みすてりあす ツインズ

みすてりあす ツインズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥457(税抜)  ¥494(税込)
ISBN
9784044398033

あらすじ

めでたく誕生日をダブルで迎え、十六歳になった和巳と和真。
ふたりは双子のはずなのに、不公平なことにルックス、身長、成績、運動神経のどれをとってもオレは和真にかなわない。
誕生日パーティでその格の違いを思い知らされてしまったオレは、和真の対立候補として祭り上げられた生徒会長選挙をおりようとするのだが…。
似てないツインズのあやうい恋愛バトル第3弾。

表題作みすてりあす ツインズ

北代和真(双子、長身、美形、鬼畜)
北代和巳(双子、可愛い系)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

鬼畜で俺様なのに、思わず「可愛い!」っと思ってしまう一途な攻様

エロス:★★☆☆☆
好み度:★★★☆☆

『かわいい…。俺、和巳のことが、かわいくてたまらないんだ…』

似てない双子で恋人同士な、和真と和巳。
和真の事を、大切な存在として認識し始めた和巳だが、
そんな中、和真と海竜学園の生徒会長の座をかけて争う事になった。
半ば強制的に担ぎ出されるように立候補者となった和巳だが、
生徒会長になれるかどうかより、むしろ、
現・生徒会長である三千院と、和真の仲が気になって…。



北代双子シリーズ、第三段。
攻(和真)は、カッコいいけど、性格が鬼畜、
受(和巳)は、可愛いく、元気っ子。
前作「でんじゃらすツインズ」の続きなのですが、
個人的お気に入りポイントは、
攻の和真くんが時々垣間見せるラブリーさ★(メロメロ)

今回の話では、
和巳くんが、和真くんのせい(?)で、熱を出してしまうシーンがあるのですが、
一応、和真くんにも、自分の所為だと言う自覚があるのか、
素直に和巳くんに「ごめん…」っと謝ります。
偉そうな態度とは裏腹に、甲斐甲斐しく看病もしてくれてるし、
もう…かなり素敵です(>▽<)ノ
続き
普段偉そうで鬼畜な人のこんな態度には、本当にギャップでドキドキしちゃいますよ~!
和真くん素敵(メロメロ)
…とは言え、
病み上がりの病人をソッコーで押し倒すのは、どうだろうとは思いますが。
そこはせめてキスくらいで我慢して欲しいです、和真くん…(苦笑)

でもって、個人的マイナス点は…
前作からも気になっていたんですが、
受の和巳くんの台詞が…エロいと言うか、下品過ぎて…ちょっと…引いちゃいます…(汗)
和巳くんは、可愛い外見をしているのに、心の中では「股間もきゅん」とか、和真以上に下ネタな台詞バリバリ羅列してきます。
そう言うのはちょっと苦手かな…っと思ったり(汗)
あと、今回の巻では、
和真と浮気説がある、生徒会長の三千院先輩が登場するのですが、
その三千院先輩に誘惑された時も、和巳くんはハッキリした断らないので…ちょっと嫌だなって思ったり。
あとは…
やっぱりカップリングが王道だし、先の展開も読みやすいので、新鮮さ的なものはないかも…。
内容も、エロシーン多いので、ちょっとスカスカしているイメージがあり、山が少ないと言うか…(汗)

でも、
私の中では、鬼畜な和真くんが可愛いって言う設定が凄く高ポイントだったので、「萌」評価(笑)
和真くん大好き~☆


【参考・北代双子シリーズ】
すきゃんだらすツインズ
でんじゃらすツインズ
みすてりあすツインズ
まぁべらすツインズ
えんどれすツインズ

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ