君を巡る物語

kimi wo meguru monogatari

君を巡る物語
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
13
評価数
5件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344828933

あらすじ

毎日同じ夢を見ていた遠江。ある日、隣の部屋に引っ越してきた人物が挨拶に来るが、彼の顔を見た瞬間涙が溢れてしまう…。

表題作君を巡る物語

隣に引っ越してきた大学2年生 須賀涼
大学2年生 遠江タケル

同時収録作品月がきれいですね

恋人 隼人
小説家 凛

同時収録作品大人はずるいもの

姉の再婚相手の連れ子 佐藤銀河 18歳
藤山篤 28歳

その他の収録作品

  • Talk
  • 君に花降る日

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ラブラブもいいけど、もっとドラマ性が欲しい~!

表紙に惹かれて購入。

中は、10代向け少女漫画のような華奢な絵柄でした。
話の内容は、さほど障害なくラブラブしてるパターンが多いかな。
エロがあるのは表題作のみですが、
脱いだ受の身体がショタ?と思うほど細い!
あまり色気を感じなかったので、この絵柄ならエロ薄で正解だな~と思いました。


◆【君を巡る物語】
前世は先生と生徒、現世は大学生同士ということで
巡り会った二人が、再び恋に落ちます。

前世は、戦争により離れ離れになった二人。
外の世界と交流のないお坊ちゃん・ミゲルに
先生は言葉を教えてくれ、教師の仕事も与えてくれたが、
ある日兵に招集されミゲルのもとを去る。
その後、戦火からミゲルを助け出してくれた、誰かの手。
生き延びたミゲルは、そこで先生の死を確信するのです。

この前世のドラマの切なさに比べると、現世は…
前世で「生まれ変わっても…」と言っていたほどの
ぶっとい絆が感じられないかなぁ…。
竹島くんや女の子へのヤキモチの焼き方が、ごくフツーすぎて。
前世の名残(悲恋・先生生徒の関係など)をあまり感じさせない
超ほのぼの続き学生カップルで、ドラマティックな前世設定が不要に思えてしまいました。

あと、遠江の目と耳がいいことは
前世でミゲルがそのへん不自由だったことの表れなのでしょうか。
(ハッキリ描かれてはいません)

バイトの竹島くんが意味深なコトを言っていたので、
こっちが「先生」だったら面白いのにな~なんてどんでん返しを期待してしまいましたw


◆【月がきれいですね】
会社員と小説家。
つきあって3年の恋人の仕事で会えないとのメールに怒り
あてつけに夜遊びしようとするも、結局ファミレスで小説のネタ出し。
心配した恋人がファミレスに迎えに来て、一緒に帰る夜道で
夏目漱石の逸話を思い出し…。

ほんとにつきあって3年?というか成人同士?
と、設定にツッコミたくなる程初々しくて可愛い二人でした。
学生設定の方がしっくりきたかも。


◆【大人はずるいもの】
血のつながらない叔父と甥。
会うたび本の話題で盛り上がる二人だが、
大学生になる甥に彼女ができたと聞き、胸がざわつく叔父。

飄々とした甥が、実は子どもの頃から叔父だけを想う一途な攻(多分)でした。
叔父さんには、28にもなってメソメソ泣くなー!!と言いたいけど、甥に告白されるまで気持ちを我慢して、大人の顔してたのはエライ!w
あとがきにあった、その後なかなか進展できない二人も読みたかったかな。


◆描き下ろし【君に花降る日】は
3つのCPがそれぞれ恋人のために花を買うという話。
どのCPもラブラブです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ