獣のように抱いてやる(1)

kemono no you ni daiteyaru

獣のように抱いてやる(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
14
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
シュークリームPOP
シリーズ
恋するカラダBoys(電子書籍・シュークリームPOP)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

父の夜逃げでヤクザの事務所に連れ込まれた高校生のみずき。三下相手に暴れるみずきは、若頭・瀧にも生意気な目を向ける。しかしそれが瀧の苛虐心に火をつける事に!! 触れられたことのない秘部を責められ、意図せず漏れる甘い嬌声……嫌なはずなのに身体はトロトロと乱れてしまって……。心に闇を抱えたヤクザの若頭×跳ねっ返り高校生のカラダに刻む愛人関係ラブ!

※こちらの作品は書き下ろし連載作品となます。

獣のように抱いてやる 第2話 36ページ
獣のように抱いてやる 第3話 25ページ
獣のように抱いてやる 第4話 23ページ
獣のように抱いてやる 第5話 28ページ
獣のように抱いてやる 第6話 35ページ

表題作獣のように抱いてやる(1)

ヤクザの若頭・瀧
父の夜逃げでヤクザに捕まった高校生・舟山みずき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

大好きです。


この話は紙にならないんでしょうか。

イラストも話の内容も好きです。

ヤクザに乳首舐められて感じちゃうみずき。
乳首はグロくもあるけどそれがエロくもあります。

尻の狭間とかすごくリアルに描かれてます。
初めてなのに感じまくってるみずきが可愛い。

瀧がみずきをレイプくらいの酷い扱いで抱くのにその後の優しさとか見せるのやめてほしい。
チンピラに絡まれてるの助けてくれりとか。

最終的にはみずきの父も助けてくれたり(拉致されたみずきを助ける次いでだけど)と瀧がかっこよく見えるんですが、ヤクザなんで仕事内容の一部がオレオレ詐欺っていうのが突っ込みどころです。

マチサッコ先生の他の作品も読みたいですし、書籍化して欲しいと思います。

みずきも千紘もいなくなってつまんない毎日を送る瀧。
(千紘は学校の先生になりました)

みずきを忘れられなくてみずきに会いに行く瀧。
みずきも待ってた、会いたかったという感動的な再会で終わってます。
で、ぜひ、この瀧とみずきのその後も読みたいです。

仮に瀧とみずきが夫婦になるとして、歳の差カップルだけどみ続きずきの父は許してくれるだろうかと思ったり。
父はみずきを本当に大事に育ててくれたようなので。

ぜひ、本になってほしいです。

1

青年漫画のような、ハードなヤクザBL

AGFの小冊子『Frenta!』試し読みで興味をもち、電子書籍で購入。

借金を残して夜逃げした父のかわりに
ヤクザの事務所に連れてこられた高校生・みずき。
生意気な態度を、若頭の瀧に気に入られ
強引に身体を開かれ、愛人として囲われることに…。


あらすじは、ありがちなヤクザ物という感じですが
拷問など暴力的なシーンが可能な限りハードに描かれ、
BLというより青年漫画のような?
糖度の低い、男クサい雰囲気が好みです。

また、瀧のヴィジュアルが自分的にツボでした。
BLヤクザにありがちな美形・イケメンではなく
細い三白眼・こけた頬・黒髪オールバックで
普通に怖いオッサンなところがいい。
スーパーで特売ネギを買ったり、みずきをキスで蕩けさせたり
たまに茶目っ気を出してギャップ狙い?
まだ底の見えない、なかなか魅力的なキャラです。

みずきは、父に見捨てられ、瀧に犯され、
学校もやめることになりそうで、散々ですが
ヤクザに屈せず父を信じ続ける、まっすぐで芯の強い青年です。
自分もかなり酷い子供時代を送ってきたらしい瀧は
みずきの強さに惹か続きれ、助けたいと思っているようにも見えます。

もう一人の重要人物は、瀧の側近・千紘。
落ち着いた物腰のインテリ美形だが、
瀧に並々ならぬ忠誠心(と執着心?)を抱いているようで
瀧を悪く言ったみずきの首を絞める等、なかなか危ない人です。


瀧が助けに入り、
みずきに「仕事」が与えられたところで、次回へ続きます。
(まだ約80ページ分しか配信されていません。)
次からは、完結後にまとめて読もうかなと思いました。

絵は、結構アンバランス。
みずきの体型が、スレンダーかと思えば別人のようにムッキムキだったり、身体のバランスも安定しない印象。
でも、人が狂気を見せる瞬間の表情など
見せ方にはハッと惹きつけられるものがあるため、これで絵が安定したらグンと魅力が増すのではないかと期待しています☆

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ