めぐまれない大人達

megumarenai otonatachi

めぐまれない大人達
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
12
得点
66
評価数
27件
平均
2.9 / 5
神率
22.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784863493803

あらすじ

『ヤンデレ vs キチデレ』究極のアルティメット・ラブ・バトル、開戦!!!!!


原因不明の五月病に悩まされニート生活を送る大学生の三路正宗(20歳)はある日、
高校時代の片思い相手だった矢島亮(20歳)が企画物AVに出演しているという噂を聞く。
…が、かつての恋情を思いだした三路は矢島からの愛を得るための戦士に覚醒するのだった…!!
ほぼ80ページの大量描きおろしを加え、三路と矢島シリーズが今ここに、完・全・収・録・!!

語り継がれる伝説のデビュー作「海辺にて物思ふ」も掲載。

表題作めぐまれない大人達

同時収録作品海辺にてモノ思ふ

アパレル勤務 つんちゃん
獣医 ○さん

その他の収録作品

  • 働かない男
  • 春を売る青年
  • 恋人は腐って行く
  • NENGAJO from SANJI
  • 王子さまは現れません。
  • プリズナー32 前・後編
  • プロジェクトM
  • TALK
  • カバー下表紙1【表】~カバー下表紙4【裏】:ワークシューズ裏話

評価・レビューする

レビュー投稿数12

むむむ。

なぜか一気に読み進められましたが、
振り返ると「???」が飛び交う超スピード展開。
そして謎の食虫描写×2匹…


デビュー作だという「海辺にて物思ふ」の完成度を思えば、作者の力量が只者でないとわかるのですが
キチデレと表される主人公・三路君の破天荒さは、私にはどうにもレベルが高すぎました…。

作者の個性はズバ抜けていますが、奇抜過ぎる展開で読み手が置いてけぼりを食う感じ。
(キャラクターに共感できる部分がなさ過ぎたのかもしれません…)

BLというより、ノンジャンルの漫画好きの方には有りかも。

皆様おっしゃるように、デビュー作はほっこり系良作です。

3

好き嫌いの別れる作品です

ヤンデレVSキチデレという帯の言葉に惹かれて購入しました。

初回読んだ感想は、意味はわからないが、絵は上手い!ということですw
話は無茶苦茶な感じだし、シチュエーションもマニアックな感じでしたが、最近の職業や立場が違うだけで同じシチュエーションのBL漫画に飽き飽きしていた私にとってはとても魅力的でした!
特にシチュエーション!虫食べてキスするなんて…ときめいてしまいました…また、その際の絵も綺麗な感じだし
(でも虫が苦手な人は本当キツイと思います)

とにかくタイトル通り、好き嫌いの別れる作品だと思います。
でも、ありがちなシチュエーションじゃ物足りないんだ!って言うひとにはオススメできると思います!私は何度も何度も読み返すくらいハマりましたw
主人公である三路くんの凄まじい愛もなかなか素敵ですし…矢島くんもイケメンだし…

帯のヤンデレVSキチデレは正しいか微妙ですが(両方キチデレっぽいので)、面白い作品だと思います!

5

エッジ効き過ぎ?

この表紙に、凄く上手な油絵の扉絵、
1作目の「働かない男」は絵の雰囲気といい、ダーク目な話の展開といい、
これは好きな感じかも、当たりかもって、ワクワクしながら読んで、
2作目「春を売る男」の3コマ目で、え?
ページをめくって、
えぇーーー!
え、このままの、このまん丸絵で終わっちゃうの?
で、3作目「めぐまれない大人達」でシリアス絵に戻った、のはいいけど、蛾もGも、いやーー
4作目はキチ展開が続いて、
5作目でまたまん丸ほのぼのギャグを挟んで、、、と
なんだかとっても振幅の激しい、エッジ効き過ぎなキチデレ作品。
これを評価するのは難しい。
でも、絵は好き。
本気ですごくお上手だと思う。


5

寝る前に読むんじゃなかった・・・

帯の変態ちっくなみだししか見てなかったゆえに
「お笑い路線のBLだろう」としか思わなかった。
変態BL万歳\(^o^)/・・と・・買ったのだけれど
読んでみると、恐ろしく病み~エグ~グロ~なお話のオンパレードでした。
容赦ないなこれ。。。。
よく見ればタイトルもそうですし「ヤンデレvsキチデレ」
はい、ちゃんと書いてありましたね。
注意がきはきちんと読みましょうというお話。
なのだけれど、本質は、闇を抱えた人間も、支えられる相手
想う相手ができることで、かつてないパワーをもらえる。
誰かに支えられたい、助けられたい。そんな闇からの脱出
求める気持ち~なパワーみなぎるお話と言えなくもないのかなと思いました。
ポジティブで、ガンガンバリバリに見えていても、本当は家から出られない程だったり
スポーツマンで、美形で、みんなに愛されているのかと思いきや・・だったり

うん。
引きこもっててもよろしくない
もっと外に出よう。。。と、自分に言い聞かせられる一冊
ま、でもGが見るのも嫌な人は読まないほうがいいかも

5

どうしてそうなった?!

評者のつけた星は、残念ながら表題作に付された
ものではありません。
併録されているデビュー作に対する評価です。

デビュー作はね、本当に良い味わいなのですよ。
BLの文脈で老いの描写に挑んだ意欲作と言って良い。
だから、デビュー作を読んだ時点でこの作者さんの
単行本に期待した方は多かったと思うのです。

……しかして、どうしてこうなった?
いや、視点を変えればこう言う描写もありだとは
思うのです。惚れた腫れたで暴走すれば天地左右も
ある訳なく混乱するでしょうし、色々突っ走る心持は
どう整理したって猥雑さを隠す事は出来ないでしょう。
ですが、ねぇ…。
山も落ちも意味もどっさり混ぜ込んで煮込んだのなら、
せめてきちんと盛り付けて仕上げて欲しい訳ですわ。

これもまた、BLが展開した中の実りの一つです。

3

お、おう……

しゅみじゃないという評価をつけましたが、趣味ではないというより目の前にあって読んだ本がラスボスだったという位難解不落でした。
まだレベルが全く足りていないのにボスに挑んじゃった感じ。
この漫画、わたしにはとても難しかったです…。

まず読んでいてページを捲る手が進まない。
たぶんシュールギャグというカテゴリーに入るのでしょう、しかし……笑うことより先にページを捲る手が重たかった。
ヤンデレVsキチデレ……確かに、この作品そのものが相当狂気を感じます。
変化していく絵柄、全力疾走駆け抜けたかのようなストーリー。
ガチャガチャしているというか、商業作品を読んでいるという気分にならずまるで同人作品を読んでいるかのよう…疲労感が募ります。
ちょっとまた三連休の一日目とか体力のある日に読み返してみます。

4

ヤンデレVSキチデレって?!

久しぶりに行った本屋さんで出会った本。
帯の「ヤンデレVSキチデレ」なる文字に惹かれ、思わず買ってしまったこの一冊。

何ですかこれは?!
読んでいて、サ~ッパリ意味がわからん☆
しかし、なんとはなしに惹かれる部分も無きにしもあらず。
なんだかね、映画で言えば「裸のランチ」とか「ドグラマグラ」観た後のような…。
頭の中にいっぱい「???????」が飛ぶ感じ。

これを評価するのも難しければ、レビューなんてもっと難しいぜぃ。
あっちの世界へぶっ飛びまくりでした。
これ、OPERA連載でしたよね。
ZAKK先生といい、この宮沢草雨先生といい。
あの雑誌は底知れぬ世界…と、定期購読を真剣に悩む私。
私もある意味、あっちの世界の人間かな。

そんでもって、最後にデビュー作という「海辺にて物思ふ」というのがあって。
これはかなりわかりやすく「神」でした。
ラブカップルの老いのお話。
私はこれ、超好きです!!

この本にはBLのL(ラブ)とは何か、を考えさせられる何かが詰まっています。
BLを芸術と哲学という切り口で語り、ギャグというオブラートで包んだ漫続き画。
そんな感覚で読むつもりで購入する感じ?
(書いてて私にもようわかりませんが)

ただ、体力気力がある時に読まないと、ちと疲れるし引きずられるので要注意☆

※ネタバレ、にしておいたのに。
全く内容にふれていませんでした、申し訳無い。
内容…私には説明不可です。
なので、ネタバレ外しました。

5

愛はどこに?の、キチ作品

初見の作家さん。
首吊ロ―プと囚人服?の表紙キャラに一目惚れでセレクトw

ふと、この方、聖悠紀氏が好きなのかな―?と思った美し表紙でしたが、表紙と中ページのタッチは違うんで、ちょっと残念;
だけど、そんなの関係なくなるくらいのぶっ飛んだ中身なんで、絵なんかどうでも良くなってきましたが^^

表題作『めぐまれない大人達』シリーズ
美少年が過ぎて、苛めや性対象にされ、他人と交われない『矢島』を、何年も執着する『三路(さんじ)』。
何でそうなったのか(読者も本人も?)理由はしっかりと説明されていませんが、ま、理由はどうでも良いのかも。
だから不可解なのも含めて、読む人によっては「中立・趣味じゃない」も多かろうと想像できます。
キモいキスシーンは、ゴキ型のチョコだと思えば?う~やっぱりキモい!
でも、嫌いじゃないんだよね~
ギャグなの?シリアスなの?
作者の頭ん中も大丈夫?
キャラもテンポもテンパリも「はちゃめちゃ劇」って感じです。
『ヤン&キチ』を、帯にうたうだけあるワ!
橘も、呆れましたよー!だけど、笑った!面白かったー!

『海辺にて物思ふ』
ふと続き黄昏につまづく、年季入ったゲイの話。
別れを受け入れる恋人爺さんの「泣き」に、フルフルじわっ(涙)

宮沢先生の、ここに愛はあるのか?萌えはあるのか?は、さて置いて、2007~13の集大成の本作は、1回読みだけで、判断しちゃいけません!
3回読んだ橘は「萌え2」寄りの「萌え」でした^^

追:5回読んで評価を「萌え2」に変えました!

7

無理

BL以前の問題でした。
芸術的すぎて理解不能w
ハードルの高さを完全に読み間違えていました。
この世界が理解できるかたを尊敬します。
そもそもゴ。。。が大嫌い。
なんで食べるん!まじキ○。
それ以外は読めないこともない。
ただ意味は分りませんでした。
笑ったところもあり。
すべてがだめだったわけではないけど。
無理。
私には無理でした。ごめんなさい。

8

警告:ゴキ○リに気をつけてください

うわーーー!!!出たーーー!!!
黒くてすばしっこくて飛ぶやつが!
ちょ!ゴ○ジェット!はやく!はやくー!!!
ひぃぃぃ!
こっち来んなし!

・・・閑話休題・・・

食事中の人は気をつけて読んでくださいね。
ゴキ○リを食べる描写があるので、
ゴ○が苦手な人、更にグロが苦手な人は要注意です。

グロはそこそこ平気な方ですがGが苦手なため、
そこだけホッチキスで開かないように止めたい。

この漫画の狂気はすごいですよ。
キチ度がパねぇです!芸術か病気かの領域ですね。
こういうのがお好きな人にはたまらん作品だと思います。

どうしようかな、
これ好きって堂々と言いづらいものがありますね;
うん、そうだ、・・・嫌いじゃない!と言っておこう(笑)
実際絵は好きでした。中表紙のカラー、油絵が良かったです。
Gさえ出現しなければそれ以外は結構読めましたし。

『プロジェクトM』
不覚にもでっちあげ漫画にときめきました。
無理矢理BLしようとする二人が大好きでした。
この作品、BLじゃないけどw
ノンケ同士で妄想をするのが好きな人向きな作品で続きした。

『海辺にて物思ふ』
なんと味わいのある作品!個人的にはこんな作品は大好きです。
シリアスな面も交えながらホっとするような終わり方。良いお話でした。

うーん、この作品「萌えるから読んでみて!」と言いづらいので中立評価にしました。
個人的には部分的に好きと苦手とが混じった作品ですが、
好きの分量のほうが多い気がします。

狂気系でも絵は耽美ではないのでグロい所が本当にグロく感じるかもしれません。
狂気系をお探しの方には丁度良いと思いますが、
グロ耐性のない方にはお勧めしません。

11

あっ、この本好きかも(笑)

シリアスなのかギャグなのか、純愛なのか乱れてるのか、いいさじ加減でくだらなく
いいさじ加減で恋の本音が見え隠れ、このマニアックさが意外とクセになる。
損所そこらのゲテモノ食いなんて眼じゃないグロイキスに三路の強靭な愛と勘違いを
気の毒なくらい感じるのですが、その相手は高校時代の同級生。
三路は何を思って付き合っていたと勘違いしているのか、散々矢島の八つ当たり的
嫌がらせに愛を感じているのですよ。

高校卒業後矢島に会えないことで五月病ならぬ引きこもりになってしまうが、
卒業後に三島がホモAVに出ていた事を知り、ビデオを入手し、見ながら会いたいと
涙する、かなりハチャメチャ展開なのですが、ストーカーも真っ青な求愛に
以外にも心揺さぶられる奥深さもあります。
軽く読めば単なるギャグ漫画に成り下がる恐れがありますが、結構読み込むと
マニアックだけど味がある作品なんですよ。

そしてラストの『海辺にてモノ思ふ』はそれこそ深い味わいが感じられる。
ギャグとハチャメチャ、ヤンデレなのか狂っているか分からないハイテンション後に
ラスト作品でお茶を頂くようにほっとする。続き
生きているだけで儲けものかも知れないと徒然に思うのであります。

7

究極の選択を迫る作品

OPERA39号で、単行本発売前の宣伝として実に4年ぶりの掲載をしたこの作品。
それすらもカオスすぎて、この本の内容が全く不明でした。
掲載雑誌も多分読んでいる話しもあったと思われるのですが(掲載号を見て)全く記憶になく、
そういえば20号の記念特集で、作者さん動向にルネッサンス吉田さんのアシをしたとか云々の事が描いてあったような~?
果たしてこの作品・・・やはりカオスでした。

本の帯に「ヤンデレVsキチデレ」アルティメット・ラブ・バトル開戦!と書かれていますが、確かにそうかもしれないですが、かなり病んでます。どちらかというとキチです。
話しも前後します。
絵柄も変化します。
読みながら、何かを読み取ろうとするのは放棄しました。

矢島を好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで
ひたすら好きな三路がいて。
そんな三路に執着される矢島が少しどころか壊れた人で、高校時代の嫌がらせの数々、そして再会しても逃げる逃げる、超嫌がって逃げるのです。
どうして矢島が壊れているか知りもしないで、ただひたすら矢島が好きな三路の姿が描かれるとい続きう。
究極のオバカギャグに偽装した本当は正反対のかなりシリアスな病んでる作品だったという感想です。
究極の愛とは病んでる愛なのか?

登場人物で多分まともなのは三路の友人マルちゃんだけかもしれない。
カオスな内容に実は一本ちゃんと背骨がとおっているのだけど、それを解説するのはとても骨が折れるので省略します。
ただ、そんな連載されていた作品の終わりに描き下ろしの【プリズナー32】が入っていることで、BLとしての終わりをする出来たのです。
それが紆余曲折があって一緒に暮らし始めた二人に繋がるのか~と。
素直にワハハハと愉快痛快に思えない面白さは決して万人受けはしないものではあるのですが、マニアックな傑作の部類に入ることは間違いない作品(自分にとって)


そして驚きがデビュー作品の【海辺にて物思ふ】
シルバーラブです。
連れ添って40年の男夫夫。
ここに来て、このままゲイとして死んでしまうのかという疑問に家を出るが帰るところは彼の元という、
何だか奥深い作品。

表題のシリーズと比較すると全く別のモノのような感じが一見するのに、これ実は根底は一緒な気がする。
というか作者さんの人物というものが作品の基礎になっていると、うすぼんやりと見えるような気がするからです。

超個性的すぎる作品。
ここでの評価は「神」か「趣味じゃない」か両極端のどちらかしかないと思います。
こういう時に逃げの手として自分はズルく「萌」を付けておきます。
何故かというと、自分的神棚作品なんだがそれはBLとしてではなくて一作品としてという意味でということなので・・・

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ