのは、恋人の甥(謙太郎)だった。
その甥と体を重ねた池田は あるものを発見してしまい──。

((゜_゜) ……世界に入りこめなかった ← orz
展開があまりにも早すぎて、ぇえ!!? 驚きの連発……
倉敷がタラシ過ぎて、池田に言いたい……
ゆるい性格男(倉敷)のどこが良くてつき合っているのか謎……(´・ω・`)わからん。

◆誰かと夏◆《借金を抱えてる男×高校生》
電車に揺られ旅行先へ向かう 羽田と高校生。
二人には旅行を楽しむ以外の別の目的があって──。

この話好きですw(°▽°)
いやー最後の最後で「死ぬのは怖い」と泣いてましたね羽田さん♪ 高校生の前で泣くなよ (*´∀`)ふふ
高校生の「あなたと─」の部分、もー 切な過ぎる!!

◆ひゅーすとん◆《弟が好きな男×弟似の男》
3年前に弟をなくし、曲作りがすすまないムラ続きさん。
だが、そんなある日 弟に似ている人物─上荻と出会い──。

自分の思いから目を反らし続けた結果、愛する弟を追い込んでしまったムラさん……(つд;*) 切なぃ
すれ違う兄弟とか…… ぅう。

◆つめたい恋人◆《この世にいない男×あの世に行きたい男》
二人で海に行き、あの世にいくはずだった須賀と馬淵。
しかし、馬淵だけが助かってしまい──。

◆中土居さんの孤独◆
重い病気で外国へ渡った想い人から中土居さんへメールが届く。そのメールの内容がいつからか変わってしまい─
……そんな ある日、向かいに住んでいた友坂 晴明と再会する──。



全体的に暗めな話が多かったように感じました。
なので、今回は 中立です。

1

クズ男

山田酉子さんの本はカバーデザインがきれいなので、どうしようか迷いながらも、結局買ってきてしまう。
このカバーもきれいだ。
寂しげで、わけありげな、細い首の男の子達。
絵としては好みなのよね。

死と深く絡み合った短編は、好みの物もあれば、そうでもなかったりもして、、、。
個人的には、死にたがり高校生のお話「誰かと夏」と、触れられない恋人のお話「つめたい恋人」がよかった。

後書きによると、作者様はクソ野郎のクズ男がお好きなそうで、その辺の男の趣味の相違が、個人的な当たりはずれとなって現れるのだなと、納得。

0

パステルカラーの表紙が気になって気になって…

辛抱ならず手に取りました。
退廃的というか刹那的というかニヒルというか(このあたりは単行本通して死というものがテーマとしてあるからかもしれません)、誰かと誰かの幸せがうんぬんかんぬんといった分かりやすい内容ではなく、イメージがふわ~っとしています。
私自身が、こういった『雰囲気で読むタイプ』の話が割と好きであることや、短編集ながらも統一されたテーマ性が見えることもあり非常に満足しております。ストーリー自体も表紙から想像していた空気感と差異はありませんでした。
ただ“受け一人に対し攻めは必ず一人で浮気は御法度”というタイプの方にはおすすめしがたいです。いかんせん性に対してゆるめなので。
そしてテーマが【死】ですから(決してネガティブな内容ではありません、扱い方としては軽いかなと思います)、少しでもそういう匂いのするものが苦手な方は、避けた方が賢明です。
驚いたことに表題作【不実の男】は書き下ろしでした!(笑)

【不実の友】
高校時代の俺よ、あの瞬間に既視感を覚えました。
なんでしょう、誰しもにあると思うのです。あの当時の自分が今のこの自分の現状を信じられるかどうか、と続きいうような感覚。
それが別に大した変貌や変化がなかったとしても。例えば就職だったり、恋愛もそうですが人間関係なども。当時の自分からは考えられないような今、とか。池田が呟くノスタルジーは誰しもの胸の内にあるなと。
精神的に熟れていない謙太郎と、過去に似たような経験を持つ池田のふたりは結果的に傷をなめ合うような感じになってしまいましたね。浮気すんなよ、というのもありましたがひとつ屋根の下できっかけなんて些細なことです。仕方がないと思いました。謙太郎曰く、池田はキレーでドキドキしてしまうんですもの。

【不実の男】
池田の不実が可愛いものだなと思ってしまいました(笑)
いやダメなのでしょうけれどもね。でもデスマデスマって会社籠ってたはずの謙太郎が仕事じゃなくって合コンってそんなこっちは我慢(結局しきれませんでしたが)していたのに、ひどい話です(笑)
おそらく普段ならコンパにしろ飲み会にしろ、気にするほどでもないのでしょうが、なに嘘つくのは良くないのですね。パフォーマンスだったとしても池田が機嫌損ねても仕方がありません(笑)
ただ、謙太郎の池田に対する絶対的な自信はたしかに可愛いのです。独占欲というよりも、信じているんでしょうね。そして謙太郎はゲイでないと言い張るのに、池田のことを愛しているんですから。

【誰かと夏】
短編集内でもっとも 背徳的だな… と感じました。
序盤から不穏な空気は漂っているのですが、だからか一層男子高校生に色気があっていっそこわいほどです。絵にこわさはないのに、雰囲気というか、目でしょうか。笑っているのに笑っていないような。
羽田さん、残酷です。彼の横顔がおとなびて見えたのおそらく、もう死を共有する相手じゃなくなったからなのではないでしょうか。今もきちんと、生きているのかな。

【ひゅーすとん】
後悔先に立たず。
いつでも最善のことが出来るならそれより良いことはありませんね。でもなかなか難しい。
ムラさんが前を向けて、過去を振り返れて、よかったと思います。

【つめたい恋人】
いつになれば恋人は成仏するのか、それとも結局彼らの本望であった心中を叶えてしまうのか…。
でも須賀は馬淵に生きていてほしいのだから、馬淵がなにか生きるためのよすがにできるものを存在を見つけないとなりませんね。そうじゃないと繰り返してしまう。今は須賀のことしか、心中を遂げるはずだったことしか、考えていないから。
それまで、須賀は見守ってくれているんでしょうか。寂しくはないのに、けれども物悲しいと思いました。

【中土居さんの孤独】
なんとなく「…そうなんだろうな」という予測はありました。でも良い。
諦めてぼんやりと、でも恋人が中土居さんに生きていてほしいからわけのわからない内容でも送り続けようと、したその意思を汲んでいるんでしょうね。辛い。
祈りと呪いの言葉の洪水のコマがとても好きです。もしかしたらなにか単語になるのでは、と探して探して、でも洪水ですからきっとこぼれたり落ちたり、わき出す途中だったりするのでしょうね。
孤独の終わりが新しい恋であって、よかった。諦めじゃなくて、よかったです。

ミニシアターで上映されるような映画を何本か見たような気持ちになりました。
萌えたかどうかで問われると難しく、迷った末の評価なのですが、ひとつひとつに満足しております。良かった。

4

死に向かい、再生するもの

このお話は「死にたがり」の人たちをテーマにした作品集です。
表紙がパステルカラーですし、絵柄もふんわりした雰囲気なので、中身は一見ゆる~い内容のように感じられるかもしれませんが、実はかなり重いテーマが全編を貫いています。
死ネタ系が苦手な人や、こういう話に引きづられやすいタイプの人には要注意な内容かと思いました。

死んでおけば良かったとか、誰かと一緒に死にたかったとか、過去に自殺しようとしたとか、
とにかく死にたい・死にたかった人たちのお話です。

「死ぬ勇気があるなら、生きるほうに勇気が向けば良いのに」
よく聞く一般的な感想です。

自殺は勇気ではありません。
精神を安定させるためのクスリ的思考です。

自殺願望者の中には自分が死んでいる所を想像したり、
死にかたを考えると気が楽になる人もいます。
だから心を落ち着かせるために死ぬことを考えるんです。
おそらくこの作中の死にたがりの人たちもそう。

そしてどうしようもなく強烈な精神安定剤が必要になった時に、人は自殺をするのです。
死んで楽になりたいって言葉があるくらいですから。楽になり続きたくて死ぬわけですね。

でもね。死ななくても、人生たまにはいいこともあったりするのよね。
苦しいことばかりじゃないよ。

この作品の中にもそれが描かれています。
本当は死のうとしていたのに、ひょんなことから生きる希望が湧いて、自殺をやめる人がいたり。
不実なことをすることによって心のわだかまりが溶けて、死にたがりだった自分に決別することができたり。
死にたかったけれど、生きる意味を与えてくれる人に出会えたり。

生きてれば、ある時ふと、心のすき間が埋まることもある。
そしてすき間を埋めてくれるような人に出会うこともある。
だから、明日も生きようね。

そんな、死に向かった人たちの、再生の物語でした。

というわけで、この作品は前情報のチェックもせずに何にも考えずに読んだもんだから、
意外な重さに「こういう話だったのか」と驚いたのですが、なんと私、わりと萌えましたねぇ。
特に萌えたのは『誰かと夏』。
エロいおじさんとビッチ臭い男の子に萌えたんでございます。どうやら二人で心中を図っていたようなんですが、死ぬ前に致すところが何ともエロティックですわ~と。
あら不謹慎でしたかしら。
でもふわふわしたゆる~い絵柄と、どこかねっとりとまとわりつくような暗さを持つ内容とが合わさって、逆にエロティシズムを感じてしまうというか。
不謹慎なものや不実なものほど心惹かれたりすることがあると思いますが、そのような萌えを感じてしまいました。いとはづかし~。

8

テーマは死、奥深い

はっきり言って楽しくなるような作品ではないのですが、奥底で死を願っていたり、
はたまた死のうともがいてみたりと人が死と隣り合わせなことに改めて気がつく作品。
収録されている『中土居さんの孤独』ではちょっと油断したらほろっと来ました。

それぞれの収録作品が全て何らかの形で死を意識した作品でかなり暗いです。
でもその分心に残るものがあるのも確かで奥深い人間の心を垣間見ることが出来ます。
共感出来る類の作品では無かったのですが、読み終えてどんよりしてしまうだけの
暗さだけではないです。
とても繊細さの際立つストーリーでした。

3

死にたがり達

山田酉子さんの作品はいつも短編映画とか短編小説を読んでいるような気がする。
よく小説で行間を読む・・・というのがあるのだが、漫画なのにそれがある気がするのです。
この本、良く見ると自殺未遂した男とか、自殺願望の男とか、死んじゃった人とか、生き残った人とか、死と愛が天秤の上でゆらゆらしている。
そして1本終わった後に、まるで夢だったようにその天秤がパァっと魔法のように消えるのだ。
そこに残ったのは・・・?
読者を選ぶかもしれない作品と作家さんだが、クセになる作家さんなのは間違いない。


【不実の男】は描き下ろし、その前振りが【不実の友】
同居の恋人同士の池田と倉敷。
倉敷は仕事が忙しくて帰ってこない。
そこへ突然に現れた甥っ子の高校生謙太郎。
言葉も足りずにいきなり電話口で託す倉敷にむかつく池田。
池田に興味を抱いた謙太郎と池田は寝てしまうのだが、その時見つけた謙太郎のリストカットの痕。
自分の高校生時代の暗黒歴史が甦る。
結局、謙太郎は男が好きでその彼に振られたのが原因で、しかしその彼が迎えに来る。
”お前みたいなオカマには興味がない””オレは男が好き続きじゃない”
だけど”愛してるよ池田”
謙太郎の自殺未遂もこれから山のように女がひっかかるってと言う倉敷。
傲慢で自分勝手でデリカシーがなくて、高校の頃から何一つ変わってない。
独占欲も・・・
実に不毛に見えるカプなのに、この俺のモノで当然という独占欲が池田の愛を満足させているのかもしれない。
きっと不快な傲慢攻めだろうけど、愛のカタチは様々なのだ。

【誰かと夏】
羽田という男性と旅行に行くのを楽しみにしていたとはしゃぐ高校生。
実は羽田は死にに来たのだ。高校生と一緒に。
それがわかっているのに、妹にお土産を買おうとしたりする高校生。
彼の自殺志願の理由は借金、ところが宝くじが当選しているのを見て、生への執着の本音をさらした瞬間・・・

【ひゅーすとん】
兄弟ユニットのボーカルの弟はビルから落ちて亡くなった。
それから兄は音楽活動を再開できない。
街で財布をスられ後日その犯人を見つけるのだが、亡くなった弟に似ている。
歌を歌わせたのだが、全然弟とは違った。その瞬間ストンと兄のツキモノが落ちた。
弟の自殺もひゅーすとんなら、兄のツキモノもひゅーすとんかもしれない。
不謹慎かもしれないが、そういうものかもしれない。

【つめたい恋】
心中して生き残った片方。
いつも亡くなった恋人は側にいるのに、触れることができない。
体温を感じることができない。
ユーレイとラブラブって、ファンタジーではあるのだが、何故か痛さが胸を刺す。

【中土居さんの孤独】
恋人が難病治療で海外に渡ってもう7年。
毎日届く彼からのメールをチェックしているが孤独だ。
そんな彼に声をかける昔向いに住んでいた高校生になった子供。
きっと恋人は中井戸さんを死なせない為にメールを送り続けたのだろうか。
これはハッピーエンドです。


逐一かいてしまって野暮ったいことこの上ないと思った(汗)
各話の解説めいた筋は覚え書きであり、全ての印象は冒頭のひと固まりの中にある。
評価は萌えだけどいつまでも心に残る作品で自分的神棚作品なのです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ