描くのは愛番外ペーパー「愛を描く男」

ai wo egaku otoko

描くのは愛番外ペーパー「愛を描く男」
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
6件
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
心交社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
描くのは愛

あらすじ

ショコラ文庫「描くのは愛」出版社特典ペーパー
小説ショコラ2009年11月号の特別付録で書かれたショートです。
京都の美術館にポイズンの絵を見に行った夜、バスルームで絵筆をとりだした脩平は、幸洋の身体に愛を描くのだと言う。
幸洋の身体にポイズンの絵を描く脩平に体は早く欲しがるのだが…

表題作描くのは愛番外ペーパー「愛を描く男」

天才贋作師 阿久津脩平 25歳
画廊勤務 的場幸洋 28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

未来永劫ラブラブです

本編終了後のお話。
文庫化で追加された書下ろし『描くのは愛欲』で書かれた京都旅行でのことなので、番外ぺーパー付きで購入してよかったと思いました。

何をしているというんじゃないんですけどね。
次の仕事の参考のため訪れた京都の美術館で見た絵からのインスピレーションとてもいうんでしょうか、きっと作者はこんな風に身悶えていたのかもしれない、などと言いお仕事のためなのか欲望の発露なのかあるいはその両方か、筆に水をつけて体に描いていきながらすっかりその気になって盛り上がる二人のイチャイチャです。

二人が公私ともにしっかりとした伴侶となっていく未来が見えるようでとても楽しめました。

0

エロプレイも芸術を介せば高尚な♪

新装文庫版に入った出版社の特典ペーパーは、09年小説ショコラ11月号の特別付録に描かれた『愛を描く男』の再録となります。
本編中の書き下ろしの中で、京都の美術館に次のポイズンの贋作を描くために通い詰める脩平と、それに付き添う幸洋の姿が描かれていましたが、3日目の夜の話しです。

生まれ育った土地である京都へ脩平と来た幸洋はちょっぴり新婚旅行の気分もあったのですが、絵を前にした脩平は警備員に追い出させるまでずっと絵と対面し続ける毎日。
やっと現実に戻った脩平と語るポイズンの事。
ポイズンは自分の愛を絵に描いている。
そこで思いついた脩平のアイデアとは・・・

幸洋の身体に水で愛を描く。
脩平にはたとえ水でも絵筆に愛を込めて幸洋の身体をカンバスにしているのだ。しかし、幸洋にはわからない。
ただ筆の動きがエロティックで興奮を誘い、早く脩平が欲しくてたまらなく昂りは昇り詰めて行くばかり。
ただの筆によるエロプレイなのに、何やら芸術を語りながらだと高尚になってしまう(笑)
しかし、互いがいてこそいい仕事ができるのだと認識し、すっかり幸洋は恋人として嫁として、脩平の良きパー続きトナーとなったようです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ