元ひきこもりvs隠れオタク

痛姫 ライバルは隠れオタク

itahime

痛姫 ライバルは隠れオタク
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×218
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
126
評価数
33件
平均
3.8 / 5
神率
18.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784396783358

あらすじ

ひきこもりから人見知りオタクに昇格(?)した敬太。恋人の百瀬とHで甘々な同棲生活を送っていたが、偶然百瀬の高校時代の同級生・成沢に出くわす。隠れオタクの鳴沢は、自分の方が百瀬に見合うと迫り、劣等感で自信をなくす敬太だったが…? 描き下ろしも収録!

表題作痛姫 ライバルは隠れオタク

美容師見習の恋人 百瀬晴海
同居の元ひきこもりオタク 木原敬太

その他の収録作品

  • bonus track

評価・レビューする

レビュー投稿数10

兄とお幸せに!(笑)

「痛姫」の続き。
今度は、攻めに横恋慕する当て馬登場。
かなり「世を拗ねる会」で、屈折しておりました。
敬太くんがいい子なので、更に可哀想。
BLだから仕方ないのですが、オタだっていじめられた過去があるから大変身して、何故女子にもてようと思わない!?(笑)
ハイスペックなのに、色々と残念な子でした。
兄とお幸せに!(笑)※嘘

続刊は、そこまで攻めにイラッとする事はなかったです。
このまま、仲良く過ごしてくだされ。
敬太くんは、漫画家になれたのかな??
いっそ、BL作家になってしまえばいいのに。

1

題名通りライバル出現!

前作では敬太(受け)が一歩踏み出し、自分の意思で始める生活でした!
百瀬(攻め)との同棲を始めてラブラブな二人。
偶然会った、ライバルとなる成沢との出会い。
敬太の中で百瀬を取られたくない!百瀬の存在が大きいことに気付かされてます!
嫉妬だったり不安だったり、ひきこもりだった敬太にはなかなか厳しかったのか、エッチの時は大胆に感じました^^

成沢も最後は百瀬が好きな敬太に「百瀬がすきなもの」ってだけで襲おうとしちゃってあて馬的にはイイ仕事っぷりでした(笑)

敬太のヲタ魂が健在でそのブレがないのが可愛いかったし、アニメキャラを愛してる、別格と言う敬太のそんなところを含めて好きな百瀬にも好感がもてました。

百瀬!敬太をよろしく頼むよ!ってな作品でした(誰目線かはそっとしておいてください(笑))

0

当て馬もオタクだったww

敬太の兄の同級生:百瀬晴海×元・ひきこもりオタク:木原敬太です。
ぶっちゃけ続編が出たことに驚きです∑d(゚∀゚d)

前作は、ちょっと展開が早いなーと思っていたので・・・。

今回の内容ですが、ひきこもりからコミュ障に昇格した敬太が
百瀬の同級生の成沢と恋愛沙汰でバトッたり・・・。
間違いなく百瀬も敬太も人間として成長していると思いますが、
ちょっと成沢がかわいそうでしたね(´・ェ・`)

どうか彼を救済してやってください・・・。

最後、敬太兄を食べようとしていましたが、あの後どうなったのか
だいぶ気になりますww

まぁ王道な話ですが、前回同様ですが、オタクの敬太が最後まで
揺るぎなくオタクだったのは、本当に好感度があがりますね。

0

痛姫って完結してなかったんだ!?

前作を追いかけてたので新刊を購入。

感想としては……

成沢くんちょっと不憫www

百瀬がかなりケータくんのこと好きなんだっつうのは
分かったんですけれども
ちょっと成沢くんが不憫すぎやしませんか?って。
ケータくんに意地悪して、性格わるそうなイメージがついて
さらに、百瀬に決定的に振られてしまって……

ケータくんはもう少し優しい子なのかな?と
思っていたけども、結構鈍感なトコもあるんだ~って。

まあ、徐々に成長していくんだろうけど……。

前作でもう完結してた感じだったので
わざわざこうやってお話を広げる必要があったのか
ちょっと疑問は残りました。

0

ヲタでコミュ障…でも成長中!

前作より好き!

線にメリハリがなく単調に思える絵柄ですが(しかし上手い!そして好き!)前作では見られなかった仕草、表情にそれぞれが抱える感情が宿っていて十代の不安定・伸びやかさを感じました。

前作はチャラ男高校生だった百瀬が中退・上京、引きこもりだった啓太が後を追って外界に出るまでの大きな展開があった為に少々、強引。
勢いとして面白かったんですが感情に関しては少し成り行き任せになっている気がしていたんです。

でも今作は自分たちの抱えるコンプレックスに焦れるだけでなく相手への想いを軸に少しずつふたりで互いをを寄り添わせていく姿が描かれていました。

恋愛って相手のことを考えるものですが、つきつめていくと自分自身を知るキッカケになります。

対自分だと煮詰まっていても対相手で考えていくと別の視点で物事を捉えるせいか、ふいに先が見えたりします。
百瀬と啓太が互いに恋をしながら自分を見つめ直し成長する姿が新鮮でした。

そこへ彼らの当て馬として登場した成沢。
彼の気持ちにも共感できるので、ちょっと切なかった。
高校時代、自分の中だけで堂々巡りをしていた恋心を芽生えさせた百瀬という本来の行続きき場との再会。
自身を変えたくて頑張った自分の方が引きこもりだった啓太より百瀬にふさわしい、と考え方もアプローチも間違えてしまったけど、ぶつけずにはいられなかった気持ちは痛いほどわかります。
最後にメールで報告してきた成沢の強かさに見え隠れする『強がり』に彼の幸せを小さく願いました。
啓太の兄:優太の平和も(笑)

どんなカタチであろうと人と人が出逢って何かが生まれ、その先の自分を動かしていく。
啓太は自分に意地悪く接する成沢から目標に向かう意志の強さをキャッチして自分も頑張ろうとしたり、自分の友だちと仲良くする百瀬に嬉しくなりコミュ障を少しでも克服しようとする。
百瀬はそんな啓太の成長を頼もしく思いつつ、ちょっと不安になったり。

多少のスレ違いをまじえながらふたりして成長する姿がじっくり描かれていて展開は静かながらも前作より身近に感じる作品に仕上がっていました!

コス着衣プレイとかヲタイメージを外さない部分にもニヤリとさせられました。
ブッチさんの年上のお相手とか啓太兄と成沢とか、まだ続くのかな~?と楽しみ。


2

二人の関係がより一層深まってる

ヲタが可愛く見えるし、一見ちゃらそうな男が相手一筋で読んでる安心感が
あって妙に心地いい作品でしたね。
今回はオタク的な要素は薄目な気がしますが、引きこもりだった敬太が
百瀬との関係で確実に一歩ずつ前に進んでいるポジティブさも感じられるし、
百瀬を巡ってのライバル出現で更にそちらもオタクだけれど、見た目はリア充。

引きこもりゆえに対人関係においても人見知り傾向が強い敬太が百瀬の高校時代の
友人と知り合うが初対面からバトル気味。
オタ道も一本道ではないからぶつかるのも当たり前かと、
それにしてはやけに嫌われていると思ったら相手は百瀬狙いだった。

それでも意外に安心して読んでいられるのは、百瀬の軽そうに見えて敬太一筋の
安心感が透けて見えるからなんですよね。
今回多少の擦れ違いは感じるけれどそれも相手の事を1番に考えているからで
この二人いい関係になっているんだと続編ならではの感想を持てるのも良いです。
この続編で百瀬の見た目とは一味も二味も違う誠実さを感じましたね。

0

ブレないぜ 俺の嫁は ルリノたん

「ヲタ なめんな コルァ」全国のヲタ(一部)から絶賛の嵐…かも…ねっ。
読んだ後、啓太が大好きな【ルリノたんアニメ】もっと詳しく内容が知りたくなります。
百瀬と啓太のイチャラブがどど~んと楽しめるし、美少女ヲタ話もクスッと微笑ましく楽しめるので、一石二鳥でした!
ルリノたんコス、スカートフワフワで切り替えギャザーのレース、すごくカワイイっす。
(俺は美少女戦士に変身するあれやこれやバージョンがある事を【ルリノたんアニメ】に勝手に希望中)←話が広がってしまう程に【ルリノたん】がとにかく気になりました~。そこかよっ。

【痛姫2】1作目よりもラブラブ度が増量だったので、萌×2評価です。
※求む『ミルキィ戦隊』情報・・・

2

ブレないキャラに一安心

都会で同棲を初めて、純粋なオタキャラに陰りが出ていたらどうしよう・・・
とクソ余計な心配をしていましたが大丈夫でした!

全くブレる事なく最後の最後までピュアなオタクキャラを維持していたのでご安心を
www

攻様の時折見せるシュールな変態ぷりも健在です。

キャラ得の漫画ではありますが、内容もしっかりとありライバルや友人などもいい味を出してるのでキャラ設定に萌えられない人でも楽しめると思います

また読みづらさや、アクもなくストレスフリーで楽しめる一冊だと思います(。-ν-)

1

大人の階段

ひきこもりのオタクが、チャラ男が、本気の互い同士になったその後の続編。
うん、やっぱりそうだよね。
すれ違いをとおして、ライバルの登場をとおして、より互いを知って絆が深まる。
そんなお話になったのだと思います。

偶然出会った百瀬の元同級生・成沢。
彼は百瀬が好きだったのですよ。
ぽっちゃりしていてオタク趣味を”ドンスケ”とからかわれて過ごした中学生時代。
必死で変わろうと頑張って痩せて、オタクを隠して生きてきて
描いた絵を百瀬に褒められてから気になって友達になりたかったし近寄りたかったけど、できなくて、彼に自分をみてもらえるように磨いてきたのに・・・
ところが、つきあっている彼氏は地味でメガネのオタク。
自分のほうが断然いいのに!

この成沢の気持ち、切ないけど何となくわかるなー。
敬太をライバル視して、それなら自分だって可能性があるんじゃないか、って期待して。
だけど、入り込むスキはなかったのですよ。

ところが、彼の存在が百瀬と敬太をすれ違わせる。
それは嫉妬とかそういうんじゃなくて、成沢の絵を見てこういう絵を描く人は悪い人じゃないと思い、彼の続き目標を決めている姿に強さを感じて、自分ももっと頑張ろうとする敬太と、
そんな敬太を見て、男っぽくなったというかしっかりしてきたと思えた時、成沢に言われた「べたべたしすぎで重いんじゃない」という言葉に、いつものエロ魔人を封じてしまう百瀬。
ベタベタしてこない百瀬に少し不安に思う敬太に、我慢する百瀬という、
互いが思ったこと、感じていることを素直に口にできないことでのすれ違いが発生してくるのです。
だから互いの愛を疑ったりとかではないです。
エッチはないけど、互いを思いやる甘さは充分に出ている二人でしたから。
これって、彼等が大人になろうとするステップの一部分だな~と思えるのです。

百瀬はポジティブだから、敬太のオタ友の岩淵とも友達になれる。
百瀬の友達なら自分も友達になれるんじゃないかと成沢へ近づきたいと思うのに、成沢にとってはライバルだから敬太は意地悪をされてしまう。
だけど、、、
人のいる場所に出るのが苦手、コミュ障という敬太が、自ら友達になりたいと思ったり接触を持とうとするのって、すごく成長だと思うのです。
多分まだ二人は十代ですよね。
こうやって、二人だけじゃない他との付き合い方を覚えて行くのも大人へのステップなんだと思いました。

オタク設定を生かした導入のルリノたん抱き枕3P。
お約束のルリノたんコスエッチ。
時々、オタク口調になる敬太。
結構、前作よりオタク設定が随所に見られました。

これから敬太がどんな成長をとげるのかな?
そして、きっと成沢は敬太のツンデレ友達になるような予感がしますw

とてもドキワクする、というものはないけど、堅実で誠実な二人の姿がほほえましかったです。

5

続編キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━!!!!

母親に捨てられた過去からチャラかった百瀬と、元引きこもりでオタクな敬太。
前作「痛姫」でいろいろあった二人ですが、現在はそれぞれ美容師とマンガ家を目指しつつ同棲中。
そんな二人の前に百瀬の同級生だった成沢が現れ、百瀬にモーションをかけてきたことから、二人はすれ違っていきます。
相手が好きだからこそ大切にしたい…好きだからこそ不安になる…うまくかみ合わなくなった二人はどうなってしまうのか……

って感じの続編です。
「痛姫」同様、携帯コミックサイトで少しずつ配信されていたものを一冊にまとめてます(描き下ろし3Pつき)。
うーん…前作を読んでないと堪能し尽くし難い内容かなぁ。
今回まとめて一気に読んでみて、思ってたよりもエッチシーンが多いなぁと感じました。
結構ばっちりしっかり描いてあるので、そーゆーの期待してる方にオススメしたいです。
それから、めでたしめでたし後のエピソードになるので、前作に比べるとストーリー展開の勢いが不足気味かな…と思ってたんですけど、自分が間違ってましたっ(慎んで土下座!)
配信時の読み込みが甘かったというか、ツギハギで読むと堪能しづらいとい続きうか。
一冊通しで読んでみて、丁寧に二人の感情の動きを追ってるのが感じられて、これはこれでいいなぁと再認識しました。
表情の微妙な描き分けが自分のツボだったのも、新たな発見でしたね。
わかりやすい派手な差異ではないんですけど、各シーンでのキャラたちの表情が、妙に色気あったり、キリッとカッコよかったり…。
サラッと読んでる時にはちゃんと味わえてなかったんですよね。
…携帯でマンガを読むのって難しいなぁ。
なので、携帯で既読の方もコミックス、ぜひ!

ストーリーの細かいところはネタバレなんで省きますが、ビッチ役の成沢の打たれ強さも描いてくれる作者さんの優しさが好きです。

コミックスのカバーの下のイラストのお遊びも、思わずニヤリ。
成沢が某トッシーなテイストなんですけど!
敬太もガチにアキバオタクのコスで…仮にもBLマンガの主人公が、このコスはイカンでしょう!(笑)

ホーリンラブブックスさん特典の描き下ろしペーパーでは、成沢の密かなイタい趣味がわかりますよ~。
もしも、敬太の描くあのマンガと同じ誌上に、成沢のこのマンガが載ってたらシュールだ…。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ