アパートで愛おしい君が泣く

apart de itooshii kimi ga naku

アパートで愛おしい君が泣く
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
グループ・ゼロ
シリーズ
発売日
ISBN

あらすじ

撮影所で美術の下働きを続ける石川。ある日、新人タレントの伊加味が話しかけて来た。「俺、今日死ぬんだ」……それ以降、空き時間のたび伊加味に話しかけられるようになるが……。※男子上等! vol.2掲載作品。

表題作アパートで愛おしい君が泣く

撮影所の下っ端美術係 石川保
無愛想な新人役者 伊加味

評価・レビューする

レビュー投稿数2

侘しさの正体

ミニシアター系の邦画を思わせる独特な雰囲気の作品。
暗く静謐、それでいて濃く激しい情のようなものは
そこかしこに燻っていて、37ページの短編ながら
鮮烈な印象を残します。

美術スタッフの石川と若手役者の伊加味。
(石川が敬語だから年下攻でしょうか。)
地味で暗くて仕事での立場も弱い二人は
似た者同士仲良くなり、伊加味が石川のアパートに転がり込む。
しかし、徐々に伊加味が売れ始め、
石川は言葉にならない焦燥や寂しさを覚え始め…。

狭いアパートの一室で、
愛とも憎悪とも依存ともつかない感情を
ぶつけるように、石川は伊加味を抱く。

それでも石川を許し、石川のために泣く伊加味。
この先どんなに売れても、誠実な彼は石川を裏切ることは
ないのだろう。そして石川も。
「許してくれるなら 俺はこの人の下僕にだってなる」
この一言に彼の深い後悔と伊加味への想いが溢れていました。

派手さはないが端正な絵柄で、
業界の片隅に生きる若者たちのささやかな幸せが
ありのままに描かれており、誠実な作風が心に残ります。

1

期待をこめて

この作品がまったくレビューされていないため、初めて会員登録しました。
どちらかというと大人しくて暗そうな二人が、小さなアパートや撮影所の隅などの暗い場所で話は進行します。二人のうち一人は人気の出だした俳優(タレント?)なので、その撮影現場やテレビ画面で映る場合は明るいのだろうなと思わせ、だから二人が一緒に部屋にいる場面の暗さが強調されます。派手である業界で、しっとり進行する二人の関係がイライラさせられます。でもお話自体は短編です。
電子書籍で安かったので読んだのですが、独特の雰囲気に酔いました。
絵柄がその雰囲気に合っているような合わないような何とも言えないズレがあります。華はないけれど、狂いのないキレイな画です。人物だけでなく、背景も奥行などを利用して上手い作家さんだと思います。
枚数が足りないのかラストが物足りない。だから余計に気になります。「だから、なに?」「え?これで終わんの?!」と腹立たしいので萌が妥当ですが、もっともっとこの作者の作品を読みたいという思いから期待をこめて萌2をつけました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ