「碧のかたみ」ちるちるオリジナル特典ペーパー

ao no katami

「碧のかたみ」ちるちるオリジナル特典ペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
蒼竜社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
碧のかたみ

あらすじ

「すみません、うちの操縦員が。~カメとプロペラ~」
淡雪の話からそれを作るのだと寒天になる海藻を探すという恒に、卵の調達を依頼された六郎

イラスト牧:碧のかたみのイラストラフ集

表題作「碧のかたみ」ちるちるオリジナル特典ペーパー

恒とペアの偵察員 厚谷六郎
戦闘機の操縦士 琴平恒

評価・レビューする

レビュー投稿数1

六郎は恒にメロメロ

こちらは、販売店(ちるちる)限定の特典ペーパー。
出版社特典とは違った話が載っているので、こうしたエピソードは本編を補完するのに更に役立つような気がします。
題名が【すみません、うちの操縦員が。~カメとプロペラ~】
~以降は置いておいて、この前についた”すみません、うちの操縦員が”って何だか六郎がおかんみたいでありません?
やんちゃ坊な息子・恒のしでかすことに謝ってるみたいな(笑)誰に謝っているかというと、カメ!?なのかなw

本編の中で恒が波打ち際の波の泡を見て泡雪みたいだと言ったシーンがありました。
それは彼の故郷を思いださせるものだったのだと思うのですが…
恒が淡雪をつくるから寒天の材料になる海藻を探すのだと海にいる。
六郎は泡雪といったら緑だろ!と恒に言われその色の材料になる何と!「虫」の採集を命じられるのです。
泡雪に対するこだわりだと思いますが、虫って・・・汗、、、そして六郎がそれをしているシーンがきっと虫耐性のない方には・・・うもうもうも・・・潰すところまでなかったのが幸いでしたw
さて、お次は卵です!
卵白を泡立てて作るのですから必須品。だけど軍続きのものを使うわけにはいかないのでこれも自家調達せねばならくて、
そこで思いついたのが亀の卵。
それを見つけて恒が割ろうとすると、出てきたのは小さな亀の赤ちゃん。
小さな鰭をパタパタさせて、それが恒には飛行機のプロペラに見えて~
やっぱり飛行機が大好きな恒らしく亀に名前をつけて結局海にもどしてやる。
そして泡雪作りは寒天もとれなかったことから流れてしまうのですが。。。
戦場まっただ中の島での穏やかな、まるで子供の遊びみたいな二人の姿が、
恒に振り回されながらも言う通りにしている六郎が、まさにペアだよね♪と思わせるいいエピソードだったと思います。
カラっとした楽しさの中にどことなく郷愁を匂わせて、切なさもあるような。

そして裏面はイラストを担当した牧さんのラフ画が載っています。
六郎のキャラ決定前の候補4種。
恒のキャラ決定前の候補4種。
そして表紙の候補ラフなど。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ