片想いとパレード (後編)

kataomoi to parade

片想いとパレード (後編)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×217
  • 萌12
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
169
評価数
49件
平均
3.6 / 5
神率
24.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799713518

あらすじ

鷹也に触られると体が拒絶反応を示すようになり、もう幼なじみすらやめるしかないと絶望した東馬。
好きなのに、避けたり逃げたり女の匂いをさせてみたり……「俺、お前についてる女の香水の匂い、嫌いだ」なのに鷹也は、そんな東馬に……キスをした。
男っぽいあっさりした鈍感な性格の鷹也の、横暴な「恋心」。それが暴かれたとき、東馬の片想いにはあまりに熱く甘い結末が待っていた――!

表題作片想いとパレード (後編)

幼馴染の教育学部生 松尾鷹也 19歳
幼馴染の経済学部生 百瀬東馬 19歳

その他の収録作品

  • とても大変な毎日
  • あとがき
  • カバー下表紙1【表】:米沢兄妹初期設定ラフ
  • カバー下表紙4【裏】:アンケート裏話

評価・レビューする

レビュー投稿数11

パレード

鷹也に触れられて気持ち悪くなる。キスされて吐く。好きなのに重症ですよね。

そして、鷹也はズルい。
でも、振り向いてくれて両想いになれたのは良かったです。
病院での告白シーンで東馬パパが固まってるのが面白くて笑っちゃいました。
東馬ママはお強い人ですね。

東馬が事故に合った時は、どうなるのかハラハラしたけどハッピーエンドで良かったです。
両想いになろうって所で死とか記憶喪失とかになったら、頭抱える所でした。

鷹也パパも「孫の顔は見れないけど、息子が二人」的な事を言って二人を抱き締めるシーンにはジーンと来ました。

すんなり、認めてくれたのは幼なじみで余程仲が良かったからでしょうか。

街子ちゃんが最強キャラ。

指輪もしてる…ヨネ先輩に恋人…その話読みたいです。

これは、片想いしてる登場人物たち全員がパレードの出演者ってことなんですね。

0

独占欲と、愛と。

前編の最後に、ヨネ先輩が東馬の胸元あたりにキスマークをつけているのを見て、カッとなって東馬を襲おうとした鷹也でしたが…。

鷹也には彼女がいるのに、
どうして東馬がヨネ先輩に取られたらカッとなるのか。

鷹也のこの気持ちは何だろう?
自分の友達が誰かに取られるのが嫌だという、
独占欲みたいなもの?

無自覚に表れる行動。
その真意は・・・?

気づいてしまった鷹也は、
開き直ったらそこからは早かったw

鷹也が東馬のことを、
お前ってこんなに可愛いかったの?
って言っているところでキュン。

昨日まで友達だと思っていたけど、
こんなに愛おしいやつだったのかと気づくところ、
良いですね~。

そして二人は両方のご両親に、
二人の仲を伝えるという展開もあったり。
最後はみんなに祝福される二人でした。

は~しかしやっぱりヨネ先輩気になるw

0

綺麗にまとまった作品

デビュー作が気に入っていたのと偶然行った本屋で
人気だったようなので購入しました。

正直後編は失速の印象を受けました。
前半であんなに切ない片思いをしていた受けが
どんどん幸せになっていくのは嬉しいことだとは思いますが…どうしても、『うまくいきすぎ!!』となってしまいました。特に親バレの部分など、前半が割とシリアスだったので後半にほんわか感で面食らいました。

あとは、ただ攻めが都合良すぎだろっ…というのですかね笑
受けが幸せならそれでいいんですけどねー!

ただ、非常に将来性を感じるので、次回作は期待したいと思っています。

0

後半

流石王子ヽ(・∀・)ノヤフー
前回の、片思い編に引き続いての、王子視点多めの後半戦。
姫の気持ちをハジメテしった王子。
本当に失いたくない相手に気づく。
本当に大事なのは?一生一緒にいられるのは?
一番そばにいたいのは。
思ったらの切り返しが早い。
一つを失わなければ手に入らないものならば。
本当に大事な人をまもるためならば。
彼女には、まぁ・・あれな感じですが誠意は感じるかな。
一途が報われた姫のことを思うと良かったかなとは思う。

両親の前でも恥じ入ることなく。
そして姫の両親にもwwなまっすぐといえば聞こえはいいけど
アホな土下座も。
「そういう俺が好きなんでしょ」な自信満々の笑顔も。
正直、前半戦盛り上がっただけに、終わりかたにドラマせいが弱かった気がしなくもないですが、姫さんが幸せならそれでよし。
前後編まとめてよめてスッキリ良かった
続きものはやっぱりまとめて読むに限りますな(*´∀`*)んむ

0

パレードの言葉にピンとこない。

米沢につけられたキスマークを見て、咄嗟に身体にキスをしてしまった攻め。

その行為に吐いてしまった受け。

受けの気持ちを知ることとなる。
彼女と別れる。
2人は付き合う。
互いの両親にも付き合いをつげる。

全てに動きがある後編。
受けのメガネに違和感がありすぎた以外は安定の進み方だった気がする。

ただ、両親に言う必要があったのだろうか。彼女以外の近親者が皆受け入れてくれるというには
早くないかな。

悩めば良いわけじゃないけどね。
米沢先輩の恋人が気になる。

指輪していたしね
なんなんだろ、これ
続いているの?
前編後編ともに米沢先輩一人勝ちな作品でした。

0

ヒーローが恋に落ちると

ヒーローなだけに、真っ直ぐ突っ走るっていうか、、、

幼なじみグダグダ物の場合、ノンケだった方が、男同士の恋愛が腑に落ちちゃうと一気に爆裂的にデレるというか、ラブラブモード大全開になるっていうのはテッパンな展開で、ストーリー展開的には好物なのは確かだし、
ちゃんと双方のご両親にお付き合い宣言したのちに初エチっていうのも酷く健全だし、
最後に当て馬ヨネ先輩がタイトルのネタばらししてきれいに締めるのもいい結末の付け方だと思うし、
書き下ろしの5年後エピソードーもいい話だし、
絵もきれいで、鷹也はえらいこと格好いいし、東馬はメチャクチャ乙女で可愛いし、
悪いところも、いやなところも、一つもないはずなんだけど、
でも、
だからこそ、
この出来すぎ感が、私の天の邪鬼な、捻くれ心を刺激するっていうか、
すごく上出来な作品だけど、萌としてはこのくらいかなぁ。


1

罪つくりな男、鷹也

後編も相変わらず鷹也が罪つくりです。でも東馬も奈々ちゃんも両方大切なんだとか血迷ったことを言わなくてよかったです、真面目ですよね彼。
この前・後編で様々な片想いを目にしました。不毛なものばかりで成功したのは鷹也と東馬のふたりきりでしたが、彼らの幸せそうな顔は表紙にも溢れています。
鷹也が、ほんとうに残酷だなぁと思う反面、とても真っ直ぐな子だからひとつにしか向かえないんだなと分かるだけに、憎みきれないというか…悪い子だ!とは思えないです。東馬も散々振り回されているように思えましたし、奈々ちゃん贔屓なわけではありませんが彼女もまた辛いパレードに巻き込まれていたのでしょう。

前編よりも評価をあげたのは、ふたりの両親に対してや未来のことに関してが描かれており、ホッとしたからです。誰しもが思い通りの幸せを得るわけじゃあないけれど、でも出来るならば幸せであるほうが、いいよなとやっぱり思ってしまいます。
ヨネ先輩の色恋についてはいつかスピンオフで拝見できると信じています。鷹也が好きな東馬を好きだったヨネ先輩。自分は大人だからと割り切って一線引いていた彼の心もまた、少し切なかったです。
続き
とても華のある絵柄でお話が進められています。長い片思いを経て、彼らがどうなるか。東馬の乙女チックな思考回路も可愛らしかったです。
ちょっと群像劇的な要素もありますし、学生モノが好きな方はいかがでしょうか。

2

御伽噺

読む人によっては予定調和と吐き捨てられて
しまいそうな、概ね甘くやや多めの隠し味を
含めた結論を描いた完結巻ですが、評者は
嫌いじゃありません。寧ろ好きです。
善良な登場人物しかいないからこう言う
甘い展開を構築する事が出来ると言う声には、
静かにこう言いましょう。

「敢えて描かれない悪意も世間にはあるのですよ」と。

御伽噺と言うには苦いご都合主義な部分も
確かに全く無い訳では有りません。
BLだから許容されている展開もあります。
それも含めた上でなお評者は、この前向きに
展開しようと言う御伽噺が好きです。

4

無自覚と自覚あり

前作で幼なじみの百瀬の自分への想いを知った鷹也ですが、自身の気持ちが
いったい何なのかはっきりしないけれど、確実に百瀬が自分から離れていく事は
嫌だと、今まで守り続けてきた人が手から離れてしまう。
そんな子供の時とは明らかに違う現実に気がついてしまった無自覚鷹也クン。

そして長い片思いに区切りを付ける強さを先輩の妹から貰ったような百瀬、
今回思いっきり気持ちを告げる事になりました。
自分の気持ちに区切りを付けて前に進もうとする百瀬、叶わない想いでも
相手が一瞬でも自分だけを見てくれたと思える瞬間に気持ちも少し軽くなった、
そんな風な流れでした、そしてそれを告げられた鷹也も想いを返そうとするが
百瀬にそれは恋愛感情じゃないと逆に告げられる。

そこで鈍感無神経男の鷹也くんは、本気で悩む訳ですが、自分の気持ちを
自覚した途端、かなり男前の行動に走ります。
後半で事故のトラブルもあるのですが、その前にしっかり気持ちが定まっていたのが
個人的な感想として凄く良かったかも。
そして無自覚さんと自覚ありの幼なじみ同士の恋がハッピーエンドで終わる。
二人の先輩が、続き鷹也と百瀬二人の片思いの関係に恋していた発言が意外に
最後はしっくりくる内容だったと感じました。

2

苦しさの後の、甘い幸せ。

苦しい展開から一転、
後編のこの本はロマンチックで、甘いシーンが満載~に感じました☆
(エッチ度はあまり高くありませんがw)

先輩に付けれらたキスマークに激怒した鷹也からキスまがいのことをされ、
依頼の紙を鷹也に見られて、本気の片想いをしていたこともバレてしまって…
そんなところから始まる後編。

さすがヒーロー、
すぐそばにいた親友がずっと自分のことが好きだったと知って、
取る行動はストレートで潔い。

鷹也が意外なタイミングで髪の毛を切って、格好よさが増すのもいいな。

上手くいきそうになったところで事故。
お約束な感じがしましたが、
それが真剣な告白だけじゃなくて、カミングアウトにまで繋がるという急展開は意外☆
ものすごく嬉しいのに、
驚いて終始びっくり顔になっていた主人公が、なんかよかったw

今までずっと苦しい想いをさせてきた分、いっぱい幸せにしてやる!
そんな鷹也の決意を感じる展開で、甘々で微笑ましいです。
ちょっとロマンチックすぎる気もしますが、これがこの作家さんらしさかも☆

マイノリティだし、傷つけた人もいて、
ネガ続きティブになるよう要素は色々あるけれど、
落ちこむヒマさえ与えずに、隣りで元気づけてくれる笑顔の鷹也。
ほんと、ヒーローって感じです。
こういう人に守ってもらえたら幸せかも…そういう気持ち、分かる気がします♪


現実味のある話ではないですが、
BLらしいずっと続く幸せ…を感じさせてくれる本だなと思います。
特にロマンチストさん向きかも?

絵柄が好みだったら、もっと入り込めたんだけどなぁ~~
個人的にはそこがやはり気になって、残念ながら萌えどまりでした。

4

鷹也一皮むける

鷹也がどうやって決着をつけるのか?
期待の結論は意外にも早くやってきます。
前編の終わりで東馬にキスまがいのことをしてしまった鷹也が、どうしてそんな事をしてしまったのかと考えるからです。
そして、拾った東馬の願いを書いた紙片の意味。
男同士で親友で幼馴染で、でもヒーローとお姫様で。その関係を初めてはっきりさせることができた海辺のシーンに、ちょっと胸を打つものが!
鈍感だと思った鷹也が初めてはっきりと自覚して見せる顔の表情にやっと、と安堵しました。
両思いになることは、単純な意味の「ヒーローとお姫様」が東馬の考える唯一無二の存在(恋人)を意味するという考えにやっと鷹也が追いついたその一致なのだなと思われました。

多分そこから先というのは、普通ならば番外的話になるのでしょうが「ケジメ」と言う意味で実にものすごいケジメがついていて超ビックリです!
鷹也が彼女ときちんと別れるのはもちろんですが、互いの両親へのカミングアウトまでついてますから。
そして6年後の皆の幸せまでも・・・
全てがハッピーエンドの結末で、でも街子ちゃんどうしたのかな?ってちょっと気になりましたw
続き
鷹也、髪を切ったら男らしくなっていかにも攻めっぽくなりました。
そしてエッチシーンですが、自分の好きなセリフが登場で思わず♪
「くっそ、痛ぇ。痛ぇけど嬉しい」で、顔を崩して嬉し涙を流すのです!
あんあんする喘ぎより、こういうセリフに萌えます☆

リアルではないけれど、妄想範疇の理想的幼馴染恋人物語の展開でした。
上から目線で偉そうで申し訳ないのですが、絵柄もコマもお話もキャラも、ほんとうに格段に良くなったな~と作家さんを見直した作品となりました。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ