悪いやつ

warui yatsu

悪いやつ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
33
評価数
9件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784781610764

あらすじ

情報収集と称してヤクザのベッドを渡り歩き、数々のトラブルを起こしてきた警察官の御影。
そんな性癖を逆に買われて、今では表向きはマル暴のデカ、実は警視庁内部の犯罪を調べる特別監査室のイヌ…いや野良猫だ。
今回のターゲットは公安のエリート、獅子堂仁管理官…K国マフィアとの繋がりが疑われる恐ろしい男。
さっそく仁と接触した御影だが、どこまでも自分勝手なドサディストっぷりに予想外に嵌まってしまい…。

表題作悪いやつ

獅子堂仁 公安エリート管理官でスパイ容疑者 32才
北斗御影 表向きマル暴デカで裏は特別監査官

その他の収録作品

  • ミッドナイト・コール
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

丁々発止CP大好き

タイトルの通り、攻めは公安に在籍しながらスパイ容疑をかけられている悪いやつ。一方、受けは身分を隠して攻めを調査する査察官。

お仕事上の駆け引きと、恋愛のもつれが魅力いっぱいの良作でした。受けがどエロいのもよいです。攻めがそれを上回るゼツリンなんですけどね。

事件が山あり谷ありで進行していくのがサスペンスとして楽しめます。受け攻め両方とも、典型的なキャラ、あるいはいいひとじゃないのもよい。ただ、いろんな伏線が回収されていくんだろうな~と思いながらよんでたのが、最後まで色々そのままで終わったのがかなり拍子抜けでした。ちょっと、「え?」て感じ。

攻めが過去につきあっていたらしい美人のクールな殺しや。攻めは、「あいつとはそんなんじゃない」というが、受けの方は、二人が今も想い合っているが対立せざるを得ない壮絶な愛なのだと想像している。BLのお約束で受けの思い過ごしだった、てなどんでん返しがあるかと思いきや、安易な結末にならなかったのは○。しかし、それならそれで、昔の男に愛を持ちつつも、今体の関係がある受けへの気持ちの描写があってよかった。

その辺もやもやしたので★3つです続き

続編で、攻めの仕事、恋愛に対する本音描写があるといいね。

0

胡散臭い奴ら萌え

エロ度のほうはシチュエーション重視っていうのとは違うが、期待通りの満足度だった。

公安のエリート管理官・獅子堂のスパイ疑惑を探るべく密命を与えられた特別監査官の御影。
裏を探ろうと上手く接近したのはいいものの、とても刑事には見えない容貌な上に即座に性癖を見抜かれていきなり抱かれる羽目になり、初っぱなから獅子堂の容赦の無さが堪らない。

その後も爆破騒ぎや獅子堂の過去の情人に命を狙われたりと、物騒続きな中でも身体の相性を確かめ合っている程。
そんな中でこの二人相思相愛?、と思わせる部分もあるが、感情の変化をじっくり感じるよりもジェットコースタードラマ並みの話の速さでグイグイ進んでいく。

その途中,…ん(^_^;)?
読んでいて、この二人って警察関係者なんだよな?って設定や、会話代わりにエッチしているかのような錯覚を持つ程回数が多いとか、気になるツッコミ処も出てくるが私的には
萌えで脳内フォローして補える範疇で楽しめた。

改めて「私って貞操観念の堅い受けだけじゃなく、ビッチ受けも好きなんだな」って自分の好みの節操の無さを自覚できた(笑)。

それから、受け続きの御影は周りにいる胡散臭い男達(ヤクザの剣崎、上司の長峰)にもいたく気に入られている様子で、彼が腹の内で散々毒付いていながらも当人達はどこ吹く風で居るのがまたなんとも堪らない。

この先絶対に一筋縄ではすんなりとくっつかないだろうって二人に何だかワクワクしてしまった。

1

スリリングでエロいです

主役二人が警察官なのに、なんてダークな内容だとスリリングな展開で面白い。
一方は公安エリートなのに、某国マフィアと繋がりがあって日本の情報を流していると
監査から目をつけられているアブナイ警官。

もう一人は、美貌と身体を武器にヤクザの情人を何人も抱えているような淫乱ビッチな
マル暴のデカ、実は本当の顔は警察内部の犯罪を調べる監察官なのですが、
淫乱な男好きは根っからの筋金入りだったりする警察のはみ出しものです。
そんな監察官の次にターゲットが公安エリートの仁、スパイ容疑がある重要人物。
御影はハニートラップを仕掛けますが、逆に失神するまで抱かれちゃう展開です。

同じ警察の人間同士の騙し合いみたいですが、本編では仁が御影の正体を
見破っているのかは不明のままで、仁の元カレでテロリストとの対決や、
爆発騒ぎや殺人ときな臭い内容なのですが、かなりスリリングな展開なのです。

そこに、甘い恋愛は見たらないし、仁と元カレの間には恐ろしくほの暗い愛があり、
それは互いを破滅に導くような悲しいくらい痛々しい愛の姿が感じられる。
仁と御影の間にも何かが育っている気が続きしますが、今は情の方が強い雰囲気。
それでも得体のしれないターゲットのはずの仁に身体から引きずりこまれた感じで、
純粋な恋愛よりも好奇心とか、スリル感が表だっているような二人でした。

本編だけでは結果的に仁が本当に警察を裏切っている悪者なのかどうなのかが
はっきりしないままで、御影も敵になる相手だと知りながらも二人でいる状況を
かなり楽しんでいる展開で終わります。
そして、書き下ろしの部分で仁のやっぱりそうだったのかと思えるような
状況が見える内容が出てきたりして想像が膨らみました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ