カテキョと野良犬

katekyo to norainu

カテキョと野良犬
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784775520918

あらすじ

行儀のよい上品な孫に遺産を山ほど分けてやる──亡くなった両親の思い出をけがす憎い祖父から、そんな連絡を受けた響希。遺産などいらないが、祖父を見返してやるためだけに、凄腕の家庭教師を雇って礼儀作法を身につける決意をする。家庭教師としてやってきたのは、スーツ姿の美声年、周だ。彼の家に住み込んで学ぶことになった響希は、周の本職がSMの調教師と知ってしまい──!?

表題作カテキョと野良犬

穂之倉周 礼儀作法(調教師)の先生 34才
上柚響希 祖父に一矢報いる為に礼儀作法習得 24才

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

礼儀作法の制服はメイド服

高月先生と言えば筋肉系で高身長がっしり系の男前が受けになるのは定番、
今度の作品もまたまたいつもの高月作品。
そして攻めはどちらかと言えばどこか天然だったり電波だったりと一般人とは
少しかけ離れた攻め像が多いのですが、今度の作品も控えめながらも
やはり、変わった攻め様でした。

そして、流れ的にいつも思うのが普通に常識を持った男前受けが攻めと恋する過程で
妙に乙女チックな可愛らしい仕草や乱暴な物言いをしながらもテレてるような
ツンデレ系なのも特徴ではないかと密かに思っているのですが、
そんなパターン化したキャラ達が、意外にクセになる面白さがあります。
マンネリとも違う安心感が先に立つので大好きな系統の作品ではあります。

今回の作品は受けになる響希が駆け落ち婚した今は亡き両親の事を亡き母の祖父から
悪しきざまに言われ、さらに自分の遺産を与える孫選びをするから参加せよと言われ、
礼儀作法の優れた上品な孫に遺産をやると言う集まりに、両親をバカにされた響希は
見返してやるつもりで参加を決め、礼儀作法を叔父の紹介で周に1か月の住み込みで
教わることになることから続き始まるお話です。

礼儀作法の先生が実は奴隷調教の先生だったり、その先生に一目で好かれ、
誘いを受けるようになったりしながらも、普通の礼儀作法も習得していく。
1か月の間に二人の間に恋が育つコミカルな作品。
礼儀作法の振る舞いがメイド服を着る事で良くなる、これは男性だから当てはまるのかと
真面目に想像してしまいました。
もちろん最後はと言うか、初めからハッピーな展開の作風ではあります。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ