猫耳探偵と恋人 猫耳探偵と助手(2)

nekomimi tantei to koibito

猫耳探偵と恋人 猫耳探偵と助手(2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
16
評価数
6件
平均
3 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥570(税抜)  ¥616(税込)
ISBN
9784199007286

あらすじ

猫耳カチューシャを頭につけ、高級スーツを着こなす美貌の変人探偵??そんな羽越(はねこし)の恋人兼助手になって三ヶ月。無茶な要求に振り回されつつも、同棲生活は順調そのもの? そんな中、新たな事件が発生! なんと羽越の元同期・等々力(とどろき)刑事が、殺人容疑で逮捕されたのだ!! 親友の無実を信じ、真相解明にのめり込む羽越。けれど環(たまき)は、親友同士の強い絆に嫉妬の気持ちが止められなくて…?

表題作猫耳探偵と恋人 猫耳探偵と助手(2)

羽越真人 名探偵 32歳
環光宣 探偵助手兼恋人 24歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

モチーフは魅力的、受けをどう感じるかで評価は違うか?

猫耳探偵羽越と成り行きで助手になった環が恋人になってから3ヶ月。
初っ端から「にゃー」とやっていて、バカップル全開w
甘いムードで始まったこの続編だが、羽越の親友・等々力刑事が殺人容疑で捕まり
イチャイチャはお預けとなる。

事件の内容はお約束の火曜サスペンス劇場的、
経過の中で前巻での因縁の剛田が絡み、更には羽越の生い立ちの事情も出て来る。

途中でコスプレよろしく、タキシード姿になる羽越も出て来て、
テンプレがあってシリーズ化?という感じ。

等々力ラブの美少年(と言っても27歳)箱林刑事のキャラや
それに全然気がつかない朴念仁の等々力、彼と羽越の友情など
モチーフは魅力的だし、ライトな作りは楽しいし悪くないのだけれど
とにかく環が一々マヌケに「え?」とか口を挟んでいるのに
笑うというよりはイライラしてしまった。
(心の声:変人だけれどスーパーな羽越は、なんでこんなのがいいのか?)

事件解決後のイチャイチャは、甘々。
環に好感が持てれば、評価は全然違うだろうと思うのだけれど
個人的にはそこが興を削いで、「中立」。

2

続編は良い感じ

1作目で続編が出れば評価も変わるかもと思っていた作品の続編で軽く期待しました。
そして蓋を開ければまさにメロメロ状態から始まっている。
1作目はラブ度は薄い気がしていたのですが、恋人同士になって思いを重ね合わせたら
こんなに甘いバカプルな二人になっていたのねとビックリしました。

内容は1作目から3か月たった頃で、二人は蜜月、しかしそんな蜜月をぶち壊すような
事件が起きてしまう、それはネコ耳探偵その人羽越の友人で刑事の等々力が
殺人事件の現行犯で逮捕されてしまったから。

そして個人的に好きなキャラの童顔美少年風の等々力ラブの同じく刑事の箱林の
キツイ性格キャラに妙な萌えを感じてしまうのです。

そして親友の等々力の事件と羽越の因縁の相手である警察幹部とが過去の事件で
繋がりがあり、その幹部を完ぺきに排除することは出来ないまでも無傷では
いられないような解決に導く話です。
前作でちょっとすっきりしない感じがしていた内容もすっきりして、
前作とは違って深みが増したような展開で楽しめました。
ラブ要素も今回は意外に多かったし、ネコ探偵に環がメロメロなんも実続き感出来て
かなり楽しめました。

4

猫語をマスターするまでシリーズ続行希望w

猫耳探偵シリーズ第2巻。

何げに続編を心待ちにしていた、お気入りのシリーズです。
キャラはそれぞれ個性的だし、笠井さんの挿絵も素敵。
2時間サスペンス風の展開に、お約束のやり取りや小ネタなど
テ〇朝の刑事シリーズを思わせるような、ベタな安心感が好きです。
「罪」シリーズみたいに末永く続いてくれたら嬉しいかも。


主人公の環は、美貌の変人探偵・羽越の助手兼恋人となって三カ月。
猫耳カチューシャを愛用する羽越の「にゃー」だけで、
大まかな意志を理解できるくらいには成長(?)する。
ある日、箱林という知り合いの刑事が事務所を訪ねてくる。
美人ホステスのストーカーが三人、立て続けに殺された事件。
その犯人らしき男が刺殺された現場で倒れていたのは、
箱林の想い人で、羽越の友人でもある警部補・等々力だった。
等々力の殺人容疑を晴らすため、捜査に乗り出す羽越と環だが…。


上層部の妨害で情報が得られない羽越は、ある人物との「コネ」を使う。
その人物との辛い子供時代を環に話し、抱き合うシーンでは
羽越の、環への愛情や幸福感が伝わってきて、静かな感動があり続きます。
事件絡みの会話では、ワトソンのオーバーリアクションを華麗にスルーするホームズ役に徹していますが、本当はそんな環の素朴さを心から愛しているのでしょう。
環も、少しでも羽越の力になりたいと決意を新たにし、
絆が深まった二人の絡みは、短いけどラブラブで何よりですv

事件に関するツッコミどころや、裁判の決着など
気になることはあれど、刑事ドラマでいう「泣き」の展開はよかったです。
犯人の悲しい過去、事実を隠蔽した側の苦しみ、等々力の誠実な人柄など、シビアながら少なからず救いもあるエンディングが魅力的。


その他脇役では、「小林少年」ならぬ箱林少年が
腹黒元ヤンキャラとして強烈な個性を放っています☆
好きな人(等々力)にはデレデレ、環には舌打ちしまくる極悪美少年。
彼のスピンオフも見てみたいけど、等々力が鈍すぎて…?
酔ったところを裸でベッドに連れ込んでも
『昨夜は暑かったんだろうな』
で片付けられては…望みないですね~~;
落ち込んでる箱林が面白いので、これからもガンガン玉砕する方向でお願いしますw

そんな脇カプの行方や、
環の、助手&猫語通訳としての成長もまだまだ読みたいシリーズです♪

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ