初回限定ミニ小冊子「KISS 三村と片桐Ver.」

kiss mimura to katagiri ver.

初回限定ミニ小冊子「KISS 三村と片桐Ver.」
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
40
評価数
9件
平均
4.4 / 5
神率
44.4%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
海王社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
腹ペコ蜘蛛と長い階段

あらすじ

「腹ペコ蜘蛛と長い階段」「三村と片桐のつれづれ。」2冊同時発売記念 初回限定小冊子。
三村と片桐のKISSにまつわるエピソード

表題作初回限定ミニ小冊子「KISS 三村と片桐Ver.」

同棲中の恋人で会社員 片桐司
15年来の恋人で会社員 三村一朗

評価・レビューする

レビュー投稿数4

素敵なミニ小冊子!!

これはコミックス本編をお気に召した方々には
是が非でも読んでいただきたいです!!!

高校時代の純でキスにまだ不慣れな二人が
夏休みの書道部の部室っていう場所でもう萌えて
オスの顔で「舌入れたい」って迫る片桐に
戸惑いながら自らも興奮してしまう三村が…もう…本当にエロ可愛!!!

15年経って、お互い新鮮さは失われても
その分の愛情と身に馴染んだ肌、唇には
誰だってきっと入り込めないでしょうね…。
だから、ペペロンチーノを食べた後でも
沢山キスして愛をまた確かめ合って欲しいと思いましたw
たぶんするんでしょうけれど☆

あ、いっそあのキスで火がついて
お昼ご飯前に一戦交えちゃったり、なんてね!!
妄想するだけでもまた幸せな気持ちになれる
高濃度ラブのミニ小冊子でした♪

3

お前じゃないと

やっぱり~片桐って、おっさんくさくてダラダラしてるけど、これって三村に甘えてるんだよね♪
そして15年も一緒にいるから、三村の事は何でもお見通しなんだよね♪
だから三村もずっとずっと片桐が好きなんだよね♪
そんな、甘い甘い「KISS」のエピソードに、こちらが恥ずかしくなるよな、う~ん、もうっ!!って見悶えるような時間をもらいました。

初めてのキスは片桐と。
5回の軽いキスのあと、初めて見せた雄の顔をした片桐からされたエロいキス。
晴れた暑い夏空はその時を思い出させる。
三村は、片桐以外とはキスしたことがないから、これからも片桐以外とはしないという、ツンデレな三村の深い愛情を見させてもらいました☆
・・・ごちそうさま・・・

4

変わらない気持ち。

サッカー部の昼休憩時間で、
片桐からはうっすらと汗の匂いがした…夏の日。

三村と片桐は
はじめて舌を入れるキスをした。
はじめての、エロいキス。

欲情を向けられて、幸福と興奮を覚えたことを、
三村は15年経った今でも忘れてはいない。


「洗濯物くらい取り込めよ」
片桐に文句を言いながらも、
あの日と同じような夏の空を見つめて、
「キスしたくなるなぁ」
そう思って下唇を指でむにむに触っていると、
んちゅ♡
いきなり片桐からのキス。
「キスしてほしかったんじゃないの?」と。

結構ニブイ片桐だけど、
分かっていることもいっぱいあるのね。
きっと今も三村のことを、ちゃんと見ている証拠だね。
そんな片桐を、顔を赤くして見つめる三村がとても可愛い。


はじめて舌を絡めてキスした時も、
15年後、
なんてことない平和な休日に交わしたキスの時も、
三村が感じたのは同じこと。

「キス、お前以外とじゃ……」

ふたりの間には、
変わらない、揺るがない気持ちが、いっぱいあるのね。

幸せな午後のふたりを見て、
こっちまで幸続きせな気持ちで満たされます~。


洗濯物の取り込みはやらなかったけど、
お昼ごはんは作ってくれるんだね、片桐優しい~。
手の込んだパスタじゃなくて、
ペペロンチーノってところが、なんだか片桐らしい感じw


また三村と片桐の日常を、垣間見る機会があるといいなぁ。

3

KISS

初恋でファーストキス♪
『三村と片桐のつれづれ。』を読み終わってからこの小冊子を是非!

夏休み後半 書道部の部室
触れるだけのキスが5回を数えた時
片桐の顔が突然オスになった

30年以上の人生で
片桐以外と
キスをした事がない

息継ぎも
タイミングも

舌の絡め方も
全部

2人で
覚えてきたから

多分

やっぱり

その後のラストの一言が(そこはネタバレ出来ません。さすがに)
とってもステキなんですよ。

是非『ミニ小冊子付き』で倫敦巴里子先生『腹ペコ蜘蛛と長い階段』『三村と片桐のつれづれ。』2冊一気にドーンと!!
後悔しないです。
2人のアツアツぶりにヘロンへロンになりますよ~。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ