遊星の恋人

yuusei no koibito

遊星の恋人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×210
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
56
評価数
14件
平均
4 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
プランタン出版
シリーズ
Cannaコミックス(カンナコミックス・プランタン出版)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784829685396

あらすじ

爬虫類顔の高校生・星野航(仮名)は、実は宇宙人!
周りに溶け込み、地球文化調査の任務を遂行していたのに、
最近、クラスメイトである千里友哉の視線が気になる。
何でいつもこっちを見てるの!? 航は友哉に問いただした。
すると彼に告白され、仰天した航はうっかり正体を知られてしまう。
慌てる航に友哉は「君の可愛さは地球レベルじゃないから、むしろ納得☆」って――あれ? なんかヘン!?

表題作遊星の恋人

航を好きな同級生 千里友哉
地球へ調査に来た宇宙人 星野航(仮) 

その他の収録作品

  • ショーゲキの告白
  • 考えちゃうよね
  • 向学心
  • 噛みしめる
  • イメトレ
  • あふれ出る好奇心
  • 悪夢
  • きみのプラン ぼくのプラン
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

裏表紙がまたカワイイ♪

「是非読んで頂きたい!!」
とお勧めされましては読まない訳には…
と書店で手に取るも、自分も別に宇宙人とか爬虫類とかのマニアックな趣味はないんだけどな~
なーんて裏っ返すと、バナナを餌付け(?)されてる彼の姿が。
「あら~カワイイ!買お♪」(ゲンキン)
てな訳での初読み作家さんでした。


冒頭のシーン。本来の姿の宇宙人ですが、使命を帯びて緊張の面持ちの若者である事がわかるのが正直スゴイ。(そしてそんな爬虫類顔なのになぜか可愛いのですよ…)作家さんの技量、ていうか愛ですよねぇ。

その主人公・星野航(仮名)。
私の勝手なイメージの宇宙人=侵略者=狡猾そう…な様子はみじんもなく、むしろとってもイイ子。
高校生として潜入調査して2年。
慎重な性格故か未だ現地協力者(調査を手伝ってくれる人間)はいないものの、周囲にも溶け込んでて。
食べ物も合うし、って大事なコトだけどそんな細かい設定まで…愛だなや。(そして「食べてる姿が可愛い」とか言われるので、美味しく食べられる事はやはり重要♪)

この宇宙人がもうとにかくカワイイ。(また言う)
クラスメイト・千里友哉か続きらの熱い視線に
「もしや正体気付かれてるのでは!?」と途端にわたわたしたり、問い質す時も思わず涙目だったり。
結局バレちゃうんだけど、もっと怖がったりしなくていいの?とか心配したりw

うわー正体見ちゃった友哉ピンチ!?
…とはならないのがこのマンガ♪

何だかもうね、こっちの勝手な宇宙人のセオリーを片っ端から覆してくれちゃって、ただただ面白くて可愛いのです。

「星野の歯(のギザギザ感)がチューしたいくらい好き」との友哉に
「口も舌も傷だらけになっちゃって……すっごい痛いよ!」と、わざわざ振ってしまう航も、とんだ天然さん。
チュッて出来たら良かった友哉に舌を使われてしまう羽目に。(そうして報告出来ないコトばかりが増えていく…w)

まあそんな真面目な宇宙人と、おおらかで愛にあふれた地球人との、あったかくて楽しいお話でした。


そうそう『生殖器調査』!
それが全然イヤラシくないってBLとしてどーなの?と一応ツッコんでおきましょうかw(結果的に宇宙人に顔射してるのに)
そんな風に好き勝手にいじられたら、もー辛抱堪らんと襲ってしまうトコだろうに、そうしない友哉のなんて紳士なコトか。
しかし『学術的興味』て万能な言葉ですね~。


欲を言えば、友哉の周辺の人物も登場して欲しかった。
友人や家族を巻き込んだドタバタも少し見てみたい気もしましたが…
でも正体バレるバレないのハラハラ展開は読みたいと思わないので、やっぱいいです。

ところで、半ば命がけで荷物に紛れてまで航を追っかけて来た友哉のそこでの記憶は消去されなくていいのですか、航の上官さん…。(この方もイイ味出してましたね~)

航の真面目で探究心旺盛さから来る言動と、そんな彼を丸ごと好きで仕方がない友哉のおおらかな誠実さとが相まって、自然と面白展開になってしまうストーリー。
丁寧な作品作りで、作家さんの登場人物への愛がひしひしと感じられる一冊でした。
他の作品にも触れ、おかげさまで好き作家さんのおひとりと相成りましたです。

3

なにこれ、かわいい。

宇宙人やら、爬虫類やら大して好きでもないし、むしろ苦手なのに、それを感じさせないほど可愛さが勝っています。
設定も今まで読んだことない宇宙人で面白いし、受の純粋に興味を持って悩んでる姿とか挙動不審なとことか可愛すぎます!
攻の何でも受け入れちゃう大らかさ。だけどそれは受がほんとに好きだからと言うのが伝わってくるし、もぅ2人ともかわいすぎるー。
是非読んで頂きたい作品!!

5

想像以上に宇宙人

開いてすぐの口絵で想像以上の宇宙人というか爬虫類っぷりに衝撃(笑)。
ガチじゃないか!
人間の男の子に擬態してるけど、特徴的な顔だし萌えれるのか??と不安になりながら読みましたが、結果かわいいー!!もっと読みたいー!!
ぎらっとした目もギザギザの歯も攻めが変態的にかわいがるので、段々かわいく見えてくる。
宇宙人の子も中身は照れ屋でちょっとズレてる良い子だし、攻めも育ちの良い変態という感じでほのぼのです。
欲を言えば48手見たかった!!何か訳わかんないうちに気持ちよくてドロドロになって攻めに言いくるめられる受けとか見たかった!絶対かわいいのに~!

6

近頃すこし 地球の男に あきたところよ!

地球の男に飽きてきたかたは宇宙人なぞいかがでしょうか。
地球人×宇宙人(爬虫類系)の銀河を越えたコズミックラブです。

宇宙人ものは小説も漫画もなくはないって感じですが、全体から見たら相当少ないですよね。
まぁ需要がないからでしょうけれど。
この作品は宇宙人と言っても見た目は爬虫類系です。
いかにも異星人な趣きの姿をした設定でした。
作者様が爬虫類がお好きだからということみたいです。
私が商業BLで今まで遭遇したw宇宙人は、
「地球人と見た目が変わらない宇宙人」「美しいエイリアン」「スライム」「体を乗っ取る系」です。
爬虫類系は初めて遭遇しました(笑)
この作品の宇宙人、星野は地球の調査をするためにやってきました。
真面目に地球のデータを取っている研究熱心な宇宙人でした。

内容についてはコメディタッチで笑えたのが良かったです!
千里(攻め)が星野(受け)の動きが可愛いくて惹かれるんですが、
星野が宇宙人だと分かっても動じない千里の好き好き具合が良かったです。
千里はトカゲが好きなのでフェチのような好きも混じっているようです。
でもフェチは一種の愛で続きすし、へたすれば愛情を突き破るほどの執着と盲目がありますから、
歯止めがかからなければ愛より深い予感もします。
千里からすれば運命の人を「みーつけた!」って感じでしょうね。
宇宙人だろうとなんだろうと可愛いもんは可愛い!可愛いは正義!みたいな。
千里にとってのジャスティスですね(笑)

そんなわけで盲目な千里は星野が何をしても可愛いのです。
星野がイヤーマフをしただけで「可愛い~!」ってw
この盲目具合、千里もバカ過ぎて可愛い(笑)
他にも地球の研究のために男性の性器のデータが欲しくて、
千里の性器を見せて欲しいと迫る星野などなどに、
とにかく笑いました。
そして星野の照れ顔にキュン。
あれ、この人宇宙人でしかも爬虫類系なのにどうしてキュンとするのかな…
そして千里の死をも恐れぬ宇宙級の愛に感服しました!

楽しく可愛い作品でした。でもちゃんと萌えや愛はありました。

8

この動じなさが凄い!

宇宙人と地球人の恋、それも宇宙人の素顔は爬虫類系・・・トカゲ類です。
トカゲやカメレオン、確かに脱皮してる姿を見なければ可愛く見えないことも無い。
そんな爬虫類系宇宙人を可愛いと言えて好きだと告げる高校生の千里はマニアック。

そして好きだと言われたのが2年前から地球に調査のために住んでいる星野、
人間のマスクを被り擬態しているのですが、告白されたときに素顔が少し見える
トラブルになり、宇宙人だと知られてしまう。
でもビックリするどころか宇宙規模の可愛さだから納得みたいな感じで受け止める千里。
星野を見つめる目はどこか可愛いペットを見つめる雰囲気もありますね。

最後まで星野の素顔は千里に晒してはいませんが、そんなことも些細な問題で
千里の目には恋するフィルターがきっと標準装備されているのでしょう。
爬虫類系の可愛さが妙に溢れていて、星野が可愛いと思えてくるから不思議。
千里の星野大好き加減が堪らなく萌えるストーリーで可愛い雰囲気が溢れてる作品。

8

カワイイ以外に何を言えというのか!

ここんところ「読んでも読んでも何も言いたくならない症候群」にかかっていて
読書はしていても本当にレビュー出来なかったのですが・・・
この本が堂々とその壁を突き破ってくれました!

とはいえ、購入するときには迷ったんですけどね。
別に爬虫類に萌えるわけないし・・・。

嘘でした。普通に萌えました。
人間のマスクをかぶっているのにそれでもなんとなくトカゲな所が隠せてない航君に。
くりっきょろんとした目と八重歯をさらに発展したような歯、チョコチョコした行動が可愛いです。
研究という目的をベースにしてる上に人間生活歴が短いが故の何に対してもの真面目でしかも新鮮な感想が可愛いです。
大雑把にいうとガチの大人の知識に幼児の感性がついてるような子です。

その航にたいして可愛い!宇宙人だと知ったとしてもウチュウ人だからこんなに可愛かったのか!とまったくひるむことのない萌えをのっけからぶつけ倒すのです。
こんな萌え、受けにかわいいと共感できないと非常にしらーっと読んでしまうのですが、可愛いからしょうがないよね。と思うのです。

カワイイだけでもないんですけどね。生殖器へ続きの学術的な(苦笑)探究心に燃える航によっていじりたおされいかされてべこっと凹む千里というのも見ていてあらあらというおかしみもあります。

ほんと、面白かったです。
あとがきにもありますが、仕事という事を忘れそうなほど思い切り楽しんで書かれてる様子が自分にもダイレクトに伝わりました。
こういう本、苦労して書きました!な本より自分に当たるんですよね・・・。

10

時空も種族も越えて可愛いよ!

初読みの作家さん。
設定がちょっと面白そうだし、表紙も可愛いので手にとってみた。

地球人になりすまして高校生として、地球人の文化を調べる宇宙人、航(仮名)。
すっかり溶け込んでいたのに、いつも彼を見つめる千里友哉に正体がばれてしまうが、
実は友哉は航のことが好きで見つめていたのだった(笑)

口絵がいきなり、remove →put on →attach a contactlans →Finish! と、
化け方の図解説明で始まっていて、なにげにこういう趣味は好きだ、と思いながら
読み始めてみた。

あははは、マスクが一部剥がれて爬虫類顔の正体が垣間見えても
「可愛い!」って言っている友哉がまた可愛い。
そのまま二人は仲良く一緒の大学に進み、ルームシェアする仲に。
どこかずれたやりとりをしながら、暖かい二人だったが
地球から撤収するとの通知が来て。


宇宙人、なにやら寒がりだったり、
調査研究に熱心なあまり、友哉の生殖器を調べちゃったり、
それで友哉がEDになってしまったり、
撤収作業用に、玄関脇に段ボールがおかれていたり、
いちいちクスク続きスとおかしい。

ところで、お二人さん。
Hはできる、とのことでしたが、四十八手はまたいずれということでいいのですが
ノーマルバージョンだけでも、是非拝見したかったものですな。
え?学術的興味です!(笑)

なんというか、ナンセンスに可愛くて、幸せな一冊でした。

7

宇宙人BL来襲

小説で宇宙人設定って見た事ありますが、コミックで宇宙人ってあったかな~?
いや、性格が宇宙人じゃないですからね♪
そんな地球人と宇宙人のラブは、宇宙人が地球へ色々と調査するために来ていることから、興味の範囲が広がって思わずアッチ?な展開も見せ
愉快で健気で宇宙サイズの人種と星を超えた(?)コスモな愛になりました(爆)
カルチャーショックが介在するからコメディタッチ。
爬虫類顔の宇宙人という、人間に擬態してもそれがよくあらわれていて、ジャンルとしてはブサイクなんだけど、実は仕草や思考もあってとっても可愛く見えました☆
まるっと一冊この表題なので、読み応えもありますよ♪

地球人「星野航」として人間の高校生として過ごして2年。
彼の事をじっと見つめる同級生がいた。それが千里友哉。
どうして俺の事を監視(?)するのだと問い詰めると、好きと告白される。
無理だと、千里の前から駆けだしたところあわててモノにぶつかって、マスクが破れてしまう!?
本当の顔を見ても驚かずかわいいという千里に、口止めをする航。
結局宇宙人ということがバレてしまったのですが、それでも航を追いかけ続きてくる千里に、そうだ!現地協力者の手が♪と、利用しようとしますが、千里の大好きな気持ちに押し切られて、まんざらでもない航は恋人のような、でないような関係になり、大学に入りルームシェアするまでになります。

宇宙人が爬虫類顔という王道にのっとり、ちょっと道を間違えるとホラーにもなりかねないのに、何だかカワイイぞv
その宇宙人の素顔、もちょっとツルンとした例の「捉えられた宇宙人」みたいなあんなかと思ったら思いっきり爬虫類でビックリしたヨ。
マスクが破れた時なんて、マジでホラーだったのに、千里平気で恐るべし愛の力wとか…
爬虫類顔が可愛いという位なんで蛇とかトカゲとか飼ってるのかと思ったらnothingでした(笑)
爬虫類系宇宙人だけに、寒さに弱い設定がまさかよもやの冷房苦手もありました。
調査の一貫で図書館で春画の本を見て、地球人のイチモツは巨大(爆)なのか調査したい欲求が沸き起こり、千里に頼むそのセリフが「きみの生殖器を見せてくれないか!」
勃起状態を見ても、もっと大きい状態がみたいとか、あげくいじって顔射とか、そして結論は、敏感かつ抑制の効かない器官であるとか・・・そのせいで千里がEDになってしまうとか、、、
普段のやりとりも面白いけど、この展開が一番爆笑しちゃいました。

こうやってギャップを新鮮な発見にしながらも、二人が楽しい共同生活をして、情も千里にわいたころ、訪れる調査終了の知らせ。

航が人間じゃないから、そして千里も航を一途に可愛いと思って愛してるから、すれ違っていそうでいて、その実彼等の結びつきはいつの間にか深くなっていて、
とってもほのぼのとしたラブをみることが出来ました。
めでたし、めでたし、、ですよ~♪

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ