心ゆさぶる男と男のドラマティック・ラブストーリー!

君が僕のすべて (1)

kimi ga boku no subete

君が僕のすべて (1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×28
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
82
評価数
21件
平均
4 / 5
神率
42.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664076

あらすじ

真実の愛を求め、彷徨う鍋島(なべしま)は
カフェで出会った和美という女性に心惹かれる。
しかし、彼女には武田という夫がいた。
最初は粗暴なオレ様男・武田に嫌悪感を抱くが、
彼の会社で雇われることになり
側に居るうちに印象が変わっていき……?

表題作君が僕のすべて (1)

バイトに雇われた高学歴の男 鍋島司
帰国して起業した中卒の社長 武田剛史 

その他の収録作品

  • おまけマンガ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

出てくる女性はいつもカッコイイ!

喫茶店で偶然出会った人妻に一目惚れし、その亭主、武田の家でハウスキーパーの仕事をすることになった鍋島。
ここ最近の西田さんの作品とは一線を画するような気がするけど、出てる役者さんはおなじみの人といった感じで安心します。
安定の西田劇団!そして相変わらずセリフがなくじっと目で語るシーンのエロスったら!
今回は無垢な子供のような表情も足され、はー、参りました。
まったく正反対の二人が戸惑いながらも、惹かれ合っていく過程が今後ものすごく楽しみです。

1

お姫さまと王子さまは幸せに……

西田東作品では、たとえ女性キャラクターが本筋に絡んでも決して嫌味がなく、ストーリー上で必要不可欠な存在である。今回はそれをしみじみ感じた。
この『君が僕のすべて』もそうであって、むしろ居なければはじまりようがない。
男性と男性のラブストーリーを描くことが前提であり、読み手もそれを期待してページを捲る。西田先生はノンケを描くこともまことストレートでそして自然に成される。けれどもしごく滑らかにボーイズラブへと舵をきる。いつもながら、不思議な塩梅だと思う。
私は和美が結構好きだ。武田と離れようと感じる理由もなんとなく分かる。行動に移すか移さないかの違いだと思うのだ。勇気と決意が要る、それを出来るというのが、和美らしい聡さなのだろう。

それと西田先生の創る、子供っぽい男性というのはなんでこんなにも可愛らしいのかッということ。
顕著なのは武田!
横暴であるし我儘であるし、時に粗暴で時に強引ながらも彼は根っこのところで自らの[不出来]なところを認めている。コンプレックスを抱えてもいる。
するとそれをを満たすために欲望は肥大する。自らを重要な存在に見せようとする。足りていないからこ続きそ欠落のない人間に見せたくなる。おのずと自尊心も大きくなり、教えを[請う]ことが素直に出来なくなる。
そう、素直じゃない! この素直じゃないっぷりがイイ!
彼自身で認めたり、対等な人間が相手でなければ揺るがない。
というか鍋島も思うように、根本は明るく人好きのする性格のはず。ただ[性的不能]という男らしさの欠落が彼自身認められず、絶望し、また大きな[コンプレックス]になっている。素直さが足りない。
けれども[享受]したい気持ちはある。だから、目を丸くさせて、相手の出方を待つ。端的に言えば相手の優しさ頼みのところが、子供っぽい無邪気さが他者の心をくすぐるから良いのだろう。
こーれが、すさまじい愛らしさだと思う。
意図的にするとなれば不自然さが目立つが、無意識だからこその間がある。
はじめこそ訝しく思っても、武田という人となりを理解するとその[待つ]仕草が途方もない可愛らしさを孕んでいることに気が付いてしまう! いやー知らず知らずのうちに人の心を揺らめかせる天才だ!! しかも意図せぬところで恋に落とさせるという!!
武田がかわいい!

……っていうのを、鍋島モノローグの哲学っぽさを真似て考えていました。しこたま武田が可愛い一巻だったのです。
鍋島は哲学的で、ロマンチスト。運命をたどって、愛する人を探している。
かたや武田は比較的現実主義な節があるので、ふたりは正反対に近い。なにより武田は既婚者だし、結ばれようがない、はず。
でも鍋島がロマンチストだからこそ、武田へ興味を抱いたんだろうな。きっと少しの憐憫もあったかもしれない、でもそんなこたもう関係ないでしょう。笑ってほしい、笑顔を見てみたい、その一心だもの。そして自分の心にひどく従順なひとだから、もう武田が好きで仕方ないのをしっかり認めている。潔さが美しいですね。
鍋島の奉仕精神もまたこれ、可愛らしいから読んでいて狂おしくなります。詩織さんに対する懺悔の気持ち半分、本当に愛せる人を求めたい気持ちも半分、まだ鍋島自身も揺れるときかもしれません。

武田は女性に捨てられることに関するコンプレックスもあるのだろうな~とか、
和美とのことをどうするのだろう(武田から離れるとは言えないんじゃなかろうか)とか、
そもそもの性的不能の要因を取り除いて回復することができるのだろうか(たとえ鍋島とそういうことに至って欲情して勃起したとしても、武田は満たされない気がする…)とか、
内面的に様々なことが気にかかります。
本編に漂うなんとも言えないうら寂しさが余韻に残……らなくなるようないつもの四コマが好きです!!(笑)
ラプンツェル?カエルになったお姫様?武田はどうやらファンタジーの人!

西田先生のじんましんがよくなるよう祈りながら、次巻を待っています。

0

シンプルに、愛を求めて

印象的な表紙の雰囲気……
それに惹かれて久々に西田作品を読んでみた。

武田と、彼を静かに見守っている鍋島。
本編の二人の性格や関係を端的に表している絵だ。


恵まれた家に育ち優秀な経歴を持ちながら、無職の鍋島。
とあるきっかけで彼は武田の妻に惹かれ、武田の元に雇われることになる。

アメリカで家事の事業で成功し、権力やお金を持っている武田、
名声を求め人を支配し、闘争心を燃やしながら生きているが、
彼は実はEDで妻には内緒でカウンセリングも通う日々だ。

最初はむしろ反発を感じていた武田に対して、
徐々に恋心を抱いていく鍋島。
彼の視点によって描かれる武田が、どんどん可愛くなっていく。
闘いの鎧の内側に眠る、無垢な武田。

二人の人生の対比、リアリティのある性の扱いなど
西田さん、シンプルに力強く、やはり上手い。

全く反対の価値観を持ち、異なる生き方をしている二人の人生が、
どのように交わっていくのか。
共に欠落を抱え、愛を求める大人の二人の行く末が楽しみだ。


おまけ漫画や、カバー下にも、はははと笑って……
でもこれ、な続きにげに深遠な話かも?

5

【アレ勃ちぬ】 『勃たねば。』

1巻はスタートラインについたばかりで恋の予感を匂わせるとこでストップ。
アレが勃たない男性(嫁持ち)に恋をしてしまう話なのだが
勃たないとなると…まぁそのぅ…エチの…心配が…
2巻で西田東先生が華麗にゴールを決めてくれるであろう。
秘密めいた家族が何かしら絡んでくるはずなので泥臭い人間ドラマになりそうと期待しつつ、嫁の謎の行動や勃たない原因の解明などなど、どんな展開でくるのか2巻がすごく楽しみ。

あとがきの『完・カタツムリ』で爆笑。
西田東先生、じんましん治ったのかな~。
(私も今左二の腕にじんましん出ててなかなか治らない)

1

視線の先に

傲慢で不遜。けれど本当の姿は、明るく太陽のような。
また、素直でキョトンとした顔が可愛いヽ(・∀・)ノ
や、うん。なんというかね、西田さんらしい作品でした。
続きものは私の脳内滅却率が高いのであんまり買いたくないんですが
読んでみればそんなことぶっ飛ぶ。
可愛らしい。
好きになったのは人妻。
ところが、その人妻の旦那を好きになってしまう。
どんな横恋慕よwwwなツッコミを入れつつな読み進め。
話は至極シンプルで、「どうして好きになったのか」理由は見つけられないけれど
気づいたら視線が追ってしまう。
女の柔らかい体しか知らなかったのに、自分と同じ筋肉質で硬い身体に視線を向けてしまう。
自分にはあまり優しくない男の笑顔が見たいと思ってしまう。
翻弄され、心が動いていく様は、視線の動かし方を含めて無駄にエロいなと
思ってしまうのでした(*´∀`*)はぁはぁ

誰よりも愛を欲している二人の結末が楽しみであります。
このモチベーションのまま2巻が読めたら本当は最高だった

4

愛を求める男たち

西田さんの新刊、いつもと雰囲気が違う!
なんか大人っぽいオサレな雰囲気(作者基準)が漂うよ♪
そして時々長髪の男性は登場するけど今回は特に長くて、それが自分のロンゲ好き萌え心を刺激します☆
と、まず表紙で魅了されイザ!中身は・・・

愛する人を求める男が偶然出会った傲慢な男。
本当はその妻に惹きつけられていたのだけど、その夫婦関係と夫の内情を知るにつけ、この夫の笑顔が見て見たい。
それはどんどんと恋心に発展していくのですが。

ノンケ同士の設定の上で、人を好きになることがそれぞれの立場でとても丁寧にゆっくりと描写されていくこの物語にとても心惹かれます。

ロンゲの男・鍋島は高学歴で有名大学を出て何か国語も話せる、そして金持ちの家の息子。なのに無職で職探しをしている。
婚約者もいたようだが、降られてしまったのは、どうやら今まで本気の恋をしたことがないからと本人に語らせている。
そんな彼は職と共に「愛」も探しているようだ。

その婚約者に似ていると思った女性を妻にしているのがとても傲慢な俺様で相手に対して優しさを見ることができない、アメリカで成功して日本で会社続きを興したばかりの社長・武田。
彼は、高校中退の中卒の一人で頑張ってきたいわゆる成り上がりもの。妻の助けでやって来られたことや自分の学歴にコンプレックスがあるようだ。
そして母親に捨てられたのか、その辺りもどうやらトラウマ的何かがあるかもしれない。
更に、彼は勃起不全=EDなのです。

鍋島との出会いから武田の妻が声をかけたことから武田のサポートや家の手伝いをする中で鍋島への傲慢俺様の認識は彼への関心へと変わっていくのです。
それは決して武田がEDだから興味を持ったわけでなく、きっとその傲慢の影に隠れた武田の本当の心を姿を見たいという欲求と、そこに鍋島の求めるものが見えたからなのかもしれないです。

武田について、EDに関する苦悩は伝わってきます。
妻の事だって好きなんです。
そして、ちょい意地っ張りだったりするシーンも鍋島目線になってカワイイかもと思える愛おしい男になっていくのですよv
鍋島は、忍耐強いというか、決しておっとりしているわけではなくてすごく自分自身が出来あがっている人だな~という印象です。
こんないい人なのにどうして婚約者に振られちゃったんでしょうね?
そしてどうして無職なのかな?彼についてはこれ以上色々な背景はないのかな?それともこの巻で武田が中心だったから2巻で鍋島が掘り起こされてくるんだろうか?

さておき、そんなシリアス展開もありながら西田作品らしくところどころ愉快なシーンも交えて軽さは出しているけれど、何となく最近ギャグ化させるコマというのが減った気がしますね。その代わりよく目にするようになったのが”目がテン”w
一番のナンジャこりゃ~!は、鍋島に武田がキスをされ、やりあいになった翌朝の洗面所で二人が顔を合わせたシーン(笑)
ものすごい不機嫌な顔の鍋島の理由が・・・武田の使用済みパンツだったなんて!!(爆笑)鍋島の変態を垣間見たwww
あと、武田が女性と関係を結ぼうとバイアグラ?薬剤を飲んだ時の顔が・・・唇腫れてる!?これが色っぽい顔なのかどうかはさておきw

武田は鍋島を受け入れるのだろうか?
次が待ち遠しいです。

おまけ漫画はトリじゃなくて鍋島の変な夢、この大人な表紙カバーの下は鍋島がゴキブリだったという、或る意味武田視点の的確な表現かもしれないイラストに笑ってくださいw

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ