恋する俺様調香師

koisuru oresama choukoushi

恋する俺様調香師
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
34
評価数
10件
平均
3.5 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784062867801

あらすじ

大手化粧品会社に勤める小日向和は、ずば抜けた嗅覚を持つ天才調香師・冴島篤士の香りの実験台として密かに抱かれていた。キスや淫らな行為によって変化する体臭を嗅がれ、研究室や自宅で「実験」されまくる日々。体だけの関係でも、和は彼に片思いしていた。
他に好きな人がいるらしい冴島をあきらめきれずにいる和の前に、優しい上司の藤倉が現れ、恋人に立候補したいと言ってきて・・・・・・!?

表題作恋する俺様調香師

天才的な嗅覚の主任調香師 冴島篤士
大手化粧品メーカー香水部門営業 小日向和 27歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

天然一途な受けは激ニブ思い込みさん

高校の同級生同士で10年近く一緒にいるのに思い込みから受けは辛い恋、
攻めはデロ甘な恋人付き合いをしていると思っているおバカな擦れ違い。

読みはじめは傍若無人で我儘で自分勝手なオレ様攻めの冴島に手酷い扱いを受けながらも
大好きで捨てられたくなくて、片思いの冴島のために必死で健気に尽くしている話かと
読み進めれば、冴島は単なる亭主関白気質で口にしないだけで、受けの和に周りが
引いてしまう程独占欲と嫉妬で和を雁字搦めにしているくらい溺愛してる。

でも、初めのキスの時に冴島が言った実験と言う言葉がこの先の二人の関係を
誤解と思い込みに迷路のように入り込む言葉になります。
和にとって、冴島は完ぺきに最高で素敵な人なのですが、そんな出来すぎた相手の
傍にいるには和自身が凡庸で天然と言われてしまう事で冴島相手はネガティブ。
そんな和を余計に勘違いさせるのが冴島の言わなくても解るだろう的な思考。

和を狙う相手に威嚇したり排除したり、はたまた誠実そうで真面目な和の意外過ぎる
夜の顔が冴島の更なる傍若無人ぶりを発揮させる結果になったりと
見る人が見れば、冴島の方が和続きにベタボレでそのせいで怒りっぽくなってしまうのが
手に取るように解るのに和だけは初めの刷り込みのせいか一方的な片思いを
していると思い込み、新しく上司になった相手からのこのままでいいのかと言う言葉で
二人の関係をネガティブな方向へ考え初めて逆に冴島が振り回されているように
感じてしまう話、結果的には仕事も社内をも巻き込むバカップルのお話です。

1

傍から見れば完全にバカップル

攻に熱愛され、周囲からもモテているのに、天然ボケで自己評価が低いため全く気付かない主人公。
仕事面は優秀で、俺様な攻にもキッチリ正論で反論しているからか、恋愛事にボケボケでも読んでてイラッとしないところがいいですv
(余談ですが、この主人公の思い込みの激しいキャラ、花川戸菖蒲『視線の刻印~恋に堕とされて~』を思い出しました!化粧品会社が舞台で研究職×営業ってとこまでソックリw)


中学からの同級生で、同じ化粧品メーカーの香水部門で働く二人。
俺様天才調香師・冴島のたっての希望で、試香役(セフレ)として開発局に出入りすることが許されている営業の和は、学生時代から冴島に片思いしている。

『和、健気!切ない!』って話かと思いきや
実は冴島の方が、和に振り回されたりデレたり、
意外と余裕がない(ことが読者にだけ分かる)。
学生時代も今も、和に寄ってくる友人や上司を牽制しているのに、
それに全然気付かない和は、恋人にはなれなくてもせめてセフレとして飽きられないように…とことさら淫乱に振舞っていて、切なさと滑稽さのバランスが絶妙です☆


冴島にしてみれば、
続き生時代からの恋人を甘やかしまくっているつもりで、それを踏まえて最初から読むと、確かに和にだけすごく分かりやすくデレデレv
和の匂いを嗅ぎまくって作る香水が「恋水」「花束(プロポーズと読む)」など明らかに和に向けてのラブコールなのに、本人に全然気づかれないのが不憫になってきます。
後半、和に誤解されていると分かってからの怒涛の言葉責めシーンは、読んでて恥ずかしくなるくらいエロ甘。
「気持ちいいぜ」とか「愛してんだぜ?」とか、やたらド直球な~ぜ!口調に萌え通り越してちょっと笑っちゃいました☆

あと、ツボったのは、兄に怒られそうになったら”和ぶりっこ”で逃げる冴島弟。
所詮モノマネなのに、それで怒れなくなる冴島はどんだけ和が好きなんだー!!!
作中でハッキリ”ぶりっこ”って言われちゃってるのも面白かった。
愛でられるばかりじゃなく、微妙に貶すところは貶す描き方が好きでしたw


冴島の会社での極端な公私混同ぶりがちょっとリアリティに欠けて(いくら優秀でも、このご時世即クビだろーと思っちゃいました;)評価が下がってしまいましたが、すれ違い&勘違いのコメディとしては楽しかったです☆

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ