gateau Vol.17

gateau

gateau Vol.17
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN
9784758072700

表題作gateau Vol.17

その他の収録作品

  • 秀良子「STAYGOLD 第三.五話」
  • ありいめめこ「ひとりじめボーイフレンド #5.5」
  • ウノハナ「ホームタウンブルーバック act.5」
  • 蒼宮カラ「Noisy Honey!」
  • Soie「ロロとお星さま」
  • 雨森ジジ「鏡のオルフェ」
  • たし「アイスクリームライン 第1話、第2話」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

新装の雑誌に期待☆

アンソロジーとしてのgateauも今号を持って最後。
秀良子さんの連載は、雑誌に継続になるようだがウノハナさんは最終回を迎えて、ひとまず切りよく落ち着いたということろだろうか。
新しい作家さん、人気作品を発掘してくれた一迅社にお礼を言うのと共に、新しい雑誌にもどんな本になるのか、期待したいと思うのです。

秀良子【STAY GOLD】
話数は3.5となっているので、閑話休題編。
今回新たなキャラクターが登場?
俺の甥っこがさーゲイかもしれないんだよねーまだ13歳なんだけどさー
と語る男に聞かされているのは腐れ縁で中高大まで一緒の日高。
どうやら日高は片思いしていたらしいのだが、ぶっちゃけ一回くらいいいかと思ってという衝撃的な言葉を残され・・・
ふへ?
本編はまだまだこれからのところ。彼等も何らかの形で本編に絡んでくるのかな?

ありいめめこ【ひとりじめボーイフレンド】
こちらも5.5回になっているので番外編になるのでしょう。
康介が飼った犬の”しげお”が支倉に懐くので、健介がヤキモチを妬く話。

ウノハナ【ホームタウンブルーバック】
いよいよ最終回。続き
あきらめ覚悟で穂に告白した勇十。
村のイベントの日、いつもと変わらない態度でくる穂にすっかり振られ日和だと思っていたのですが・・・
お前と同じところにも絶対すぐ追いつくから、それまで俺の事だけ好きでいろよなという穂。
エッチシーンはないですが、ひょっとして襲っちゃってる?
きっと単行本になった時、この様子が描かれる事を希望いたします♪

蒼宮カラ【Noisy Honey】
夜になるとうるさくなる隣室にたまりかねてどなりに行くと出てきたのはビクビクしたかわいい青年。
うっかり気になって、うっかり好きになってしまって~
いや、そのビクビクピルピルと騒音が全然結びつかない!?内弁慶ってこと?
そしていきなり襲ってエッチしてしまって・・・ちょっと攻め方向ばかりで受けが全くわからない人でした。

Soie【ロロとお星さま】
古物屋のロロの元に青年がやってくる。
彼はその昔、道に迷ったところをロロに助けてもらい、その時彼が好きになってしまっただという。
歳の差の執着愛でした。

雨森ジジ【鏡のオルフェ】
リオデジャネイロで、チェロを学ぶ少年達。
貧困層の子供に楽器を与え音楽教育を行うエル・システマという慈善組織によって行われる教育の一貫なのです。
ジルは年上のオルフェに大変懐き、彼が自分の師だと思っている。
しかし、ある日オルフェは家の事情で引っ越すことになり二人に別れがやってくる。
離れてもチェロを辞めないよというオルフェでしたが、、、
貧困と犯罪と、どうしようもできないものがついて回る彼等の生活環境を背景に考えさせられる映画のようなお話でした。

たし【アイスクリームライン】
8月に上下巻同時発売になる作品の導入部分の掲載。
サーフィンを辞めて目的を亡くしている主人公の高校生と、誕生日プレゼントをくれる同級生の始まりが2話分描かれています。
一体どんな展開が待っているのでしょうね?

新しい雑誌は、BLの魅力を最大限に生かす為に制限を設けず、読者の<大好き>を満たし、作家の<大好き>を世に出したい
とあいさつ文が書かれています。
「制限を設けず」っていうのが気になりますね。
期待しています。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ