秘事は零れる蜜の如く

huji wa koboreru mitsu no gotoku

秘事は零れる蜜の如く
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775521380

あらすじ

高級料亭を営む傍ら、裏では遊郭として一夜の夢を提供する『白鷺楼』。ナンバーワン男娼として働く白雪は、支配人の頼みで1人の指名客と会うことになる。しかし、その指名客・神原は傲慢不遜な態度で強引に口説いてきたのだ。白雪があしらってみせると、神原は機嫌をそこねるどころか「気に入りすぎて欲しくなった」と言い出して…? ひとたび外界へ出れば、至上の恋も泡沫と消え失せる。秘密の遊郭物語。

表題作秘事は零れる蜜の如く

会社経営の客 神原
裏で遊郭をする高級料亭の男娼 白雪(征路)

同時収録作品ファーストスマイル

取引先の経理部社員 中西達也
人見知りの会計士 麻生

その他の収録作品

  • 秘事は零れる蜜の如く 番外編
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

遊郭物が読みたかったのですが。

BLで遊郭物が読みたくて、ちるちるさんで検索して買ってみました。
現代で遊郭という時点で、え?これ、何か普通に皆受け入れてますけど、裏稼業って感じじゃないなあという違和感が最後までずっとつきまといました。
ちょっと設定が厳しいかも。
現代じゃなきゃいけないって訳でもない気が。
受けがこんな仕事始めたなりゆきも、バイトがそのまま何となく始めちゃう仕事じゃなかろうに!という感じに色々無理が。
矢張り、遊郭は当時の時代設定じゃないと入り込めないかもですね。
時代物でも、男で遊郭自体が無茶なのは分かっております、はい。
歴史に忠実で陰間茶屋でもいいのですが、江戸時代はハードル高いですね。
難しい。
絵は綺麗なので、設定が気にならないのであれば読みやすいと思います。

1

遊郭・独占欲・着物

1冊目だったバーテンダーのお話が色々惜しくて中立評価だったのですが、今回はどうでしょうか?
絵の雰囲気はところどころタカツキノボルさんを連想させるものがあり、身体の描き方もしっかり男でキレイな絵だとは思うのです。


会員制の高級料亭「白鷺亭」は裏で遊郭を営んでいる。
そこへ常連の紹介で訪れた神原が売れっ子の”白雪”が休みなのに指名して彼の元に呼びつける。
白雪を気に入った神原は自分の店に引き抜こうと話を持ちかけるが、白雪に「真実の証に通ってください」と言われ、三日に空けず通いつめてくるが、それを面白く思わないのが神原と同業で白雪を贔屓にしている白崎。
神原に嫉妬して白雪を手に入れる為に店の子を使って罠にはめるのだが。。。

こんな話の流れで、ハッピーエンドを迎える展開は、あくまでも ”遊郭” ”男娼” ”執着愛” ”着物” という舞台が舞台だけに割と定番設定を前面出ししてそれを強く押してくるものでした。

受けの白雪としては、売れっこで最初は客のあしらいも上手く案外に気が強いのかと思いきや・・・え?これって天然!?
彼が神原に惹かれる決定打は、強引は同じだけど続き姑息な手を使って封じ込めようとする白崎、というその側面の比較のみで、若干弱さを感じる。
神原が白雪に惚れこむ理由も若干弱め。
上辺の流れはきれいに流れて行くのに、ちょっと掘り返すと実は浅いというそんな点に物足りなさを感じてしまうのかもしれない。
白雪は着物を着ているのですが、柄の羽織まではいいですが、いかにも今風の青年ぽい雰囲気と体格のよい身体つきに描かれているので、帯を前でダラリにしている姿が、2丁目の和装おかまバーのママの雰囲気がして(?)
あと、彼はここをもうすぐ辞めて普通に就職しようとしていたと言ってますが。どうしてこの仕事をしているのかそれも謎ですし。
見せたいモノをはっきりと限定した為に、切り捨てた部分が気になってしかたないのです。

その点、番外はもうすでに出来あがった甘い二人の姿なので、純粋に楽しめます。
超方向音痴の白雪がスーパーに買い物に行っただけなのに迷ってしまって神原がヤキモキする話。
やはり白雪は天然だったことが判明しました(笑)

【ファーストスマイル】
人見知りが激しくて人づきあいが苦手な会計士に盛んに話しかけてくる気遣いのできる取引先社員。
懐いて盛んに誘ってくる彼にオロオロドキドキする会計士だが、実は社員は会計士が好きだった。
短編な為に早急で、社員がどうして会計士が好きなのか、恋に理由はないとはいいますが気になります。

うう~ん、、、いい線いってるのに何か惜しい!何かもうひと押し欲しい!

5
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ