裕貴と、つがいになりたい。

恋するわんこはお年頃

koi suru wanko wa otoshigoro

恋するわんこはお年頃
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
5件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576131542

あらすじ

同級生の玲から告白された高校生の裕貴。好きだけど「そういう」関係になるのは…。
悩む裕貴を巻き込んでコトは意外な方向へ…!? きゅんきゅんもふもふ? わんこラブ

同級生の岸岡玲からの告白を保留にしている高校生の波瀬裕貴。キスは許しても、そこから先へ進めない。お預け限界の玲を見れば、
なんと頭に動物の耳!? 目の錯覚と己に言い聞かせ、改めて告白の返事に思い悩む裕貴。しかしそんな自分の体にも不思議な変化が…。
さらに隣人の犬塚までもが裕貴を守ると言い出して、玲の敵愾心はMAXに! 二人の恋愛の周りで、いったい何が起きている!?

表題作恋するわんこはお年頃

岸岡玲・イケメンで人当たりも良い高校一年生
波瀬裕貴・特に個性的でもない高校一年生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ファンタジーてんこ盛り

人外ものファンタジーで、読みはじめは助けた子犬が実は人外だったと言う
ワンコ王道的なファンタジーかと読み進めていたのです。

子供の頃に大好きで可愛いワンコを助けて一緒に暮らしていた裕貴ですが、
2年後くらいに突然その可愛いワンコは姿を消してしまう。
そして裕貴は高校生になり、いつも傍にいてくれるのはイケメンで裏表のない友人の怜。
その怜の裕貴への態度でいつしか裕貴は好かれていると言うより懐かれているとまで
感じるし、幼い日にいなくなったワンコを思い出す。

そんな風な流れですから、これはワンコ王道ものの再会ラブかと思いますよね。
それが次第に様変わり、作者も自らあとがきに綴られているようにファンタジー要素
てんこ盛り気味なのです。
怜は裕貴が好きで告白し戸惑う裕貴からの返事待ちですが、その間に怜の周りには
ライバルが出てきます、怜と同じ狗人と思われる人物がまず裕貴の真向かいに
引っ越してくるのですが、これは当て馬キャラにもなれない感じです。

そしてライバルは、と言ってもラブ的ライバルでは無くてただ裕貴を狙う存在の
バケモノが現れます、こんなにてんこ続き盛りするのなら、そのバケモノにも個性を
与えたらもっと面白かったかもと思うのですが、それこそ収拾がつきませんね。
人間と人外だと王道ですが、それがワンコと人魚で、これほど異種な関係もないかも。
更にワンコが相愛になった途端に神々しいまでの変化になる。
ここまでてんこ盛りだと流石にあっぱれですが、膨らみ過ぎて萌えポイントが
逆に分散してしまったように思われ少々残念だったかも。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ