偏執病、SM、心中、×××……歪んだ愛を極めたメリーバッドエンドアンソロジー

病みBL

yami bl

病态BL

病みBL
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
9
得点
83
評価数
26件
平均
3.5 / 5
神率
42.3%
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
発売日
価格
¥952(税抜)  
ISBN
9784796405003

あらすじ

著者:
SHOOWA
山本小鉄子×原作:綺月 陣
六青みつみ×緒川千世


『病みBL』のタイトルの通り、愛するが故に心を病んでいく男たちの「究極の愛」をお楽しみ下さい。
GUSHレーベルで人気が爆発しBL界を大いに賑わせた新進気鋭の作家『SHOOWA』(代表作『イベリコ豚と恋と椿。』)が漫画と表紙イラストを担当。
更にGUSHの看板作家『山本小鉄子』(代表作『ほんと野獣』)や、若い世代からも圧倒的人気を誇る『緒川千世』(代表作『誤算のハート』)も参加。
小説では、『六青みつみ』(代表作『寄せては返す波のように』)が登場。
その他、ストーリーに定評があり、実力派として知られる作家をラインナップしました。

表題作病みBL

その他の収録作品

  • 紺色ルナ[さよならバイバイまた会う日まで]
  • 倫敦巴里子[俺は忘れない]
  • 綺月 陣×山本小鉄子[アネモネ]
  • タカハシマコ[小鳥はとっても歌が好き]
  • 六青みつみ×緒川千世[アムネジア~記憶改竄~]
  • SHOOWA[I will be with you forever]
  • タクミユウ[下衆とあばずれ]
  • 大島彰子[崩落]
  • 黒田 屑[対岸の恋]
  • 麻生ミツ晃[青いカルテ]
  • 高永ひなこ(コラム)
  • 松木加斎(コラム)
  • 黒岩チハヤ(コラム)
  • 雨隠ギド(コラム)
  • 小山田あみ(コラム)
  • 高宮 東(コラム)

評価・レビューする

レビュー投稿数9

血率高し

SHOOWAさんで検索かけた時に出てきて面白そうだったので買ってみました。
読む前からバッドエンド確定というのもどうなんだって感じですけど、バッドエンドと言っても色々あるので、好き嫌いはあれど飽きずに読めました。
メリーバッドエンドの解釈も作家様それぞれですね。面白いです。
全体的に血率、刃物率が高いので要注意です。

好きなのはやっぱりSHOOWAさんですね!
というか…
自分が思ってる、狂った愛の究極はこれでしょ!ってのがまんま描かれてて逆にびっくりしました。
メリバアンソロジーすげーな。こんなの描いちゃって良いんだw
『I will be with you forever』
だから、
「eat(=一体化)」
分かりやすいです。
でもってこの方だけは、このアンソロの中で異色なんですよね。
他の方々はみんな光を求めて結果闇に向かってしまうのですが、SHOOWAさんだけは闇から光に向かってく感じです。
ネガティブな出来事にポジティブに(?)対応してるので、暗さがない。
本当の意味でズバ抜けてクレイジーだと思います。
こういうの大好き!たまらん。

続き紺色ルナさんの『さよならバイバイまた会う日まで』と、黒田屑さんの『対岸の恋』は、輪廻転生を信じ来世に託して現世を終わらせるもの。
片方は訳あって触れ合えない恋人達、片方は正常な倫理観が結ばれることを躊躇わせる実兄弟。
自ら死を選ぶ生き方には賛成も共感も出来ませんが、真っ直ぐであるが故の行き着く先という感じがしました。
悲恋であって、病みとか歪み愛とはまたちょっと別な気がします。
読後、猛烈なやるせなさに襲われます。
紺色ルナさんの方は特にやるせないです。

歪んでるなーと思ったのは、麻生ミツ晃さんの『青いカルテ』。
スクールカウンセラーと虐待されて育った生徒のイビツな愛。
これぞメリバという感じの、ある意味お手本のようなメリバ作品です。
誰かに必要とされたい願望に囚われているカウンセラーの空虚感も怖いし、母親からの暴力を愛情と曲解して育った少年の無自覚の異常性も怖い。
アンソロの締め括りに相応しい後味の悪さでした。

病み+究極の愛ということで、共依存のような関係はやはり多めです。
そういうのがお好きな方には良いかも。
上の麻生ミツ晃さんの他、倫敦巴里子さんの『僕は忘れない』、綺月陣さん×山本小鉄子さんの『アネモネ』あたりがそんな感じでした。

大島彰子さんの『崩落』は、レイプの末、快楽に堕ちていくもの。
男らしい受けがギャグボールとバンドで拘束されて、可愛らしい攻めに犯されてます。

電子版はコラムページの収録は無しでした。

個人的な嗜好としては、SHOOWAさん的な狂気をはらんでるものがもうちょっと入ってて欲しかったかな。
SHOOWAさん以外ではタカハシマコさんの『小鳥はとっても歌が好き』がそんな感じでしたが、これはオチが読めてしまうせいかちょっと物足りなかったです。

2

踏み込み加減

率直に言えばどのケースも一途なだけで
驚く程の病みではないかな、と言う印象です。
一途が過ぎて突き抜けたという場合も見受けられますが、
それをもって病みと言うならば納得かなと。
究極の寸前と言う感じでしょうか。

どのケースにしても好きな気持ちを標榜する側には
それなりの理が通っていて、そこに一切のブレは
感じられません。
それを受け止める側がどう解するかによって
ラストシーンが左右される気がします。
評者はラストシーンの味わいをもって
各話の完成度を測りたいと思います。

2

病みっていうよりは。

病みっていうよりは、「痛々しい」って感じ?全体的にものすごく病んでいる作品はないと思いますが、読後は微妙な気持ちになりました。

「さよならバイバイまた会う日まで」
いちばん好きです。最後の生身でのチューとか、涙です。病みっていうより、ほんと切ないです。

「対岸の恋」
兄弟もの、ウマーです。切ない感じもありつつ、兄の弟への想いに涙。

「青いカルテ」
こういう彼氏、欲しい。「彼にとって暴力とは=愛情」とか。私も殴って欲しい。

2

お好きな方すみません。

知ってる方が執筆しているし、好きな作家さんも描いているし、メリバ好きだからいいかな?と、表紙が何か怖かったんですが購入。

甘かったです。


どうしましょう。此処まで外れだと、もう何を云っていいのか分からないくらいにいいところが見付かりません。
これが世間でいうメリバなんでしょうか。
自分が思っていたものと大分違うので、困惑しました。
作家さんは好きな方が数人描いているにも関わらず、本当に当たりがなかったです。

矢張り、自分はBLはファンタジー、ある程度救いがないと読めないようです。
私には合わなかっただけだと思うので、お好きな方は好きかもです。
ご参考までに。

6

高いけど読みごたえあり

小鳥
これは読め過ぎるかな 
意外に、汚い大人・小島が一番怖くないですか?

アムネジア
どんでん返しまでいかなくとも軽いオチがあるとよかった
中盤までかなり好きなトーンだっただけに、「これで終わり?」となった

SHOOWAさんは病みの定番・カニバリズム
これぞ病み!いい感じに怖い

1

バッドエンドの境界

読後感がやや重い作品群です。
そういう類を求めていたため満足しました。『なんでもこい!暗くて虚しいのドンとこい!』な方なら問題ないと思われます。
(それぞれの作家さん目当てで買われると、やや苦しいかもしれません。手放しにお勧めできるアンソロジーではないので…)

以下感想です。

[さよならバイバイまた会う日まで]
初っ端から歪んだ作品! 致す前に葵の体を綺麗にしてあげる、そういうところが愛ですね。
いつかが訪れるなら今で終わりたい、と決断できる素早さもまた十代ならでは。悲しいのに良かったと思える不思議な一作。

[俺は忘れない]
そういう都市伝説、聞いたことありますよね。展開は読めるのに、それでもうすら寒い怖さが漂っていました。
羊一はこの先、どうなるのでしょう。彼の未来が不安。

[アネモネ]
そもそもこのときユキオは何をしていたのだろう…。自慰行為?それが汚らわしく思えたとか? 快楽に溺れるさま がまさにソコだとか?
ユキオに重ねて自らを見ていたのだろうか。悦ぶ姿をおぞましくも恐ろしくも感じていたんだろうか。
いずれにせよ、タカシの心はユキオを殺続きめた時点で病んでいて、そうして今もまだ癒えてはいないのだろうなぁ…。

[小鳥はとっても歌が好き]
現実でも知り合いなのに、ネット上でもストーカーっていうのはだいぶん怖いです。
そのうえ写真流通させるようなアカウントも持っているとか相当怖い…。
けれども一番重症なのは間違いなく日和!! ぞわっとします。

[アムネジア]
大好きなファンタジー、そして貴族・王族!
けれども結局どちらが本当なのか…そこが、そこが気になって…。
ヴァリウスが言うように、本当にフレイではなくファリエル王子だったら一番良いような気がします。けれども、フレイはすらすらと自分の出自を話せましたものね。そこが少し気にかかるんです。
ああ、ですがそれでは下半身の鈍い痛みをどう説明するか、になります。どこまでが嘘でどこからが真実でどれが記憶違いでどれが思い込みなのだろう…。
そして王子だとしたらまたふたりは遠ざかるわけですものね。フレイであったら、ただの従者に興味なんてありませんものね。でも見まがうくらいだから、もしかしたら影武者だったのでしょうか…うーん気になります。

[I WILL BE WITH YOU FOREVER]
苦手なたぐいですが、異様なほどコミカルに描かれているのでそもそもの罪さえも忘れます。
これはそれで入れ歯を作ってもらったのかインプラントなのか…どちらにせよ無事(?)末永く共に在れることと相成りました…って正にメリバ。

[下衆とあばずれ]
執着受け。紙一重で攻めにも転じそうな予感。
お互いがお互いでないとダメだろうに、多分ずっと殺伐とした関係を保っていそうです。それが一番なのかもしれないけれども…。

[崩落]
覚えたての快感と奥底に眠っていたMッ気が見事開花して支配されている。
可愛らしいルックスの攻めは好きです。拘束具もエロス。

[対岸の恋]
兄弟モノは苦手なのですが、これはイイ!
それこそメリーバッドエンドだからかもしれませんが、来世でと願う辺りが好きです。汚れや傷、衰えてゆく二郎の姿も描かれていて好きです。
ぜひ違う作品も読みたい!

[青いカルテ]
ものすごく虚しくてどうしようもないのに二人が満ち足りているように幸せそうなラストが目に焼き付きます。
美しく歪んでいます。神部にとっては初めてのクライアント、誰かを救いたいと思い少しでも心を軽くできたらという信念があってやってきているだけに、彼に有森を無碍にすることは到底できやしません。
途中までは、ただ先生対患者として癒し癒され昇華されるのかと思いきやここは病みBL集。そんな生易しい話ではありませんでした。
神部が、差し伸べられた救いの手を取り払ってでも大切にしたかったのは、心を痛めている歪んだ有森。痛いのに怖いのに、それでも不思議な美しさを見ました。

コラムは各先生方の様々な情熱が込められています。小山田、高宮、両先生方の萌えシチュ気になります!

4

病んでる……?

「病みBL」……
twitterで出ることを知ってから楽しみにしていました。
正直、病み度としてはそんなに高くはないです。
でも殺人・人食・死姦などBLではあまり最近みないものもあり
暗い病み系好きな方は面白いと思います(面白い。に違和感)
包丁の登場率は高いです。
紺色ルナさん・SHOOWAさんの作品が個人的に好きです。


収録作品
「さよならバイバイまた会う日まで」紺色ルナ 24頁 
「俺は忘れない」倫敦巴里子 32頁
「アネモネ」綺月陣×山本小鉄子 24頁
「小鳥はとっても歌が好き」タカハシマコ 24頁
「アムネジア~記憶改竄~」六青みつみ×緒川千世 34頁(イラスト4頁)
「I will be with you forever」SHOOWA 8頁
「下衆とアバズレ」タクミユウ 32頁
「崩落」大島彰子 24頁
「対岸の恋」黒田屑 12頁
「青井カルテ」麻生ミツ晃 26頁
コラム(各1頁)
高永ひなこ
松木加斎
黒岩チハヤ
雨隠ギド
小山田あみ
高宮東
267頁・表紙下無し


読了後、私の周りで一番話題になったのが
続き
「アネモネ」……これ1回読んでサッパリ理解できなくて2回読んでもやはり解らず。
どういう意味か考えてるうちに、私が病みそうにww

大きなテーマは「共依存」でしょうか
ユキオ=「アネモネ」(イソギンチャク)なら
タカシ=「クマノミ」です。
共に依存し合って生きてきたが、ユキオがタカシ以外の男を自分の中に入れるようになったことで
2人の均衡が崩れてしまう。
ユキオを殺してしまったものの、広い海でクマノミがイソギンチャク無しでは生きていけないように
タカシは精神的におかしくなってしまう。
クマノミのおばけ?についてはやっぱり幻覚なんじゃないかと思うのですが、そこがわかりません。

何度も読み返し自分なりの解釈に辿りついたのですが、自信がないので(笑)
他の人のレビューがもっと増えてくれるとうれしいです。

4

メリバ共依存執着…

大好きなジャンルなのでアンソロだけどめずらしく外れなしでした。
メリバの醍醐味は読んだ後のモヤモヤ感だったりぞくっとする感じだと思うので
そういった意味では読後感が良かったです。

好きな作品を少しずつ…

「さよならバイバイまた会う日まで」
しょっぱなから好きなやつだー!
お互いが自分の世界に相手しかいない二人で、そうなることが当たり前のように淡々とストーリーが流れていきます。
これぞメリバ。

「青いカルテ」
暴力は愛情だ、と
だんだん堕ちていく様が良かった。

「小鳥はとっても歌が好き」
最後でぞっとした。
宇田川くんのその後が気になります。

「アネモネ」
自分の解釈で合ってるのかな?
他の方の感想みてからもう一度読もうと思います。

「I will be with you forever」
正直SHOOWAさんのメリバが読みたくて買ったんですが…そうきたか!
好きですでも短いよ…泣

緒川さんの作品で、兄弟の病んだ話があってすごく好きなので、イラストだけで残念でした。
わかってたけど読みたかった!

お値段のわりに本続きが薄いかなーと思いましたが、内容が良かったので
病んだメリーバッドエンドが好きならオススメです。

3

読ませる「病み」

「究極の愛」かどうかは眉唾ですが、読み物として面白かったです。
サイコホラー、ブラックジョーク、悲恋など
テーマは様々ですが、「病み」の部分では統一感があり
安易なハピエンは皆無。
「読まなきゃよかった」と後悔する後味の悪さではなく
「成程こうくるか~」みたいな・・・
ダールやサキのような奇妙な味系に近いかな。
BLでこうした趣向の本は新鮮でした。

なお、表紙のイメージほど肉体的に痛い話はないです。
日常にひそむホラー的な、心理的恐怖を煽る感じですね。

怖いばかりでなく、
六青さん、タクミさんなど萌える話もあり、良いバランスです。


ネタバレは極力避け、好きな作品をいくつかご紹介します♪

■倫敦巴里子【俺は忘れない】
主人公は、どこにでもいる普通の大学生。
付き合っている彼女はストーカーに遭っていて、
主人公の自宅の郵便受にも
「俺は忘れない」と書かれた差出人不明の手紙が届く。
また、主人公にだけ聞こえる不気味な「声」が彼の過去を暴く。
彼がかつてその声の主と寝ていたこと、
今でもその男以外愛せないこと――
「声」の正体、怪談続き話に絡めたオチまで
伏線の張り方がうまい、正統派なサイコホラーでした。

※ゾクッとするオチの面白さでは
小鉄子さん(原作は綺月さん)や、タカハシさんも秀逸でした。


■六青むつみ【アムネシア~記憶改竄~】ill.緒川千世
架空の外国モノ。
侍従の目の前で、美しく聡明な王子が、敵国兵に輪姦される。
侍従が目覚めると、そばには身分の低い騎士が。
騎士は、密かに想いを寄せていた王子が亡くなったことで
気が触れ、侍従を王子と思い込んでいるようだ。
意見が食い違ったまま、亡命を図る二人の運命は…。
想い合いつつも
双方の誤解により結ばれることはない悲劇が胸を打ちます。
どちらの主張が真実かというミステリ要素も楽しい。


■タクミユウ【下衆とあばずれ】
ドS刑事×ドMヤクザで、元剣道部の先輩後輩。
病み―性癖や相手への執着―を、素っ気ない口調で覆い隠す二人がいい。
タバコを首に押しつける場面は
決して恋人にはならない二人の屈折した想いの証のようで
ゾクゾク&萌えました。


■SHOOWA【I WILL BE WITH YOU FOREVER】
外国が舞台の、無声漫画。
男が、自宅で食事しながら
かつての恋人との日々を思い出す。
バンド・デシネ専門店で運命的に恋に落ちた二人。
しかし、恋人が浮気し、激しい喧嘩の末…。
愛する人の体は、全て自分のモノにしたい。
肉も、目玉も、骨も…。
男の狂気を、あくまでカラッと陽気に描く
痛さ満点のブラックユーモアでした。


■黒田屑【対岸の恋】
戦時&身体欠損ネタに個人的に苦手で
〇〇オチもややご都合主義ですが、
プラトニックな兄弟愛はひたひたと胸に迫りました。
今後が楽しみな新人作家さんです。


ああ、字数が足りないw
大島さんや麻生さんは
ドップリ病み(闇?)系で嫌~な感じ(褒めてます)。
前者はお道具プレイ、後者はトラウマ持ち同士で猟奇系。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ