王子様のコンシェルジュ

oujisama no concierge

王子様のコンシェルジュ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784861346668

あらすじ

父が主催するパーティー会場で、洋書を隠れ読んでいた学生の海斗は、金髪で翠色の目を持つエキゾチックな青年に声をかけられる。敬愛するその本の作家を貶され怒る海斗は、彼が兄の大事な取引先で、アルジェイール国の王子・シャラフだと知る。彼の希望で滞在中、コンシェルジュを務めることになった海斗だが、社ラフが突然、男娼を買いたいと言い出して!? 蟲惑なゴージャスラブv

表題作王子様のコンシェルジュ

シャラフ アルジェイール国の王子で実家の取引相手
赤木海斗 大好きなフランス作家の翻訳を夢見る

その他の収録作品

  • 美しい砂の国へ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

自由を求める王子様

ちょっと大人しめなアラブでしょうか、主人公は資材屋の三男坊でフランス文学が
大好きな強気な大学生です。
お相手は実家の稼業と大きな取引相手でもあるアラブの王子様。
それも、傲慢は傲慢ですが、王族として自由が全然無いような豪勢な籠の住人。

実家の30周年記念パーティーで海斗はその王子様と最悪な出会い方をします。
大好きなフランス小説を貶され、更にパーティーで家業にかかわりも持たず、
好きな事だけしていられる自由な海斗を皮肉る様な物言いをされて憤慨しつつも
稼業の大事な取引相手であり、一国の王子様相手で分が悪い思いをする海斗。
そこに、王子から日本滞在時の御世話役コンシェルジュを海斗にさせると言われ、
兄から失礼の無いようにと念押しされるなかで王子と共にパーティー会場を出るが
出た途端役目は終わりとばかり、王子に置いてけぼりにされる。

王子が初めから自分などいらないと思われていた事に気がつき意外に責任感が強く
言い出したら聞かないような頑固さを見せて、王子を捕まえて共に行動する。
王子は難癖を付けて海斗を傍から放そうとして、2丁目行きたいと困らせ、
大人続きのオモチャを売っている場所で道具を試したいと海斗にその相手をさせる。
海斗が怖がって逃げ出すように仕向けているのですが、海斗はパニックになりつつも
王子の言いなりになるのが嫌で逃げ出さないで抱かれてしまう結果に。

出会いは最悪ながら、次第に王子が国での自由が無いことや憧れていること、
海斗にとっては些細な事が王子には夢に近い出来事だったりと海斗は次第に王子の為に
何か出来る事が無いかと考え始める。
自由に憧れる王子に自由を得る為に足掻けと言う海斗は意外に男前です。
ありがちなハッピーエンドとは少し違っていて、これからも二人は自由を得る為に
もがいて戦って、そんな風に進行形で生きて行くのだろうと思わせる内容でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ