白い騎士のウエディング ~Mr.シークレットフロア~

shiroi kishi no wedding

白い騎士のウエディング ~Mr.シークレットフロア~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784799713877

あらすじ

「私の伴侶は君だけだ」
中欧の貴族・ユリウスに、毎日とろけるように愛されている花嫁・基樹。強引に始まった偽りの夫婦だったが、今はラブラブ蜜月。基樹はユリウスの祖国に共に渡り、新婚生活を始める事に。
しかし、デキる男ゆえに敵の多いユリウスの身に事件(! )&基樹を誤解したユリウスが激しく嫉妬し!?
炎の王子と呼ばれる傲慢男の恋も収録。重版&オリコン1位の超人気シリーズ、かき下ろし小説&マンガもあり!!

表題作白い騎士のウエディング ~Mr.シークレットフロア~

ユリウス 騎士の称号を持つ時計メーカーCEO32才
栗原基紀/基樹 特異体質を持つ恋人 24才

同時収録作品私の王様

フリードリヒ ウォルフヴァルト大公国第2王子
根岸和己 天涯孤独で恋人の国へ来た22才

その他の収録作品

  • 妖精さんの贈り物by剣解
  • あとがきbyあさぎり夕
  • あとがきby剣解

評価・レビューする

レビュー投稿数1

続編は大団円

既刊「白い騎士のプロポーズ~Mr.シークレットフロア~」と
「Mr.シークレットフロア~炎の王子~ 」2作品それぞれの続編にあたる作品です。
ユリウス×基紀篇の表題にもなっている白い騎士のウエディング ですが、
本編後最後の夜を日本で過ごしユリウスの国へいよいよ向かう事になる所からの
続編で、基紀の名前の「き」が紀になったり樹になったりと変わるのですが
それはユリウスの国の真名と関係があってのことでした。

古いしきたりや言い伝えを残す由緒正しい公国ならではの展開ですが、
日本でも真名と言う文化はあったのでお馴染みのような感じで納得です。
ユリウスと共に基樹が公国のユリウスの城に着き、信頼しているものだけを城に残し
基樹の歓迎会と言う名目で二人のお披露目結婚式な事をするのですが、
本当はユリウスは公国でも認められている同性婚をしたかったが、未だに身の回りに
危険が伴うユリウスは基樹の身の安全の為に二人だけの事実婚にするのです。

そんな風に始まる蜜月ですが、基樹の特別の能力でもある共感覚が公国の闇を
知らず知らずの間に暴き立てる結果になり、そのせいでユリウ続きスと擦れ違い
基樹自身が危機的状況に陥ってしまうのです。
ユリウスの独占欲と嫉妬全開の展開に、その妬心を押し殺してまでも基樹の為に
英断をする流石騎士様という内容でした。

そして、炎の王子からは、オレ様フリードリヒ×和巳の二人、この二人はユリウス
カップルを差し置いて、なんと公国の教会でしっかり結婚式を挙げてしまいます。
ユリウスは犬猿の仲でもあるフリードリヒが日本人青年と結婚した事で
真似っ子だと地団太を踏むのですが、この攻め同士の言い合いはまるで子供で
それも両カップルが1冊に登場しているのですから、ある意味豪華です。

そして、受け二人もホテルオーナーの白波瀬さんが古城をホテルにしたいと言う事で
公国の案内を二人が請け負う事になるのですが、その下調べの段階で幽霊騒ぎが起こり
でも、二人には共に共感覚がある為に、その正体を見極める事が出来ると言う流れ。
それでもやっぱりちょっと切ない感じの内容でユリウスが可哀想でしたね。
でも傍らにはいつも和己がいるのだから大丈夫だと思えるラストでした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ