私立滝沢高校生徒会

shiritsu takizawakoukou seitokai

私立滝沢高校生徒会
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
作品演出・監督
是安浩二
音楽
佐藤啓
脚本
ASKY
原画・イラスト
ASKY
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ジャランインターナショナル
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

海岸沿いの高台にある名門私立滝沢高校。そこで出会った智、よしき、恵介、直輝。個性あふれる4人の織りなす愛と友情のオムニバスストーリー。早春の風薫る4月の出会いから、それぞれの思いが成就するまでのストーリーに加えて、今回なんと「あの」番外編が登場!

表題作 私立滝沢高校生徒会

藤本恵介 → 森川智之

曽根直輝 → 結城比呂(現:優希比呂)

大沢智 → 古澤徹

佐々原よしき → 三木眞一郎

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ダイジェスト版のような…。

原作は一応既読になるのかな。
ですが、もうそれはそれは遠い昔の話なので今回このCDを改めて聞くにあたっては未読と同じ勢い(苦笑)
どこまで読んだかも記憶がないです(爆)
CDも遠い昔に聞いたことはあったのですが、記憶に残っていたのは智が「よしき先輩」」って言ってることくらいでした(爆)
だって、仕方ないですよね。
CD発売されたの1995年なんだもん(←おそらくその頃に聞いてた)
お話は現在のCPになった人たちが自分たちの馴れ初めとか思い出を回想する感じのオムニバス。
なので、要所?要所?が少しずつ語られる感じでえちシーンもガッツリ感はないし、ある意味、ちゃんと読みたくなる感じ(原作はちゃんとじっくり描かれている)
恵介×直輝編の方は正直、今聞くとちょっと直輝がウザい感じかも。
じゃじゃ馬ならし的な感じもあるCPなんですが。
古い作品だからってのもあるけど、キャストの声が若いです!(笑)
森川さんの第一声から物語は始まるんだけど、もう聞いた瞬間「若っ!」ってなります(笑)
比呂さん(結城さん)の直輝はなんとなくギャンギャン吠えてるようなイメージかも。
一方の智続き×よしき編。
こちらの方が聞きやすいと思うのは好きなキャストが演じてるからでしょうか?
まぁ、もちろんそれもあるとは思うんですけども。
お話の感じがこっちの方が好きだからかな。
よしき役の三木さんも当然ながら声が若いです!
そして、今よりもクセがない感じがする。
それは芸歴のせいなのか高校生を演じるという演じ方の差なのかはわからないけど。
なんていうか、「さわやか」な印象(笑)
なかなかかわいいです。
個人的には智の第一印象の件でいじけた智にオロオロするよしきがかわいかったです。
古い作品だからいろいろ古くさく感じるようなところもあるけどなんだか懐かしい気分で聞けました(笑)

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ