FLESH & BLOOD (21)

flesh&blood

FLESH & BLOOD (21)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神70
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
360
評価数
73件
平均
4.9 / 5
神率
95.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥570(税抜)  ¥616(税込)
ISBN
9784199007293

あらすじ

1588年7月29日、リザード岬視認──。敵地を目前に、作戦会議に集うビセンテとスペイン将校達。そこでプリマス侵攻を進言するアロンソは、開戦を回避したいシドーニア公と激しく対立!! 策を弄し、計画を承認させてしまう!! 一方、明日の出撃を控え、不安とともにジェフリーへの想いを募らせる海斗(かいと)。「もう二度と後悔したくない」ある決意を秘めた海斗の、長い夜が更けていく──。

表題作FLESH & BLOOD (21)

ジェフリー・ロックフォード  海賊船の船長
カイト(東郷海斗) タイムスリップしてきた高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

いつか出会うお前のために練習しておいた(笑

F&Bの21巻。
この巻は、皆さま待ちに待ったという感じではなかったでしょうか。
もちろんわたしもですが!

ジェフリーたちの出撃直前の夜。
ふたりを未だにつけ狙っているであろうウォルシンガム(女王の秘書長官)は憎い相手ではありますが、今回ばかりは『ありがとうよ!』と言いたい。
だってそのためにふたりは、港での出航準備に行かなくて良いんですから(笑

ジェフリーは拷問から解放され海斗の元へ帰ってきましたが、実は勃たなくなっちゃってるんですよね。
それを気遣って、海斗はどうにかジェフリーに自信を取り戻させ、そしてふたりの絆を目に見えるもので表したい、これ以上先延ばしにするのは怖いと思っているんですね。
可愛いねえ、海斗。
あんなに始めの頃は好きではなかった海斗を、わたしも今は健気で可愛いと思うようになりました。
ふたりの初めての夜はなんとも紆余曲折ですが、それは読んでお確かめくださいませ。
ふたりが互いのために四苦八苦している事前の様子がひじょうに愛おしいです。

この巻のメインはジェフリーと海斗のラブなわけですが、個人的にはナイジェルの「捨てたくせに…」と続きいうジェフリーへの台詞が泣けるー(涙
海斗が結核にかかって未来へ戻った時、ジェフリーは海斗と船の兄弟たちのために一人で死んで逝くことを選んだわけですが、それがナイジェルには水臭く、悲しく、深く傷ついていたんですね。
ジェフリー派の私ですが、ナイジェルのジェフリーには素直に自身の気持ちを吐露できる信頼と愛情に感動しました。

後半には相変わらずスペイン側のかくも面倒なやりとりが行われ、ビセンテに同情しますね。
ジェフリーたちの勝利を望んでいますが、アロンソも好きなものですから彼には死んで欲しくありません。あ、ビセンテにもね(苦笑

1

開戦前夜!!

ついに狼煙が上がり、スペインの大艦隊がイングランド沖に現れる。
決戦の日が迫る中、出撃前の一昼夜。


描かれてきた物語の時間はたったの1年数ヶ月なのだが、
苦節20巻、読者にとっては10年を越える歳月を経て、
ようやく迎えたこの夜……

人種や年齢どころか、時代を超えて、巡り会い愛し合う二人。
艱難辛苦、ようやく心が通じ合ったのに肉体的に結ばれる前に、
逮捕、拉致、拷問、死の病、再度のタイムトリップ……
和哉の執着を振り切り、海斗が決死の思いで戻ってみれば
ジェフリーは投獄され、ようやく助け出した彼の肉体はボロボロ……

21世紀的にいうならばEDに陥っているジェフリーと、
なんとか出陣前に結ばれたいと願う海斗。
色々と積極的に工夫をこらし策を弄し、ジェフリーを誘う海斗が可愛らしい。
その甲斐あってようやく訪れた身も心も一つになれた喜び!

海斗の努力の様子や、ジェフリーの葛藤を含めて
かなりのページ数がこの二人の初夜に費やされている。
おめでとう、おめでとう!

そして、その影で痛みを抱えながらも耐えるナイジェルの健気さ。
それでも、続き揺るがないジェフリーとの友情に、切なく熱い思いがこみ上げる。

 (カップル的にはジェフリー×カイトになんの不満もございませんが、
 私のツボはこのジェフリーとナイジェルの関係性なのです。
 スペイン側のビセンテとアロンソもそういう意味でかなり好きだし、
 この作品は恋愛もだけれど、この男の友情というのが萌えると思う……)


幸せな夜が明けて、いよいよ出撃の時がくる。
愛を確かめ、心身ともに自信を取り戻したジェフリーが
出撃を前に船上で飛ばす激に痺れた!
(不敵な表情で立つジェフリーの挿絵が、またカッコいい!)


次巻は、ついにアルマダ艦隊に対峙!
この後何が起こるか、史実は知っている。
でも、スペイン側にも思い入れがあるだけに、
史実と微妙に違う前提にヤキモキしたり望みを託したり、
先が読めないだけに、期待と不安が高まる。
乞う!一日も早い続巻!!

8

ラベンダー香油「なにぃ、ジャスミン練り香水だとぅ……!?」

ジェフリー 「よく我慢したと褒めてくれ」

海斗 「俺も……我慢したよ」

読者 「私(俺)も……我慢したよー!(涙)」

14

ともふみ

こんにちは拓海さん。
ウン年もリアル購読していた読者の魂の叫びです(笑)
いやー、ウン年も読んでたかいがありましたね!ね!ね!
嬉しすぎて例の一連シーンでは5回は読んじゃいました。涎でてたかも(笑)
コメントありがとうございました☆

拓海

レビューを読んで、思わず笑っちゃいました(#^.^#)
ほんと、読者も我慢させられましたね(笑)

やっと………っ!

もはや続きが気になって気になって仕方ない作品。
この21巻にてようやく二人がっ!

決戦に赴く前夜。
なんとしてもジェフリーと結ばれたいカイトの健気さにいじらしくなります。
そして、いざその時に、俺はカイトを抱けるのか…と葛藤するジェフリーに歯がゆくなります。

でも!
お互いを想う気持ちが最高潮に達すれば、そんな悩みなんてどっかに吹っ飛んじゃう!

そこにあるのは、一番シンプルで、そして最も尊いもの。

″愛してる″



これからいよいよクライマックスへ。
再び戦いの日々へとグローリア号は進みます。

あぁぁぁっ、最新刊が待ち遠しいっ!

5

シャンパンファイト、きた! *ネタバレですね

毎回、発売を楽しみにしているシリーズなんですが、今回も読み終わって本を閉じた瞬間に、早く続きを読みたい、と心から思いました。
シリーズものを読んでいる醍醐味ですが、はがゆいです。

今回は、ラストのヤマ場前に、ようやくカイトとジェフリーのお初!
あれこれと悩ましいカイトが可愛くもあり、いろいろ手助けをしてやるリリー姐さんGJという流れでした(笑)

無事にできるまで、ほとんど文庫半分ぐらいかかっているので、さすが20巻以上も続いているシリーズものの、しかも初の合体となると、シーンそのものが長いなと感慨深いです。おそらくパーセンテージで考えると、普通の文庫一冊のおはなしで、ラストにようやくエッチがあるような、そんな分量なのかもしれませんが。

ともかく、ここまで来ると、完結も近づいてきて、さびしいようなきもしますが、アルマダの海戦だけでなく、他にもナイジェルの血縁とか、和哉の問題とか、いろいろ拾ってほしい伏線も多いので、まだ2、3冊はあるよね、と願いながら続きを楽しみに待ちたいです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ