Dear+ 2013年8月号(雑誌著者等複数)

dear plus

Dear+ 2013年8月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN

あらすじ

【表紙&巻頭カラー】室井理人
【ペーパーコレクション】室井理人
【執筆陣】宝井理人/山田2丁目/栖山トリ子/扇ゆずは/夏目イサク/門地かおり/志水ゆき/左京亜也/二宮悦巳/木下けい子/阿部あかね/まさお三月/梅太郎/高井戸あけみ/北別府ニカ/たうみまゆ

表題作Dear+ 2013年8月号(雑誌著者等複数)

その他の収録作品

  • 「テンカウント」宝井理人
  • 「流されないでよ先輩」山田2丁目
  • 「恋はかけ違い」栖山トリ子
  • 「レオパード白書」扇ゆずは
  • 「ハートの隠れ家」夏目イサク
  • 「ドラマCD「ハートの隠れ家1」アフレコレポート」夏目イサク
  • 「生徒会長に忠告」門地かおり
  • 「花鳥風月」志水ゆき
  • 「クロネコ彼氏の甘え方」左京亜也
  • 「ももいろ倶楽部にようこそ」二宮悦巳
  • 「身近な恋だと思うけど」木下けい子
  • 「愛が待ってる」阿部あかね
  • 「それでも構わない」まさお三月
  • 「社長、華麗につき」梅太郎
  • 「校内恋愛カウンセラー」高井戸あけみ
  • 「最後の恋」北別府ニカ
  • 「いただきますとただいまと」たうみまゆ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

散財が止まらない予感…!?

Dear+ 2013年8月号が出ました。
私は普段よりあまり雑誌には手を出さないようにしています。
お金が続かないからなのですが、大好きな作品・作家さんが出ている時は別です。

とうとう私がこれのために数ヶ月買っていたという作品、『クロネコ彼氏の甘え方』が最終回を迎えました。
この作品の良さといえば、二人の切ない心のすれ違いが綺麗な画面と可愛い表情のクロネコ真悟を通して丹念に描かれていることだと思っています。
前回の賀神と気持ちがすれ違ってしまい「もう いやだ、誰でもいい、あったかければ それでいい、猫のまま ずっと寝ていたい」と、当て馬的脇役・蓮見の膝の上に乗り、ふて寝してしまった真悟に今回は賀神が動きます。
寝ていたところを、賀神の気配に起きて逃げ出す真悟。
追う賀神。

今回は賀神の力技でめでたく収まるところに収まりました。
不貞腐れたクロネコ真悟が何とも可愛かったです。
もっと猫の姿が見たいと思いました。

そして色々なことが告知されていました。
まず、9/30に『クロネコ彼氏の甘え方』コミックス発売。
10月号より賀神×真悟の新シリーズがスター続きト。こちらは左京さんが自身のサイトで「次はとにかく甘くラブラブでいきます」と仰っていたので楽しみですね。
そして11月に『クロネコ彼氏の甘え方』がドラマCD化が予定されているそうです。初回特典でプチコミックスが前作と同様につくということです。

もう!散財がすでに予定として組まれているようなものですね!
きっと私は衝動を抑えきれず買ってしまいますよ~。

そして今月号ではもう一つ、『生徒会長に忠告』が良かったです~。
こちら前回もすごい良かった作品ですが、今月号ではその続きが載っていました。
遊園地の巨大迷路で雛森さんが近藤くんにキスしたのですがその続きで、雛森さんがさらに近藤くんにアプローチしていきます。
葛藤する近藤くん。
雛森さん、本当にいい男になったなあと惚れ惚れします。
それもこれも近藤くんがいたからで、愛の力は偉大ですよね。
終盤、顔を赤らめて追い詰められて葛藤する近藤君は何とも可愛いです。
続きが気になります~。
次号、付録に『生徒会長に忠告』のCDが付くそうです。
キャストは知賀:杉田さん×国斉:鳥海さんだそうです。

もう、お楽しみいっぱいですね。

6

室井さんの新連載に期待☆

室井理人さんの新連載がすごく面白かったです♪
字数の関係で書けませんでしたが、
栖山トリ子さん、山田2丁目さんの読切リーマンラブも良かったです。


◆室井理人【テンカウント】
潔癖症の秘書・城谷が、交通事故で雇い主を助けてくれた黒瀬と出会う。
幼き日の城谷が父親にのばした手と、
今の洗いすぎて皮膚がボロボロの手の対比が切ないです;
黒瀬は、城谷の手袋越しににじむ血から潔癖症を見抜き、治す手伝いをしたいと。
紙に書いた10のことを一緒にクリアしていく…ステップ10には一体何が待っている?
とワクワクする第一話でした♪

◆扇ゆずは【レオパード白書】
なんか、思ったより長いな~・・・
初合体もしたことだし、キリよく終わるかと思ってましたw
鉄狼が、燐世が勝つのに自分が邪魔~…とか思って身を引きそうな展開。
最後の、燐世のキックポーズ&キメ台詞。オサレ演出すぎて、逆にダs…いや、まあ素敵な結末を期待しています!

◆志水ゆき【花鳥風月】
博巳に続き、魅力的な新キャラが♪
美容師で元バンドメンバーの幹久。
オネエキャラを演じる彼の真意と、サバトを挟続きんだ三角関係(?)の実態が気になります。個人的には、幹久と博巳にカップルになってほしいですv
サバトは、幹久に髪を切ってもらい、大輝と1日1キスの約束を。
回を追うごとに、どんどん面白くなっていきます☆

◆左京亜也【クロネコ彼氏の甘え方】最終回
猫になって逃げる真悟をつかまえベッドに運ぶ賀神。
仲直りHが甘エロでご馳走様でした♪
賀神、なぜそれをもっと早く言わない?とか思わなくもないけど、ラブラブで何よりです。10月号からまたこのカプの新連載。人気あるんだなぁ。

◆木下けい子【身近な恋だと思うけど】最終回
酔って告白したり、互いに好きになるきっかけがAVだったり、
最後までいまいちカッコつかない二人!w
でも恋の始まりなんて実際こんなもんだよね~みたいな親近感がとても好きでしたv

◆阿部あかね【愛が待ってる】
割とアッサリ監禁を解かれた尚。
清人の元彼をこっそり偵察し、自虐的に飲んだくれ、泣きながら清人に抱かれる。
尚も清人に負けないくらい重いですねw
「好き」の一言が言えれば、執着×執着の超強固なカプが出来上がりそう♪

◆梅太郎【社長、華麗につき】
酔っ払った衣荻は、泰河(柚原の弟)を柚原と間違え寄りかかる。
起きたら泰河と同じベッドに寝ていて、
車で仕事に向かおうとすると、何やら強ばった顔の柚原が現れて次回へ。
苦悩する衣荻が、どんどん色っぽくなってる気がしますv


次号は、真山ジュンさんの新連載「ダブルエス」が楽しみです。
2月号の「攻×攻」特集に読切で載ってたハッカーのお話で、次は下克上なるか?って感じで終わってたので、ガチ攻防戦を期待☆

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ