仁義なき嫁 新妻編

jinginaki yome niiduma hen

仁義なき嫁 新妻編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
67
評価数
15件
平均
4.5 / 5
神率
66.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784781610337

あらすじ

『こおろぎ組の狂犬』こと佐和紀が組存続のため、大滝組若頭補佐・岩下周平のもとに嫁入りしてから二ヶ月。
新婚旅行先の熱海では周平から遅ればせながらプロポーズの言葉とともにダイヤの指輪を贈られ、アツアツムード全開のはずが、佐和紀には一つ不満が。というのも、挙式以来挿入はたったの三回!
おまけに情人の美少年・ユウキともまだ切れていないみたいで…。
手負いの獣よろしく苛立つ新妻、佐和紀だが…。

表題作仁義なき嫁 新妻編

大滝組若頭補佐 岩下周平
新条佐和紀

評価・レビューする

レビュー投稿数4

なかなか素直にはなれないか…

まだ新婚2か月目だもんね。

やっとこさ新婚旅行です。
でもって遅ればせながらプロポーズに指輪!!
と、ここまではいい流れで来てたのに
出てくる出てくる不穏なキャラ(ユウキ)がっ!!

もともと周平のお手付きで組の商品(男娼)。
だけど周平が大好きで、勝手に結婚した事に拗ねて仕事に支障をきたしてる。
そんなユウキが佐和紀にちょっかい出してくるわけですよ。
喧嘩なら当然佐和紀の方が強いのですが、内面をつついてくる。
周平も組にかかわることだから簡単にユウキをどうこうできない。
それが余計に佐和紀をイラつかせる結果になるんだけど
前巻同様にすぐに追いかけてこないんだなこの男は!!
(もうっ!!)

それによって佐和紀はまた周平に対して自信を無くし
岡崎相手にホテルへGO!!!
そのホテルで周平達とカチ会うんですが
そこでやっとこさユウキに対して周平は行動をとるわけです。
(遅いよっ!!)

でもってユウキの発言に自信を無くしてた佐和紀ですが
周平に抱かれることによって安心感を取り戻し、いつもの佐和紀に戻りました。
というか、今まで以上に周りに続きフェロモン垂れ流し状態になったのかな??

でもこの2人がラブラブなのが本当にいいよvv

1

カイ

ココナッツさま、初めまして~っ(^^)

購入してたのですが、今まで読むに至らず
いざ読み始めると、佐和紀が可愛くて可愛くて!!
佐和紀にメロメロな周平も良いし
(岡崎はね、嫁さん大事にしてください!!)
なんでもっと早く読まなかったんだろうと、いまさらながらに反省中…

おおっ4巻の発売も来年ですか?!
取りあえずはこれから3巻読んで、2人のがどうなるのか楽しみますねvv
「嫁同士のタイマンだから」の帯の言葉が気になる~っ.
なんてったって、かつての女登場だ!!
たぶんムカつく女なんだろう…(笑)

ではでは、コメントありがとうございましたっ(^^)/

ココナッツ

カイさま、はじめまして。
新しく『仁義なき嫁シリーズ』のレビューが上がっていたので、嬉しくなってコメントさせていただきました。
わたし自身はお勧めいただいてこちらの作品を手にとったのですが、まだまだ知らない名作があって感動いたしました。
3巻の続きもとりあえず紙媒体での発売が決まってはいるようですが、来年あたりになってしまうのかもしれませんね。
カイさまの3巻のレビューも楽しみにしています!

もう、メチャクチャ良い!

答姐で教えて頂いた『仁義なき嫁シリーズ』の二作目です。
電子書籍から紙媒体への発行で、わたしはこちらのイラストの方が好みです。(攻めがカッコ良いから)
前作から、二ヶ月経った辺りからのスタート。


前作同様受けは、繊細な美貌の持ち主ながらそれを裏切る、こおろぎ組の狂犬と呼ばれた佐和紀。

攻めは大滝組若頭補佐で、跡目争いに巻き込まれるのを厭って男嫁を迎えた周平。


今作でも引き続き、思い切り狂犬ぶりを発揮していた佐和紀。
そんな佐和紀が初恋とも言える周平に、徐々に飼い慣らされて行く様(それでも狂犬だけど)はなかなか可愛いです。
佐和紀は訳あって女として戸籍登録されているので、周平とは本当の夫婦ということになります。

今回の中心は新婚旅行で熱海へ行くことと、周平の元イロで組の情報源である美少年とのすったもんだです。
なかなか怖い物なしな美少年でございます。
熱海はプロポーズがあったり温泉でイチャイチャしたりと甘ーい展開であったのですが、後半の美少年絡みは佐和紀が不憫でした。
自分が本当に周平から愛されているのか、必要とされているのか、そして愛されて続きいてもそれはいつか冷めて捨てられるのか。
生きてきた中で人に必要とされてこなかったため、自分の心を守るためにも求めることをやめてしまっているんですよね。
そんな佐和紀に振り回された、若頭で元こおろぎ組員だった岡崎や、周平の舎弟で佐和紀付きの岡村も違う意味で不憫でしたが…(苦笑

前作もそうでしたが、今回もホロリとさせられるシーンがありました。
攻め、受け、そしてストーリーともに好きと言える作品は、個人的にはめずらしいです。
わたしは大抵が攻めキャラしか好きにならないのですが、このシリーズは二人ともすごーく魅力的なんですよね。
佐和紀が狂犬で、ただの美人妻じゃないのも飽きさせないですし、そんななのに恋も体も初めてで初々しい。
もちろん攻め好きのわたしには、周平は『最初は極道らしく鬼畜系だったのに、今じゃメロメロ〜』な感じや男臭ーい感じがたまりません!しね。
SSはこの、メロメロな周平視点なので、ひじょうに!楽しめました。

5

互いに相手に嫌われたくなくてすれ違う

続編のそれこそ新妻編はこおろぎ組狂犬と言われていた佐和紀が臆病なくらい
夫になった周平に嫌われたくない、嫌われて捨てられるくらいなら初めから
諦めた方がいいみたいな自虐に走ります。

幸せに慣れていない、愛し愛されることに縁が無かったから不安でたまらない。
その最たる原因が周平が最後まで自分を何故か抱かないということ。
何もかも周平が初めてで、覚えたての快感に身体が疼く新妻、萌えです。
それでも、自分から抱いてくれと言えない佐和紀、そんな時に周平と深い関係にある
ユウキと言う美少年が現れ、佐和紀に宣戦布告のように言い募るがあの佐和紀が
言われっぱなしで反論も手も出ないで茫然自失状態。
愛人たち全てと手を切らなければ抱かせないと言った経緯もあるし、
何より宣戦布告の少年が周平好みの容姿で、不安が募る。

佐和紀の嫉妬は不器用にも程があるでしょうと言うくらい自虐的。
初めて知った愛に自身の感情をコントロール出来ないくらい好きになっている。
でもそれは周平も同じだったりするのです。
相手が好きで大事にしたくて、すれ違うのですが、人を好きになると幸福だけで
続きられない苦しさもあると思える内容です。
それでもこの新妻編、佐和紀の極道の妻としての成長も描かれていて素敵でした。
旦那の浮気相手に始末を付ける姿が凄く良かったです。

2

最近の1番ヒット

前作もすごく良かった。。。続きがでたらなぁと思ってたら出ましたよ♪
読む用と保存用2冊買いしちゃいました。

前回、すったもんだの末に無事結ばれた2人。今回は新婚旅行に行ったりと新妻編です。
佐和紀の素直すぎるけど、旦那の前ではうまく素直になれないという心情がうまくかかれてます。最終的にはハッピーエンド&ラブラブですのでご心配なく。

新妻編あるって事は、まだ続きが出るかな?と期待して楽しみにしてる作品です。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ