二人の出会いは、仕組まれたシナリオか? 新感覚の近未来BL!

オモテ稼業ウラそば屋 (1)

omote kagyou ura sobaya

オモテ稼業ウラそば屋 (1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
47
評価数
14件
平均
3.6 / 5
神率
35.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ブライト出版
シリーズ
K-BOOK ORIGINAL COMICS(コミック・ブライト出版)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784861235641

あらすじ

そば屋を営むミオウは、そば粉を買いに行く途中、偶然、傷だらけのウォルフを拾った。“黒い狼”として、裏社会では恐れられているウォルフだが、ミオウは「犬助くん」と名付けて看病する。そして、掴みどころのないミオウに戸惑いつつも、その優しさに、一時の安らぎを感じるウォルフ。だが、ミオウにもまた、そば屋とは違う別の顔があった……!!

表題作オモテ稼業ウラそば屋 (1)

その他の収録作品

  • 第一回そば屋サミット

評価・レビューする

レビュー投稿数5

最終的にBLならそれでよし

巻末で「BLってなんぞや」なんて会議が開かれるくらいだから
今後BL展開は期待していいものと思われる(・∀・)笑w
ま匂いだけはしてるので、そのうちと期待しようと思うのであります。
というか、帯の掛け合いが好きで
作中にもそんな掛け合いがあるのだと期待しまくってたんだけど
全然見当違い。危うく自爆テロでした。
いやはや、まともまとも。

そもそも、同人セレクションで好きな作家さんだったんです。
これは買わねばなるまいと買ってみた次第なのですが
絵柄、作風とも、まんま残ってるな~というのが雑感。
わかる人にはわかるという感じなのでしょうか。

お話はといいますと、ヤクザだのなんだのな
ハードボイルド系ww
BL展開弱めですが、読み進めると、読まずにはいられない
とりあえず続刊読むまではモヤモヤしそうです

4

これから楽しみ

帯の「BL界に一石を投じる!!新感覚♥近未来BLコミックス」
というほど投じてないと思いますが(笑)これはこれで面白かったです。

ノリがジャ○プっぽいですね。裏社会、改造人間、マフィア、バトル、ギャグ
とかそんな感じのノリです。

バディでBL的な雰囲気になるんじゃないかなと思うのですが。
あとがきで作者さんが「超頑張んなきゃいけないの自分じゃね…?」
とおっしゃてるので予想が変わるかもしれません(笑)

個人的にウォルフ×イシルの幼馴染がどうなるのか気になって
います。ウォルフはミオウとの出会いで変化していくと思うのですが
イシルはどうなんだろう…。三角関係になるんだろうか?(なれるんだろうかw)

あとマフィアのボス、すごく下衆っぽいこの人もどうなるのか気になります(笑)

1

少年誌っぽい作品

「王様ヤローと俺」で好きになった作家さんの新刊ということで迷わず購入しました。

まず帯がおもしろいw
読み終わって納得してしまった。

BLとしては限りなく薄くてファンタジーとしてはちょっと軽いかな。
どのキャラクターを軸にして読めばいいのか定まらないまま読んでしまったので
いまいち入り込めず。
でもラストでミオウが何者なのかわかると関係性が一気につながるので、そこのスッキリ感がよかった。
バトルの山場で終わってるので続きが気になります。
次巻ではBL展開になるのだろうか…笑

絵がシャープになったと思います。
個人的にはこれくらいが好み。

2

BLだと思わなければ面白い1作目

まるでヤング○ャンプかヤン○ガか?みたいなノリの近未来アドベンチャー的な
スパイやら、暗殺者やら改造人間やらマフィアやら、未来都市やら・・・
BLって事を考えればまだまだほのかに匂うかも知れないと思える程度で、
読んでしまった為に次回作も読まねばならないジレンマありです。

タイトルのオモテ稼業ウラそば屋、そば屋でカモフラージュしながら、
逃がしや家業をしているミオウとその仲間たち。
これは最後まで読んで初めて知ったホントにネタバレ情報です。
同じ施設で育ったイシルの為にマフィアの奴隷になったウォルフがある任務で
大怪我を負って、そば屋のミオウを半分脅して助けられる展開。

イシルやウォルフが何者なのかは直ぐに知れるのですが、主役だと思うミオウは
なかなかどんな人物なのかつかめない不思議があります。
そのミオウと共にいる女の子は普通の人間では無い気がして、戦闘に特化した感じ。
もう一人は情報を集めるみたいで、取りあえずは3人で何かしらしているみたい。

そこにマフィアがらみでイシルとウォルフの件がミオウの依頼と関係があり、
更にそこに、バリバリ変態の見続きた目オネエな最強の殺し屋が参戦するバイオレンスタッチ
近未来だろうがなんだろうが、この1作目でBLと言ってはダメダメじゃないの?
なんて辛辣な言葉が思い浮かぶが、個人的にはハードアドベンチャーみたいで面白い。
読んでしまったものは仕方ないと次回作でBLっぽさを期待したいです。

8

作者自ら突っ込んだ(爆)

「BL界に一石を投じる 新感覚?近未来BLコミックス」
というコピーが帯についておりますが、一応BL誌掲載作品なんでBLなんだけど、1冊読み終わって果たしてBLになるのか?
はなはだ頭をひねるところで、或る意味、これって二次創作する原作本みたいな感じの匂いやカプリングが考えられる程度でしか、まだないんですよ。
しかして、案の定描き下ろしの【第一回そば屋サミット】にて、登場人物達にBLとは何ぞやを語らせながら、作者が”一番頑張らなくちゃいけないの自分じゃない?”と発言しておりまして・・・笑
COMICBeでの『ファンキーヤンキー~』も結局BL薄かったし、やはりそういう匂わせ路線で終わるのかな?というガッツリBLの予感はしません。
海賊系の二次から来た作家さんでバトルを中心に据えたい、あの世界観を、みたいな挑戦という点のそういう意味では、新感覚なのかもしれないですね。
同じような路線で色々似ている、違う作家さんの『三連アルチザン』よりは全くわかりやすく、読みやすく、親しみやすい作品ではあると思います。


とある世界の、1都を中心に12の都からなるそれぞれに裏の顔を持つ島続き国を舞台にしています。
そこの1都の国防省に侵入した”黒い狼”
そば屋のそば打ち・ミオウは裏稼業の依頼を受ける帰り道、重症を負っていたその彼(本名ウォルフ)を拾います。
彼は4都のファミリーの奴隷で、戦闘特化の為の改造人間。
ミオウはウォルフに犬助と名付け養生させますが、ゆくえをくらましたこのウォルフに用済みとばかりにファミリーは暗殺者を仕向けます。

ざっとがこんな筋立てです。
ミオウが働くそば屋の裏稼業は実は”逃がし屋”
そこを仕切っているのはデミリアという女性で、彼女は戦闘の為の改造人間らしい。
そして情報担当をしているのが、ハゲのクダイ。そば打ち担当がミオウという構成。
この逃がし屋に来た依頼がどうやらウォルフを逃がすことだったのかどうか?

そしてウォルフが奴隷になったのには、彼は施設育ちで親友がいたのですが、その彼イシルがマフィアに引き取られていく時に、奴隷となって彼の側にいることを決めたという過去があるようです。
このイシルとウォルフの関係もきになるところですが、
ウォルフの世話をした面倒見のよい何考えてるかわからないミオウとの関係もどうなるか?
作中、ウォルフに関心を示す最強の殺し屋アンジー(変態ドSオカマ?)とか、ウォルフを治療してくれた先生とか、何だか色々と濃~いキャラクターが登場します。

謎とかも色々あるのですが、どうなんでしょうね?
その謎を解いていくのか、人間対人間の心を中心に持って行くのか、非常に分岐点的なところでこの1巻終わっております。
はてさて、BLになるのかどうか?
コピー通りに”新感覚BL”ということで回避するのか?
2巻が勝負でしょうw

とても面白いのですが、今現段階では予想もつかなくてこの評価を付けてます。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ