銀河級桃色テクニシャン

gingakyu momoiro technician

銀河級桃色テクニシャン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
22
評価数
5件
平均
4.4 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775521250

あらすじ

やんごとなきマッサージチェアと、その癒しテクに翻弄されるツンツン社長の、意地とプライドを賭けた快感ヒーリングバトル!

表題作銀河級桃色テクニシャン

按摩星ラクタニア王国の王子 クリス
肩こり持ちのワンマン社長 夏海 

その他の収録作品

  • 南国テクニシャン
  • その頃のアシオ
  • 籠絡テクニシャン
  • おまけ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

肩とか疲れてます。クリスが欲しいです。

するっと一読して読みなおして本棚のアクセサリになってたんですが、
改めて読み直してはまりました。いや、ここんところ四十肩で…(ノД`)

まず「デフォルトの格好がマッサージチェア」という所がすっ飛んだ本ですよね。
それゆえに人に頼るとかもってのほかな性格で、バリバリに硬い夏海が
ふっと隙を作った状態で座ったところが縁のつき。

癒すこと自体が究極の命題と言うふしぎーな星から来たクリスに
とにかく癒したいのだという自分勝手な欲望の元、肩だけでなく尻の穴までほぐされまくってしまう。
でも本当に自分が共感してしまったのは、そのオレサマなクリスにおつきになるアシバさんなわけで。
早く帰りたい、でも帰ろうとしない、帰れない原因の夏海にイラつくけどちょっとした気遣いに一気にメロメロになってしまい・・・な苦労性そのものな彼が好きです。

まぁ総じていえば、
「マッサージチェアを常置できる場所がないからこんな王子に来てほしい」
つうわけで、発想のみで神です。

2

テクニック、だけじゃないんです

導入部を読んで江戸川乱歩さんの作品を
思い出してしまったのはここだけの秘密と
言う事でなにとぞご内密にお願いします。

作者さん直々のツイッター上の宣伝が縁と
なって手に取った作品でしたが、見事綺麗に
おさまった物語ですね。
設定だけ見るとネタにかなり近いので
拒否反応を起こされる方もおいでかも
知れませんが、物語と人物が丁寧に描かれて
いるので最終的に設定の勝利になっております。
強いて難を挙げれば主演及び助演キャラクターが
10歳は若く見えてしまうと言う点ですが、
そこはBLのお約束という事で。

2

凝りをほぐして侵略完了☆

この表紙と題名だけだったら手を出さなかったのですが、あらすじに宇宙人なのか!?
と興味がわき手にとった一冊。
この本、設定勝ちです!!
なんといっても宇宙人がマッサージチェアの擬人化?
按摩星ラクタニア王国第三王子:アン=ラ=クリス=ラクタニア
アンラクリスになってるけど、安楽椅子だよね(爆)
「ようこそわが膝へ、貴様のその肩この私がキレイさっぱり楽にしてやろう~!」

ワンマンで弱味を見せないワーカホリックの会社社長夏海は、誰にも知られず疲れを癒そうと温泉を訪れるのだが、そこに現れたのがこのクリス!
惑星間移動のワープに失敗して地球に不時着、船は壊れて帰るすべがないところ、旅館の人が見つけて温泉宿にやってきたという経緯。
超意地っ張りで素直でない夏海が一言「気持ちいい」と言わなかった為にセクハラという癒しをされて、会社までおいかけられて、しかも家にまでついてきちゃう。
おまけに足マッサージャーの秘書:カイテ=ン=アシオ=キバ(爆笑)まで付いてきちゃって♪という、ドタバタヒーリングファンタジー(?)

マッサージチェアが俺様って~!
最初に指を尻に突っ込んだ続き時、バイブがかかってたんですよvさすがマッサージチェアw
ならチ○コも勿論!と思ったら本編中ではバイブ機能はその最初だけで、おまけでアシオに突っ込まれてました(笑)

本編中でもとうとう「気持ちいい」を言わなかった為か描き下ろしが大量にあって、ラストでやっとなんですが、凝りがほぐされているせいか、ワンマンで傲慢な夏海の性格が変わって、人当たりが優しくなるという効果が!
そして、お礼を言おうとして、アシオには言えるのだけどクリスには恥ずかしくて言えなくて~ならお礼は身体で・・・って♪

すごくドタバタしてる感じなんだけど、全然散漫じゃなくて3人3様のキャラが立っていてすごく楽しめました☆
宇宙人がマッサージチェアなんて、斬新でしたワ!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ