「新宿ラッキーホール」リブレ通販特典スペシャルトークCD

shinjuku lucky hole

「新宿ラッキーホール」リブレ通販特典スペシャルトークCD
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
12
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
18 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

リブレ通販特典スペシャルトークCD
斉木役の小野友樹と、レニ役の武内健 による作品及び二人に関するおしゃべり

表題作「新宿ラッキーホール」リブレ通販特典スペシャルトークCD

評価・レビューする

レビュー投稿数3

和やか楽し~トーキング☆

BGMが本編BGMのあのウクレレBGMでしたw
とってもハワイア~ンな雰囲気のなごやか~な特典CDでした!
レニ@武内健さん×斎木@小野友樹さんのお二人の穏やかトークで耳が癒された…!

◆やり終わっての感想。
レニ@竹内さんはボリュームと充実感を感じたそうでした。
斉木@小野さんも、やったたw感があったそうです。

◆キャラクターを演じてみての感想。
斉木@小野さんは普段感情を表に出してナンボなキャラクターが多いので、オタク気質のキャラクターは新鮮だったそうです。確かに小野さんはヤンチャ系がお上手ですよね。
レニ@竹内さん的にレニは難しかったそうです。そして初めて関西弁キャラをやらせていただいたそうです。謎の白人ということでハードルが上がってしまったとかなんとか。
小野さんは「レニはハーフで日本で暮らして長いヤツなのか、それとも生まれは向こう(海外)なのに変な関西弁を覚えちゃったやつなのか(どっちなんだろう)?」と気になったそうです。
それに対し、竹内さんは「変な関西弁を覚えちゃったほうで」とwお二人ともそのあたりの真相が気になり、先生に聞いてみたいとおっしゃ続きっておられましたw

◆好きな方言はありますか?
竹内さんは東京住みなので、方言というだけで憧れるそうです。
小野さんは静岡・北海道・名古屋・富山と色んなところを3年ごとに巡った割に全ての方言が身につかなかったそうですw小野さんのお父様がアナウンサーをなさっておられて、つねに正しい日本語をご家庭でもお使いになられていたことも影響しているそうです。
標準語のイントネーションのプロの方が親であれば確かに正しい日本語が身に付きそうです(*^_^*)
そして話は竹内さんは京都弁が気になるそうです。なんかヤラシー感じがするとかwはんなりでしとやかで・・・鼻血が出そうwと竹内さん。妄想しすぎですから!w

◆お二人は何オタク?
竹内さんは広く浅くタイプで、ジャンルにこだわらずつまみ食いをするそうです。
小野さんはハイパーヨーヨーが趣味だそうです。
他にピアノやギター等の楽器系も。コンクールにも出たことがあるのに、全然身についていないとかw
サッカーで全国大会にも行ったそうなんですがやっぱり身に付いたわけじゃないと…w
そして「俺もつまみ食いタイプかも」wwwと気がつく小野さん。
実は竹内さんと小野さんは似ているかも!という結論に( ^ω^)

◆斉木にとって苦味は俺の天使というくらい大好きな存在ですが。この天使みたいな存在を教えて下さい。
台本には天使と書いて嫁と読むように書いてあるそうです☆
小野さん「えっどうしよう…きっきのこ的なやつ。ぬるぬるした…きっ…きのこ的なキャラ…が…好きです。」
竹内さん「なんか小野くんって、そ~ゆ~キャラなんだ…。」
小野さん「え、どーゆーことですか、どーゆーことですか、どーゆーことですか!?(焦)」
wwwwwwwwwwwwwwwwwww
なんだこの二人wwwお腹が痛いwww
つまり小野さんの好きなものは「なめこ」w
そしていろんなところになめこキャラグッズがあるので周りは嫁だらけwww
重婚ダメ、絶対!www(竹内さんのツッコミが)

◆片思いエピソードを教えて下さい。
小野さんは小学生の時のH子ちゃんのお話です。ズバリH子ちゃんのお名前はヒロコ。竹内さんに当てられちゃいましたwww
竹内さんも小学生の時の話ですが、「…Yさんの事が好きだった…のかな…?」「あれは本当の恋だったのか?」と恋だったのかどうか分からなかった…というお話。

◆イケ声で苦労したことはありますか?
小野さんは普段の声はご本人的には別にイケ声ではないそうです^^;ただ昔から声が大きかったので、よく人に「うるせー!」wwと言われていたそうです。
竹内さんは特に自分の声をイケ声だと思ったことはないそうです。そして高い声のほうが出しやすいので、低い声の人をイケ声だと思っているそうです。例えば今回の収録では黒田さんのような低い声に憧れているそうです。

◆皆さんへメッセージ☆
小野さん「ケンさんと楽しくわきあいあいと収録させて頂きました。お芝居は一つ一つこだわって演じました。ぜひ皆さんにお楽しみいただけたらと思います。」
竹内さん「原作のコミックもCDも何度もリピートして、髄まで楽しんでいただけると嬉しく思います♪」

0

小野友樹さんが可愛い件。

なんか、少年まんまなんですねww
落ち着きがないのも、あれやこれや広く浅くやったりってのも。
どうも『NightS』から一気に小野友樹さんに興味が湧いてしまって、
(演技にもキャストトークでもw)
今回も楽しみにしていました。

そしたらやっぱり時々掠れたお声がまたきゅんと来るんですよ!
お話してる内容は特にきゅんとくる事でもないのにww
たぶん欲目だと思いますが☆
小野友樹さんの北海道弁も名古屋弁も富山弁も聴いてみたいなー…。
方言はなんでも可愛いって思うって、
それ、津軽弁もですか!?本当に!!??と
思わず身を乗り出しそうになりましたw
それこそね、京都弁はなんだか色っぽいというか
おくゆかしい感じして素敵ですけども!

あ、3年ごとにお父様のお仕事の都合で転校なさった為、
愉快トークが身についたのかもって思いました。
明るいと、とっつきやすいですからね。
それでも、仲良くなったと思ったらまた離れてしまって
寂しかったりしたんだろうなーと一人でしんみりしました。

声がデカいと言われる小野友樹さん、私も同じです!w
酔うとたぶんもっと続き声が大きくなるんじゃないかな??
それでも楽しいから良いと思います(自己弁護)。

恋ってなんだろう、愛ってなんだろう、と言いながら
ご自身の事はわりとあんまり話して下さらない武内さん、
シャイなんでしょうか?w
それとも、「ここでは本音は話さないぜ!」的な感じなのかな☆
小野友樹さんが結構喋ってるからいいや、なのかもww

イケ声、武内さんはご自身が高めの声なので
出演者の中では黒田さんのような
低めの大人な感じに憧れるとおっしゃっていました。
なるほどなるほど。
小野友樹さんも低めの声頑張って出して「Boys & Girls」とか
DJ風にいきなり言って吹きましたw
そっちの低音も好きかも♪

共通点が何気にあるお二人が微笑ましくて
とにかく落ち着きのない小野友樹さんがまたいとおしかったww

ところでキャストトークって
通常は主演のお二人だと思うんですけど、
三木さんと賢雄さんじゃなかったですねー。
お二人ともベテラン過ぎてトークCD辞退なさったのかしら??
賢雄さんのフリトってかなり笑えるし
三木さんも素が面白いお方なので残念でした。
羽多野さんも鈴木さんも、もしかしたら
「キャストトークネタがもうありません」って感じだったのかなぁ…。
羽多野さんの天然っぷり、鈴木さんのざっくりした話し方
こちらも好きなんだけどなぁ。

とりあえず、キャストトークは出来るだけ聴きたいので、
今回も聴けて良かったです。
(謎の〆)

2

東雲月虹

舎楽宰さん、こんばんは!!
本編のレビューもご覧になっていただいたようで
ありがとうございます♪

ね、三木“神”一郎さんでしたよね!!!!!

小野友樹さんのはっちゃけトークは本当に
「めごいな…」と思ってしまいますw
なめこ、あれの魅力が私にはいまいちわからないのですが
可愛いと連発する小野友樹さんが可愛くて仕方無かったですw
(でも“こびと○かん”よりは“なめこ”の方がまだいいかも☆)
ついつい惹きつけられてしまうお人柄ですよね♪

三木神さんが、この作品についてどうだったか
お声を聴かせてほしかったですよね;;
(サイトでインタビューもあったようですけども)

うわわわわ、身に余るお言葉をいただきまして恐縮です!!!
でもとっても励みになります!!嬉しすぎます(泣)
いつもだらだら長くて申し訳ないのですが
気持ちをぶつけさせていただいております(^^ゞ

もしよろしければまたお付き合い下さると
大層喜びますのでww

この度も本当にありがとうございました!!

舎楽宰

東雲月虹さん、こんにちは!舎楽宰です。

CD本編のレビューも読みまして"ですよねー!!"と共感しまくりました^^
三木"神"一郎さんです☆

こちらのキャストトークも、小野さんのテンションに圧倒されました^^;なめこのクダリが特に。
彼はいつもあんな感じなのでしょうか?あまり声が好きという声優では無いのですが、人として魅力的だなぁと感じました^^
ドラマCDあまり聞きませんが、フリートークが気になります。確かに三木さん、聞きたかった…。

東雲月虹さんのレビューを読むのがとても好きなので、ついついコメントをしたくなります。長くなってすみません;

また何処かで(^-^)/~~

よく似た二人

収録終わりたてほやほやの二人のキャストトーク。

お二人とも、充実感があったと仰ってました。
小野さんは斎木を演じてやったった感があったようです。普段は感情を表に出すタイプの役が多いので、と仰ってました。
謎の関西人^^レニを演じた武内さんは、初めての関西弁で難しかったと仰ってました。変な関西弁でオッケー、ですよね?レニは^^

好きな方言ありますか?の問いに、東京の武内さんは羨ましく思うとか。女の子の方言とかかわいいよね、方言を聞くと鼻血が出そうになるとのこと。
片や小野さん。曰く付きの静岡出身と仰っていて、
静岡→北海道→名古屋→富山と、3年ごとの転勤族だったらしく何の方言も残ってないんだそうです。それをとても悔しがってました^^;そうですよね、今!活かせたのに!って思いますよね。
小野さんの父君がアナウンサーだそうで、家では正しい日本語を常に教え込まれていたとか。

役柄ではそれぞれ異なるオタクですが、お二人は何のオタクですか?の問いに、武内さんは音楽や映画鑑賞などINな趣味。小野さんはハイパーヨーヨーの資格を持ってらっしゃるとか!(プロスピナーというらしい続きです)サッカーも全国大会出たりしたけど、やるのは好きだけど見るのはそんなでもない、語れるものは何もないそうです。武内さんはバスケをやっておられたそうですが、同じくそうみたいで。そういうものなんですね。
お二人とも広く浅く、つまみ食いタイプでそこが似てると盛り上がっていました。

イケ声ゆえに苦労した事はありますか?の問いにお互いに、普段もイケ声だって!と言い合って気持ち悪い感じに、、、^^;

小野さんが終始テンション高く仕切っておられて、武内さんが一歩下がった所から淡々と話されるという感じで本編同様よいコンビだなと思いました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ