魔術師 天にとどく樹3

majutsushi

魔術師 天にとどく樹3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸ノベルズ(小説・白泉社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784592861041

あらすじ

いよいよメジャーデビューが決まりそうな、バンドGNOSIS。リーダーの石黒善臣は初恋の人・忍によく似た新メンバーの柴田幸彦が気にかかるが、幸彦はなぜか善臣に対して反抗的な態度をとる。作詞作曲もレコード会社との折衝も全部一人でやろうとする善臣は、精神的にだんだんきつくなってゆくが……。
他、和臣の話『一粒の砂』、河本の『天使の誘惑』収録。

表題作魔術師 天にとどく樹3

石黒善臣(ギタリスト)
柴田幸彦(ドラマー)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

和臣の部分は面白いです

『魔術師』
石黒家次男(ギタリスト)×幸彦(ドラマー)
昔の不良少年風?の一人称にちょっと疲れました。
喋り言葉はともかく、地の文まで「ウスラさみ~モンになっちまう。」とか「手ぇつけらねー。」とかで。
これが大丈夫なら面白く読めるんじゃないかなァと思います。個人的にはちょっと苦手でしたね。

『一粒の砂』
長男和臣
彩子との結婚式、あと、いろんな回想。
さすが和臣さま、強烈な個性でした。このドSめ!
やっぱ好きだなァ。
和臣の個性の特異性だけではなく、一連のシリーズのなかでもかなり重要なヒミツが明らかになるエピソードでした。

『天使の誘惑』
河本信哉(次男の大ファン)
ズーズー弁?のファンが次男義臣に捧げる愛情のお話。愛情といっても恋愛感情みたいなものではなく、人の世を超越した愛です。なにせ天使に捧げる愛ですから。
アホアホで面白い部分もあり、苦手な部分もあり。
汗とか音符の記号を多用するのは苦手でしたね。記号を使うのって当時は流行ってたのかな。最近の作家さんはあんまり使わなくなったけど、昔の小説を読んでたらこういうのをたまに見かけるんですよね。
なんともかんとも疲れました。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ