不器用な男たちのブラインドラブ!!

それでも構わない

soredemo kamawanai

それでも構わない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神30
  • 萌×241
  • 萌8
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
16
得点
342
評価数
86件
平均
4.1 / 5
神率
34.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664038

あらすじ

デザイナーの奥村は、広告代理店の営業・高嶺と仕事で組むことになった。
最初は高嶺をいけ好かないと嫌う奥村だったが親しくなるにつれ高嶺を
可愛く感じ、いつしか好意を持ってしまう。
だけど奥村は恋を実らせるのではなく、友人でいたいと考えていて……!?

表題作それでも構わない

広告代理店の営業 高嶺龍一郎
デザイナー 奥村

その他の収録作品

  • その後
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数16

なにこの可愛い子は!?

なんて可愛いらしい絵に可愛いらしい話に可愛いらしい話なんでしょう...!!!この本は、いつもBL読む時に使っている頭の中の萌えセンサーを作動せずに、どちらかというと可愛い動物動画を見ている時の萌えセンサーを作動しながら読みました。なんていうか、攻めの高嶺さんに動物的可愛さがあるんです。なにこの、可愛い生き物は?!って興奮しました。受けの奥村に子犬のように懐く姿にとーっても心が癒されました。
また、まさお先生の描く男の子達はとても目が綺麗です。今回出てくる2人も例外でなく、とっても澄んだ綺麗な瞳を持っていました。特に高嶺の、眼鏡の奥から覗く輝いた瞳がとても印象的でした。彼の瞳が、その純粋な人柄、真面目で一途な性格をとても表していたように思いました。
物語は終始コミカルに、面白おかしく進んでいきます。奥村の恋愛に対する臆病さだけが彼らの恋の障害でしたが、高嶺の持ち前の変人パワーでなんとか乗り越えました。高嶺さん、凄いね。笑
奥村さんの高校時代からの友人、樫木さんも良いキャラでした。奥村さんのこと、とても大切に思っているんですね。男の友情も素晴らしい。そして、高嶺に振り回される樫木さん続きが可哀想です。頑張って!笑

1

不思議クンたちの純愛

まるっと一つのカプのお話です。
いつも思うのですが、
まさお三月さんのお話はレビューを書くのが難しいです。
ネタバレしない程度にあらすじを書こうと思っても、
特に大事件があるわけではないですし。
キャラがキワモノってわけでもない。
他の方のレビューを見ても「かわいい」が多いので、
「おいしい」を封印されたグルメレポーターの気分です。

営業の高峰は目が笑ってない「胡散臭い笑顔」の奴。
高峰の上司に頼まれクライアントの奥村は「友達1号」になるが。
思いのほか無防備に慕ってくる高峰に、
「独占欲」とも「庇護欲」とも違う感情が芽生えてきて‥。

高峰の「純愛」の方向も奥村の「永遠に続く関係」のとらえ方も
ツッコミどころ満載であきれるばかりですが、
他に出てくる友人(?)たちも
そろってすっとこどっこいなので、
おーよくまとまったね。と感心しかりです。
大事件もない代わりに、悪人も登場しない
ほっこりほのぼのしたお話です。

1

みんなまとめて可愛いなーもうっ!

ちょっともう…なにこれ!
高嶺さんの人慣れしてなさすぎる言動が可愛いやらおかしいやら…ちょろすぎるやらwww←
それにしても「30歳・童貞・酒も飲んだことないし、友達もいない」ってのはすさまじい。
そりゃお父さん心配するわ。
しかも想定外の行動に踏み切ってくるしwww
桐原くんが加わるとパワーアップwww
そんな時の樫木さんの呆れた顔が結構好きだった。

奥村さんは奥村さんでちょっと恋愛観がなんで最初から終わること前提なんだーΣ\(゚Д゚;)ビシッだったり。

奥村さん友人の樫木さんは最初の牽制シーンで(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…となったけど途中から好きキャラになりました。
ってか苦労性よねー。
奥村さんが知らない内に交代制で貞操守ってあげていたとかwww
本人気付いていないし!
だからこその牽制だったんだなーと思うと「お父さん…!!!」と言いたい←
くっついた後はくっついた後でお悩み相談に呼び出されてるし。
何気に面倒見よいよね。
んで毎回GPSで部下の桐原くんに居場所つかまれて高嶺さんもろとも突撃かまされるというねwww

無駄になつっこい桐原く続きんも楽しいwww

3

かわいい・楽しい・面白い

健気で可愛い攻めってそんなに食指が動かないんですが、好きな作家さんなので購入…。ですがやはりまさお三月さんはハズレがないなあ!と感心させられました。神評価に近い萌え×2です。

なんというか2人とも突っ込む所が多すぎて真面目に読むには面白すぎました。
この悩みにワンテンポすれがある所がこの作者さんの持ち味だと思っております。

知り合って、友人から淡い恋心へ発展した2人が恋人になるまでのお話なのですが、せつなかったり笑えたりやきもきしたり…。
ああでも本当に突っ込むところが多すぎます!

殆ど最初のほうで両思いなのに、そこから恋人になるまでが(何故か)難しく、それを単調にならずむしろぶっ飛んだ台詞やキャラの動向で楽しませて頂きました。
次回も絶対買おう!って思える作家さんです。

3

「友達ってこんなこともするの?」「そうだ!」

最初営業用の笑顔を張り付けたいけ好かない奴は、実はとんでもない可愛い男だった。
飲み会でビールを飲んだことがない。友達がいたことがない。もちろん恋人もいたことがない。
こんなイイ男がチェリーボーイだなんてもはやファンタジーですが、友達でもこういうことするんだって受けが攻めを言いくるめて体を触り合うのが可笑しくて可愛くて。
大人の男なのに奥村の前で子どもみたいにきらきらピュアな高嶺が愛しくて仕方なかったです。結婚指輪とか!ここまでぶっとんでいると逆に清々しい。
そして頑なな奥村が「初恋なのか?」と気づいて赤面する姿に心臓鷲掴みにされました。あと脇役の樫木と桐原がとてもいい味出してました。
やっぱりまさお三月先生の独特な登場人物と話の雰囲気大好きです!

0

かわいい!!

丸ごと一冊がひとつのストーリー。

高嶺サンがひたすらヘンな人でカワイイのかと思っていたら
奥村サンもとってもかわいい!!

とにかく高嶺さんの勘違いが面白いです。
奥村サンが、高嶺さんの事がかわいくてたまらなくなるという
その気持ちが解ります。
キュンキュン来ましたねぇw

お話自体はとってもシンプル。
モヤモヤ・イライラするところがありません^^
でも、奥村さんの”気持ち”に一捻りしてあって読み応えあります。
要所要所で、うははっ!と笑えるところもあって
読み終わったあとには「イイ!」と声に出して
言ってしまうほどw楽しめました♪

0

本当、皆可愛い!!

当たりなのは分かっていたのですが、これを読んでしまうと当分まさおさんで読む漫画がなくなってしまうなあと思って読めずにいました。
ようやく、詰んだ本から取り出して読んでみました。

な、何これ!えらい可愛いです!
話は特に事件も起きない平和な話なんですが、出てくる人が皆可愛い!
特に攻めが。
本当に心底可愛い。こんな人に懐かれたら、もう即落ちですよ。
不得手な眼鏡攻めな筈なんですが、全然気になりません。(多分なんですが、眼鏡攻め=俺様、鬼畜 なものが不得手なのかも)
過去に女性に振られまくった所為で、好きになった人と長く付き合っていたいからと高嶺くんを突き放す奥村さん。本当に大好きなのが分かっていたので、何で振ってしまうのか!と叫びたくなりました。
奥村さんがそんな後ろ向きなので何度も振られる高嶺くんでしたが、彼は純粋故に不屈の攻めでした!ブラボー!
何があっても全く折れない攻めは、between the sheetsの一瀬さんが好きですが、違うベクトルで高嶺くんも彼に匹敵する不屈っぷりでした。

もしかして、当て馬かな?と思った奥村さんの友人も実は全くそんな事も続きなく、空気読めない後輩と共にえらい可愛かったです。

感動とか切ないとかそういった類いではないですが、100%萌えで本当たまらないです。
まさおさんの著作では、一番「もう一息で愛」が好きでしたが、これも並ぶくらい好きです。

ああ、矢張り、まさおさんの著作を、これからは詰まないですぐ読む事にします!
本当、自分のツボがほぼ詰まっているので、癒されます。

2

なんって可愛い30代なんだ!!

知らない間にまさお先生の新刊が出ておりまして、シュバッとものすごい勢いで発売後に即購入したものの、ずっと本棚にしまったまま存在を忘れておりやっと読めた1冊だったのですが…やはり、やはりまさお先生!あなたの作品が大好きだーっ!と愛を叫びたくなるほど(気持ち悪い)またまた素敵な作品でした!
読むのを忘れていたくせに…!と自分でツッコみつつも、前作「望むべくもない」からなかなか早いペースでまさお先生の新刊を目にすることができ嬉しいかぎりです♪
「望むべくもない」に続き、1冊まるまる同じカップルのお話でたっぷり堪能することができます。
そして「望むべくもない」のドラマCD発売も決定し、声優さんは篠元が寺島拓篤さん、住善が鳥海浩輔さんという素敵な組み合わせです。
これは買わずにはいられない!!

広告代理店の営業・高嶺(攻め)とデザイナーの奥村(受け)は仕事で組むことになり、奥村から見た高嶺の第一印象は「胡散臭い笑顔」
高嶺の社内での評判もあまり良くないと知りますが、面倒見のいい奥村は高嶺の上司から鍛えてやってほしいと頼まれます。
仕事終わりに高嶺を飲みに誘った奥村は、そこで高嶺続きの意外な一面を知ることになります。30歳男性でありながら、実はお酒を飲んだことがない、人付き合いが苦手で…と友人と呼べる者がいないと言うのです。
高嶺の純粋で素直な素顔を知った奥村は、「俺と友達になりませんか?」と声をかけます。そこからまるで大型犬が尻尾を振るように懐かれ、2人はどんどん仲良くなりますが―――

高嶺が!めちゃくちゃ可愛いのです!!
こんな30代どこに残っているんですか!というぐらい純粋で素直で可愛いのです。
高嶺の純粋犬っぷりに何度萌え転がったことか!!
高嶺にとっては奥村は初めての友人。友達の距離、関係もあまり分からず、奥村に言われた通り信じて喜んで。
こんなに近い距離は特に仲いい場合に限るんだ、と奥村に言われ輝いて喜ぶ姿は三十路男子とは思えないほどの可愛さ!
そして、友人と恋人の線引きは高嶺曰く「キスをしたら恋人」という認識に。
そんな高嶺も、奥村と接していくうちに仕事面、対人面でも成長が見られいい方向に進んでいきます。

一方奥村は、可愛い高嶺に懐かれ好意を持ちますが、本人は片想いと大決定。どうせ告げても玉砕が目に見えてるし、高嶺を失望させるよりも自分が片想いに堪えた方がマシだと最初から諦めモードです。
奥村の恋愛観は基本が「付き合ったらどうせ別れる」なので、両想いとなっても
付き合うことにはなかなかなりません。別れて縁が切れるぐらいなら、友達のままがいい。そんな奥村と高嶺はもう両想いとわかりきっているのになかなか恋人にはならない2人、うーんじれったい!!
でも高嶺の一途攻撃が、真剣そのものの高嶺には申し訳ないのですが面白いのです。
給料3ヶ月分の指輪を用意したり、友達になった桐原(奥村の友人・樫木の部下)にデートプランを教えてもらってそのまま素直に実行したり…
まっすぐで一途な高嶺を見ていると、頑張れ頑張れと微笑ましい気持ちになります。

じっくりじっくり時間をかけて1冊読み終わり、大満足な気持ちでまた読み直しました。
まさお先生の作品は線の細いシンプルな絵柄も素敵ですし、なんと言ってもじわじわ~っとくる萌えがあり、何度も読みたくなるのです! まさお先生の次回作もとっても楽しみです♪♪

4

血統書つき無垢無垢(ムックムク)の大型犬登場!

G(グイグイ)P(ピュアに)S(攻めます)!

デザイナー:奥村(受)は仕事で組むことになった広告代理店の高嶺(攻)と飲みに行き、そこで彼が友達0+飲酒経験0という筋金入りの世間知らずだと知ります。
第一印象が良くなかった高嶺は話してみれば素直で不器用な可愛いヤツで面倒を見てたら懐かれて…という展開。

初めての友だち付き合いに初々しい反応が可愛い年下と経験&対人スキルが高い分、余裕を見せる年上の組合せ。

世間知らずが過ぎて、ある意味子どもな高嶺が迷いもせず好きな人に体当たりする姿が清々しいです。
あれこれ理由をつけて自分の気持ちからも相手の拒絶からも逃げたりしない。
自分の想いを錯覚だと言われても、自分なりに一生懸命、解決策を考えて相手に伝える。
奥村も高嶺の仕事面を評価していましたが、彼の真摯な姿勢が生んだものなのかもしれません。

犬というより猪並みの突進ぶりは普通ならウザい!となる私ですが高嶺の時にトンチキと思える真っ直ぐさがいじらしく思えます。
そんな高嶺に奥村も絆されるのではなく臆病を捨てて自ら高嶺の胸に飛び込めて良かったー!

最初は奥村が高嶺を育てている感じなのに、い続きつしか終わる事を恐れて踏み込んだ関係を築けない奥村を高嶺が導く感じにシフトチェンジ。
自分の気持ちに悪あがきする奥村を高嶺が抱えあげる場面、カッコイイー!

わんこ成長期&初恋同士を終始、クスクスと笑いながら読めました!

しかし、この作品の立役者は脇役の樫木と桐原だと思うのですよ。
私もGPS駆使して4人の飲み会に乱入したい(笑)
【その後】でボヤキからツッコミと変化した樫木の口撃にメゲて奥村に抱きつき助けを求める高嶺ともらい泣きする桐原がイイ味を出してます!

彼らに振りまわされ、いつも頭抱えたり呆けて白目顔になってる樫木にも幸せになってほしいww
独り身設定はスピンオフのフラグですか?

そしてエチもガッツリで良かったー!
質感のあるムッチリなオシリがエロかったです。
半脱げケツも、丸出しでのしかかり気味のナマケツも色っぽくてイイ!

ゴムを買ったと言う高嶺に「いい子だな」って笑う会話にゴロゴロ床ローリング萌え~。
まさお三月さん、集めてみようと思います!


3

絵、変わった?

まさお三月さんのコミックス読んだの久しぶりかも。
なんだかとっても絵がきれいになったような、
しっかりきれいなお顔のアップと、省略が効いた引きの絵と、画面のバランスがよくてとても読みやすい。
お話の展開も、
いけ好かないと思っていた仕事相手が、実は対人スキルが未発達なだけの素直な子で、構っているうちにいつしか庇護欲が独占欲、恋愛感情に?
そしてうっかり目覚めさせてしまったひな鳥は、実はねばり強い猛禽類でした。
って言う、
キュンと来るキメ台詞が効果的にちりばめられた、無理なくメリハリのきいたわかりやすいストーリー。
サブキャラの樫木や桐原もいい味してるし、、、
アレ?
なんで神じゃないんだろ?

1

今回もじわ~っとキタ!!

仕事で初対面の相手に好印象を持っていなかったけれど
知れば知るほど相手を気にして好きになって最終的には結ばれて…なんですが
そこに行きつくまでの心情とか、読んでてお節介焼きたくなったよ(笑)

上辺だけの笑顔で対応してくる高嶺。
実は昔から友達が1人もおらず、相手とどう接していいのかが解らない。
それも超が付くほど箱入りだったのかよ!!と思うほどに。
まぁ大きな会社の御曹司なのであながち間違いではないけれど…
なので自分の初めての友達となった奥村にとにかく懐く。
そしてもちろん特別な感情を持ってきて、なんだかんだで体を繋げちゃうのですが
その後、奥村の方が引いてしまうんですよね。

だけど高嶺はあきらめずに口説いてくる。
でも素直に受け入れられない奥村。
その理由がよくあるパターンなのですが
付き合えば別れがあるけど、友達なら一生続く…のような
まぁ、今までいろんな人とは付き合ってきた奥村だけど
奥村にとっての初恋も高嶺だったと!!

だったらハッピーエンドじゃないかと思うんだけれど
なかなか気持ちに踏ん切りがつかない奥村が最後は高嶺より子供に見続きえて可愛かった。
で、やっとこさ本当にハッピーエンドで終わるのですが
この2人だけだとここまで面白くなかったと思うんだわ。

間に入ってくれた2人のキャラがいるんだけど
(なんだか怪しいのよ(今のところは何もないけどね)…フフ)
相談にのってくれたり、お節介焼いてくれたりの行動がね、結構笑える!!

2

心から祝福したい。

まさお三月さん好きです。
イラストではなくストーリーが好きです。

目がいつも怖くて読む時に
未だひっかかるのですが
今回の表紙のような、目の動きは
好きです。

仕事を一緒にすることになった2人のお話。

仕事はできるが人付き合いができなくて、それを必要とも感じていない男。高嶺くん。
品のあるスーツにスマートな立ち振る舞い、端正な顔立ち。
仕事も的確で無駄がない。

ただ人を寄せ付けない踏み込ませない何かがある。

そんな高嶺と仕事で組むことになったデザイナーの奥村は彼を食事に誘う。
想像していなかった高嶺の立ち振る舞いに、いつのまにか恋をしてしまう。

ここまでならば、なるほどな。
な展開なのですが、
ぐっときたのは、
奥村が高嶺の気持ちを受け入れられない理由。

別れたくない程好き。そう思うが故の拒みとそれを吐露してもなお、キョトンとした顔で
解決の方法わかりましたよと
笑顔になる高嶺。

バタつく奥村を担ぎ上げて
隣人と挨拶をする高嶺。

このシーンで涙涙でした・・・

恋人はキスをする・・・
じゃ、愛し合うも続きのは
キスできないの?と
悲しくなる高嶺に嬉し泣きでした。

お幸せにw

2

良かった。

まさお三月先生のお話は、派手さはないけどじわじわきます。
線が細いので華奢な身体かと思いきや、なかなか男らしい身体でそこがエロかったりします。
気持ち良さそうな顔もエロくて好きです。
毎回そこが楽しみだったりします。
今回まるまる一冊なお話なので読み応えがありました。
書いてるうちにまた読みたくなってきたー。

1

地味スキーのアンテナにビビッとw

まさおさん……。
上がり下がりが無いのが味だと思ってます(と言ったら失礼にあたるのかしら)
どちらかと言うと、背景を描き込んでいらっしゃるでもなく、
シンプルすぎる紙面ですけれどもそこが淡々と進む物語と相まって
まさおさんテイストの相乗効果といいますか。

驚く、喜ぶ、悲しむ、欲情する表情の丁寧さと
徐々に動かされていく感情と葛藤。
奥村がノンケだったはずなのに
意外とあっさり触りっこできたのはさておいてw
三十路になって何も知らないまっさらな高嶺に
あれこれ世話をやくうちに情が移ってしまうのはわかる気がしました。
素直になんでもそのまま受け取ってくれるなら、
可愛くないわけがないですもの!

でも「始まれば終わる。終わらないために、始めなければいいだけ」と
頑なに恋人同士になりたがらない奥村の気持ちも
わからないわけではなかったのですが所詮悪あがきです!!(それ言っちゃう?)
世間離れした高嶺の必死のアプローチにほだされるし
(奥村の同級生の樫木の部下・桐原に助言を受けてw)
いとこの娘さんを預かった高嶺に
父親像を見て苦しくなったり……。
続き
逃げ出したくなって別れを切り出し、さっさと帰ろうとする奥村!
なんて臆病なんだーー!!
そこで男らしさを発揮し、抱えあげる高嶺。良かった、君で。
恋じゃなくて愛ならいいでしょ、なんて
ひたむきさと純粋さに涙が出て来ました…。
自分の気持ちを押し付けるだけじゃなく、
ちゃんと奥村の事を考えての言動はやっぱり愛だ!!
ここまで想われたら年貢の納め時だね!!(←?)

樫木と桐原、常識人とちょっと弾けた理解のある若人、
まさおさんのお描きになる脇はいい味出してて和みます。
樫木に対抗心を燃やす高嶺がまたいじらしい!!
そういうんじゃないってのに!!w
でもたぶん、そのくらいの起爆剤がないと頑張れなかったかもだし
そういう意味でも奥村は良い友人を持ったんじゃないかな。

描き下ろしの『その後』、
飲み屋で奥村、高嶺、桐原の三人に悪者にされる樫木が気の毒でしたがw
またジェラる高嶺を効き目のある一言で納得させる奥村の愛。すげー。
そしてベッドでしかしなかったのに風呂場でヤるスキルまで身につけた!!w
自分で育てた感ってたまんないだろうなーww

そしてやはり樫木の嘆きでおしまい!!w
樫木、メゲるな!!

素直でまっすぐな愛情、素直に受け止められない葛藤、
いつだってきっと一生懸命な気持ちは届くのですね。
いちいち高嶺の言動に吹き出す奥村が可愛かったです!
私は地味さが一番じわじわ効いてくるような気がしますw

4

面白いけど、地味度が増している…?

まさお三月さんの本、
インパクトや派手さはないけれど、丁寧にゆっくりと描かれる感じが好きです。
ということで、
前から地味系な本ではあると思っていましたが、
にしても、なんだか地味度が…増しているような…
他の三月さんの本と見比べてみて、気のせいではない気がします…w
今までの本より、
絵から、格好いいとか、キレイとかの要素が減っているような…(主観です)。

でも、その分キャラクターの、
内面、ちょっとした仕草、言動などの魅力が引き立っているようにも感じました。
そして今回は、
攻めのキャラの意外性がかなり可笑しくて、味のある友人たちとの絡みもよくて、
とても楽しい1冊でした。


目が笑ってなくて「 胡散臭い笑顔 」の、いけ好かない仕事相手。
でも、一歩近づいてみると、
素直で不器用なだけなんだと分かって、それがとても可愛く感じられてくる。
そして相手(攻め)が、
あまりに世間知らずなのをいいことに(今年30の大人なんですけどねw)、
単なる友達の枠にとどまらず、ナニの触り合っこまでしてしまって。
でも、攻めは、
本当~~に世間知らずで続き、友達ではそれが普通と思い込んでしまって!w

ちょっと変わった友情関係から、徐々にくっついていくのかな~と思いきや、
心配性な受けの友達の登場で空気が変化。
自分の気持ちに気付いた攻めは、いきなり受けにキス、
そのまま「してみる?」と受けが誘ってセックス。
そして翌朝は、攻めからの「特別になりたい…好きです」という告白。
あら、意外とアッサリくっつくのね~と思ったら、
受けは攻めを好きなはずなのに「……友達じゃ、だめか?」と……。


恋人にはなりたくない…という受けの気持ちが、
ちょっと自分にはしっくりこなくて、もう少し深く描いてくれたら嬉しかったなぁと。
そこが若干ですが残念な気がしました。
でも攻めの、
告白を断られたのに3ヶ月後に指輪を持ってプロポーズとか、
受けを落としちゃう真っ直ぐなセリフとか、
なんだか可笑しいのにグッともキて、その同時具合が堪らなくもありました。


萌え×2か萌えか迷ったのですが、
攻めの外見がいかにも「いい人~」という感じで、自分の好みとは真反対なので、
この評価に☆
でも、地味メガネ好きの方には堪らないかもしれませんよ~。

5

恋がだめなら愛があるじゃないか!

思わず萌え転がった!!
ん、もうっ、何だよ~!っていう程に登場人物のキャラクターがいいのです。
いや、これ両想いでしょ?これってラブラブっていうんじゃないの?
ところがどっこい!雛の刷り込みのような大きなワンコの天然具合と
対人スキルの先輩だったはずの男の実は天然?な事実と
その友達も登場して、とても愉快なすれ違いと思いこみ展開はストーリーも面白いのだが、キャラクターが冴えてます♪


デザイナーの奥村は仕事で一緒になった広告代理店の男・高嶺の同僚から、人間関係がへたくそで難点だから担当の間だけでも指導してやってくれる?と頼まれる。
面倒見の良い奥村は、仕事の時に高嶺を飲みに誘うのです・・・
付き合いも接待もしたことがない、お酒も飲んだことがない、友人と呼べる人がいたことない。
仕事では時折支障がでるが私生活でも問題ないので気にしてないという高嶺に唖然とする奥村だったが、初めて見せる心からの笑顔に思わずカワイイと思い、それから友達になることにする。

実はこの高嶺の最初の登場で笑顔がおかしいというのは、何となく目が笑ってないということだろうと思うが、人との付き続き合いで支障が出るほどの対人スキルのなさ、という面の表現がなかったので、仕事に支障がでるほどのという、そういう描写がないのがちょっと惜しかったのです。
なぜなら、割と最初の段階で奥村と友人になってしまい、それからの高嶺は奥村と一緒にいるからかもしれないが、世間一般の普通の事を知らなくて、まるでヒナドリのようで、奥村でなくてもカワイイからです(汗)
本当は奥村のちょっと下心もあるのだけれど、言う事を信じて、その通りにする。
仲の良い友達と限度を超える一線はキスと聞いて、肝心の中盤部の盛り上がりシーンでそれが効果的に発動されるシーンなんかもう身もだえしちゃった!
キスをしたから、その勢いで奥村がエッチに誘ったからもう恋人だよね、って思ったのに、奥村に友達じゃダメか?と言われ彼がとった行動!
素直でいいじゃないか~!!(詳しくは本誌にてw)
素直なのはいいことだよ、ウソがないんだもんv

そして、奥村です。
決して高嶺を弄んでいるわけじゃないんです。
何と言っても、早々にかわいいと思い、そして彼が奥村と付き合うことで変化があらわれて社内の女子にも声をかけられるようになったと聞いた時に、すでに独占欲をもってしまうからです。
そして酔ったのをいいことに彼の家に押しかけて、友人だったら普通するよ、とウソをついて高嶺をだましちゃうのですからw
早いうちから恋愛感情だってわかってるのに、じゃあどうして上手くいかないの?
エッチもしたのに友達にこだわるの?

そこで、奥村の友人樫木と、その部下の桐原がいい登場の仕方と影響と働きをするのですよ♪
笑えるのは、お調子者っぽい桐原が高嶺の恋愛相談の相手になっていること(笑)
これのせいで、高嶺がビックリする行動にでるのですから~v
樫木のおかげで初めて知った自分自身。
たしかに人当たりがよくて面倒見がよくて、誰からも好かれる奥村なのかもしれないけれど、どうして一人の人になるとダメなのか?
付き合った彼女達とは付き合うことができるのに、高嶺にだけは別れるのが怖いとおもうのか?
ふっふっふ、、、奥村も自分に関しては天然ちゃんだったのね☆
ちょっと感動したのが、奥村に高嶺が、恋愛だと終わりがあって怖いなら、愛しあえばいいじゃないか、と言った言葉です♪
まるで子供のようだけど、これが百戦錬磨のスーパー攻め様が言ったら嫌味だけど、天然の高嶺が言うから重みがあるのですよね。

描き下ろしの【その後】の話しも、主人公カプと一緒に何故か樫木と桐原も一緒に登場して愉快な関係を見せてくれます。
今まで何も知らない高嶺だったから、元は頭の良い人だから色々な成長が早いようですw


ちょっと作家さんの絵が変わったような感じがします。
何か変えたのかな?
それにしても、楽しいお話でした♪

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ