君の瞳のデイジー

kimi no hitomi no daisy

君の瞳のデイジー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×212
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
3
得点
99
評価数
28件
平均
3.7 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784778115098

あらすじ

天涯孤独だが明るく前向きに生きる宮永海里は、新聞の尋ね人欄に何度も載る「デイジー」という女性を探す記事が気になっていた。そんなある日、清掃の仕事で訪れた洋館で、浴槽で眠る美貌の男と出くわす。目覚めた男は海里を見て「ついに会えた」と微笑むが、海里が男と知ると急に冷淡になり、あまつさえデリヘル扱いし奉仕させようとする。傲慢で意地悪なその男は屋敷の主人・舵正毅で、なんと新聞でデイジーを探す本人だった。

表題作君の瞳のデイジー

舵正毅 ホテルチェーン社長 28歳
宮永海里 施設育ちのハウスクリ-ニング従業員19歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

置いてけぼり感

どこがどうと上手くお伝えできないのですが「惜しい!」と感じました。

良いところは沢山あって、舵と海里を彷彿とさせるライオンとサルの童話が章ごとにインサートされる構成や、数少ない舵のモノローグで彼の心境の変化が分かる点はワクワク感が増して楽しかったです。また、自分の愛情の重さを自覚しつつ海里を独占したいと苦悩する舵もなかなか不器用で愛おしいキャラクターでした。

ただ…オチ自体は前半でなんとなく読者も分かるからいいとして、その種明かしがとにかく強引で、最後の最後で緊張の糸がプツッと切れたような印象を受けました。クライマックスもまあドタバタで…。

また、海里は序盤ではハウスクリーニングという仕事に真剣に取り組む描写が沢山あったのにどんどん舵に手懐けられてペット?愛人?と化していくし、意味深なキャラクターかと思われた同僚達もいつの間にかフェードアウトしてるし、舵は舵で初エッチの時点でかなり重い愛情を持っている上にいつの間にか「デイジー < 海里」が確立してるし…で、私は少々、置いてけぼりを食らった感がありました。

最後、ラブラブになった後の二人の様子をもっと読みたかった続きなぁと思います。

0

きっと出会うたびに恋する運命

一歩間違えればヤンデレになりそうな執着攻めが出てくるのですが、
この攻めが個人的にかなり好き、誰か一人を妄執に近いくらい想えるのですから、
でも貞操観念は無くて、傲慢で冷血漢なのにたった一人愛するものを手に入れてからは
何処までも甘く過保護に執着する。
実際こんな彼がいたらウザくて怖いですが、作品の中に登場していると萌えます。

受けの印象は攻めと初めて出会った時とは全然違う印象のやんちゃで強気、
そして可愛いもの好きで甘いものが好きな心優しき受け様です。
そんな二人の再会ものですが、受けになる海里は子供の頃の記憶がトラウマで無く、
攻めになる舵も海里の髪の色がある事情で違う事で相手が子供の頃から
探し求めていた相手だと言う事に気がつかない流れ。

そして、この作品の面白いのは本編が描かれている要所要所に、舵と海里を
彷彿とさせるような童話的な話が盛り込まれているのです。
そこだけ抜き出して読めば、この作品の二人とシンクロします。
本筋は海里視点で、章に入る冒頭部分が舵視点を少々入れているのですが、
作者が読みづらいかもとあとがきで書いておられますがそん続きなことは無かったです。

舵視点での気持ちにふれられている事で二人の気持ちのズレや考えている事が
読み手にはっきり伝わる感じで面白い。
独りぼっちのライオンとオレンジの子猿、童話の主人公たちが本編の二人と
ぴったり重なるのも面白い内容です。

立場も環境も全てが正反対のような二人なのに、たった一人だけをいつも求め、
探している感じがとても似ている二人なんです。
二人の再会ものに、かなり危険なトラブルや誤解からくる擦れ違い、嫉妬から
相手を傷つけてしまったり、誘拐事件に巻き込まれたりと飽きさせない展開で
たっぷり読みごたえもあって基本甘い溺愛型の作品で楽しめました。

1

王道でラブラブだけどゾクゾクもあり!!!

傲慢でセレブな攻めに熱愛される元気な庶民受けという
王道で、手堅く萌えをちりばめたラブラブなお話♪

これだけだと、ちょっと捻りがないな…となるところでしたが、
幼少の記憶がなく血にトラウマをもつ受というサスペンスタッチな設定や、
本編の展開を暗示する各章はじめの童話など、
これからどうなるの!?とゾクゾクする感覚も味わえ、楽しめました☆


赤みがかった茶髪と深いグリーンの瞳をもつ海里(19)。
身寄りはなく天涯孤独の彼がハウスクリーニングの仕事である洋館を訪れ、屋敷主でホテルチェーン社長の舵(28)に出会う。
海里のハッキリした物言いが気に入ったのか、
舵はその後も海里を指名し、食事にプレゼントにと豪奢にもてなし…。


海里は、どんなに辛くても気丈に振舞う、サッパリキッパリした健気受。
容姿だけでなく内面からもキラキラした魅力が伝わってきて、かなり好きな受でした。

舵はかなりの執着攻で、28にもなって嫉妬の仕方がガキすぎw
が、海里に恋をして、誕生日プレゼントを一生懸命考えたり、
不器用なりの愛情がビシバシ伝わってくるところは萌えでした!続き
素直じゃない海里が、舵に優しくされ感極まって
「舵さん、好き。すげー、好き」と抱きつくところもイイ☆
すごく可愛くて好きなCPでした♪
(嫉妬してゴーカン…はちょっと引いちゃいましたが;;)


舵が探し続ける初恋の女性「デイジー」とは誰なのか。
海里の母親の死の真相と、血へのトラウマの原因は。
舵はデイジーを忘れて海里を選んでくれるのか。

これらの問題が解き明かされるクライマックスは、
童話のような美しさと現実の血なまぐささが交互に襲ってきてゾクワク。
ロマンティックに結ばれた二人が、自らの意志で
問題が山積みの現実に戻っていくというラストが良かったです。
二人の可愛い会話に癒される~~♪


面白かったのですが、童話パートの文体がちょっと気になりました。
一文一文の長さや、最後の文言の分別くささなど、
あまり童話っぽくないな~と感じてしまって。
もっとシンプルにまとめた方が素朴な味が出て良かったんじゃないかな~。

でも全体としては、甘さとビターのバランスがすごく好みなお話でした♪
夢を叶え起業家になった海里が、舵と肩を並べる未来の話も読んでみたい。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ