『碧のかたみ』書き下ろしショートストーリーペーパー「友人、厚谷六朗についての考察」

yuujin atsutani rokurou ni tsuite no kousatsu

『碧のかたみ』書き下ろしショートストーリーペーパー「友人、厚谷六朗についての考察」
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
蒼竜社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
碧のかたみ

あらすじ

いつも喧嘩ばかりの恒に苦労させられているペアの六郎、彼らの見ている整備兵の秋山は……
コミコミスタジオオリジナル特典。

表題作『碧のかたみ』書き下ろしショートストーリーペーパー「友人、厚谷六朗についての考察」

恒とペアの偵察員 厚谷六郎 21歳
夜間戦闘機「月光」の操縦士 琴平恒 19歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

魅力的な脇役視点の、基地の日常の一こま

書店限定特典のペーパー。

本編の中で淡々としたすごくいい感じの脇役だった、整備員の秋山視点の話。
「友人、厚谷六朗についての考察」

相も変わらず喧嘩ばかりしている恒と、今日もまた必死に止める六郎。
夾竹桃の向こうで繰り広げられるお馴染みの騒ぎを眺めながら、
そんな六郎について秋山が思いめぐらせていると……

誰でも手に入るものじゃないだけに、読んでも読まなくても別に支障はない
でも読むとちょっと楽しいかも、といった話。

ただ。
整備士は飛行機乗りと違って島から討って出ない。
主人公二人が最後の出撃に出た後、物語の舞台はラバウルから離れるのだが
もう末期的な状態だったこの島の基地がその後辿ったいく末は、
この落ち着いた好青年の未来を考えると、辛いものがある。

どうか、彼もまた新しい時代に生きる事ができましたように……

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ