俺と、結婚してくれないか

初恋フィアンセ

hatukoi fiance

初恋フィアンセ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
17
評価数
7件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773086775

あらすじ

幼かった利久は事件に巻き込まれ、傷心のまま日本を離れることになる。八年後、帰国した利久が向かったのは、事件のせいで連絡が取れず白紙となった元婚約者の屋敷だった。だが、現れたのは彼女の兄・義直。穏やかだった昔の面影はなく厳しい表情の義直は、謝ろうとした利久に「自分の会社で働け」と命令する。理不尽な命令に戸惑いながらも、喜んでしまいそうになる利久の心。何故なら、本当に好きだったのは義直だったから。決して伝えられない思いを抑えつつ、傍にいられることに淡い幸せを感じていた利久に、再び事件の魔の手が忍び寄り……。

表題作初恋フィアンセ

周防院義直,周防院家の当主で社長.28歳
有馬利久,周防院社長の秘書見習い,18歳

その他の収録作品

  • 花嫁は嫉妬する
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

可愛いけど幼い……。

受けの利久が強気で健気で可愛いけど、幼すぎます。

10歳の時に誘拐されて性的ないたずらまでされて、厳格な祖父に海外に留学させれてしまうんだけど……寂しさから一人で寝れなくてアメリカ人の祖母と一緒に寝て、おやすみのキスまでしてくれる。
誘拐や両親から引き離されたそのことが精神的なダメージを与えてるのはわかるんだけど、18歳になってもそれが続いてるのは幼すぎます。

最後の方で利久も一人で眠れるようになりたいと言っていたからあれなんですけど……。

甘々で扉の前で寝ちゃう利久は可愛いけどね。でも、中立かな。

0

あまあま

事件て何だよ!?と気になり、怖い感じのものかと思ったのですが、
しょっぱなからけっこうあまあまでビックリしました。
自分の思い込みだったんですが(;´Д`)

昔から両想いだったようで、あま~い生活がはじまります。
事件がらみの件は、トラウマがらみでかわいそうですが
おかげで甘く夜を迎えられましたw
20前後の男子がくまさん押しなのが気になりますが
トラウマの助けということで納得しておきますw

軽めに読めてよかったと思います

0

相愛再会もの

書籍の帯に義兄になるひとなんて書いてあるから禁忌的な雰囲気があるかと
読みはじめたら溺愛型の甘い相愛ものに名家の陰謀をプラスしたお話でした。
有馬家と周防院家、双方にメリットがあると言う理由から政略結婚みたいに
有馬家の次男の利久と周防院家のお嬢様との婚約パーティーが8年前にあり、
政略結婚とは思えない程、利久とお嬢様は仲良し、更にその兄の義直にも利久は
懐いていて、3人で婚約できればいいと真面目に言うくらい利久はは義直が好き。

10才の初恋みたいなお話なのですが、義直も歳の離れた義弟になる予定の
利久に庇護欲を掻き立てられ、愛情を感じているような流れで、妹も応援してる感じ。
そんな幸せな雰囲気が利久の誘拐騒ぎで突然全てが終わってしまう。
利久の婚約は一方的に破棄され、事情も話せぬまま周防院家兄妹から一人海外に
引き離された利久は、誘拐の時のトラウマを懸命に克服している話でもあります。

利久は8年も音信不通になってしまった周防院家兄妹に恨まれていると思っていて、
婚約破棄になった理由の説明をするのが目的だと思い込んで帰国。
しかし、実は水面下で不穏な動続ききが再び始まっている、そんな内容でした。
読み終わって思ったのは利久には何も責任が無いどころか周防院家のお家騒動に
巻き込まれた被害者じゃないですかとツッコんでしまいます。
それでもちょっとした擦れ違いや誤解はあるのですが、甘い溺愛型のラブでした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ