台湾の人気BL作家が贈る、FBIを舞台にした本格心理サスペンス!!解説編・第2巻!!

ロスト・コントロール -虚無仮説 (2)-

lost control

ロスト・コントロール -虚無仮説 (2)-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神36
  • 萌×28
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
224
評価数
51件
平均
4.5 / 5
神率
70.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
単行本
発売日
価格
¥1,100(税抜)  ¥1,188(税込)
ISBN
9784861346743

あらすじ

FBI捜査官の藍沐恩(ラン・ムーウァン)は先の誘拐事件で深く傷つき、その心の傷を誤摩化すため上司で相棒のハイエルとのセックスに救いを求めてしまう。ハイエルが未だに亡き妻を愛していることを知りながら彼と夜を重ねる藍。だが、未来を描けない今の関係を、胸に秘めた恋情ゆえに思い悩み……。そんな時、捜査中の事件の犯人からハイエルの恋人として、事件の関係者でもあるジュリアと藍が狙われた。そして、ハイエルは藍に命じる、"ジュリアを守るため、恋人のフリをしろ"と??…。台湾で人気のBL小説、感動の完結!!

Daria Series(ソフトカバー)

翻訳:黒木夏兒

表題作ロスト・コントロール -虚無仮説 (2)-

ハイエル,藍の上司
藍沐恩,FBI捜査官

その他の収録作品

  • 番外編
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

不器用ツンデレカップルのできるまで

1巻のラストシーンで心身ともに疲弊した藍を罠にかけるようにして家に連れ込むハイエルと、拒まない藍の心境を仄めかして終わりましたが、結局寝たらしい。
けど、あっさりな心理描写だけで翌日になってました。
事細かに描写してなくてもいいけれど物足りなかったです。
ハイエルは相手を痛みで支配し手中に収めることに快感を覚える痛いsexをするどSです。
藍が初対面の時から自分に恋愛感情を持ってるとわかっていてからかうのは酷いな。

死んだ恋人や妻に執着している人との恋愛は無理だと思いました。
sexのあとハイエルが死んだ妻との思い出を夢中で幸せそうに語る心境がわからない、ランを傷つけいじめたかったのかそれとも自分から遠ざけたかったのでしょうか。
死んだ妻の今際の際の約束をかたくなに守るハイエル。
誰かを愛してもいいけど『あること』を封印するというのはやっぱり誰も愛さないで私だけを思って生涯一人でいて、という呪いの言葉のように思えました。
傲慢ですね。愛は傲慢なのだと思い知らされます。
愛していたらたとえ死んでも他の誰かに譲れないと思いますもの。
だからそんな重い過去を背負った続き男を愛してしまった藍に同情します。
だって思い出は美化されるし死者には勝てません。
愛する妻と子供との幸せな未来を失ってそこから這い上がれない気持ちも囚われ続けるのもわかるけれど、そこに他者を巻き込んではいけなかったと思う。
生い立ちから『自殺傾向がある』という理由で心理評価書から逃れられない藍だけれど、カウンセリングが必要なのは藍ではなくハイエルだと思う。
最後にはハイエルも自覚したけれど、失ったものの中で再構築するでもなく受け入れるでもないまま無いものをあるかのようにして誤魔化し続け、それでも喪失感だけが積もって行く時間を重ねてきたのだと思いました。

藍はいつか、ハイエルが約束を守り続けることに不満が湧くことはないだろうか。
態度や仕草、言わずとも伝わる想いがあれば満たされるのでしょうか。
というかそもそも『人を愛する想い』を死んだ妻とともに埋葬してしまったみたいで、許せないと思ってしまうのは私の心が狭いせいでしょうかね。
でもきっと藍なら亡き妻を愛していた気もちごと受け止めて二人で再生の道を歩いて行けると思います。

2

なんて素敵なカップル

ロスト・コントロールの2巻で完結編。
2巻は1巻で解決した事件の、前回拾い切れなかった伏線を回収していくお話です。
「事件を追う」という推理的な部分は1巻のほうが楽しめたのですが、その分2巻ではキャラクターの心理描写に重点を置いて、己の恋愛感や内面に向かい合うキャラクターの様子が丁寧に描かれています。

1巻で曖昧だったハイエルの本心がどんどんわかってくるともう楽しくて萌えてしかたないです。
何が楽しいって、ハイエルの気持ちが部下にばれていることが。
なのに藍だけは気が付かないのですよね。

1巻では何でもできるボスに見えたハイエルが、この人は子供だ…と気付くまでに時間がかかりません。
藍が好きで、傍に置いておきたくて、危険なめに遭わせたくなくて、でも意地っ張りな藍にいう事を気かせるために、(プライドの高さもあるのでしょうが)言い方がきつくなる、強引で藍の意思を尊重していないように振舞う、でも他の部下にはバレている…。

1巻ではハイエルは藍のトラウマを開放しようと画策していたようですが、そのあたりがちょっと理解しがたく、ハイエルは藍に恋心を抱いているのか部下とし続きて大事にしているのかがわかりにくかったんです。
ハイエルのしていることはどういう風に藍の役にたつのか、と。

2巻では別々のトラウマを持った2人が違う方法でその出口を見つけるまでがしっかり書かれていています。
お互いのトラウマを抱えることは出来ないと思いますが、互いのトラウマに敬意を払って、この2人はこの先「お互いに愛してるとわかっている」ことを上手く示していけるのではないでしょうか。


番外編でその後の2人のお話が入っています。神評価をつけたのはこれがとても面白かったから。もうラストの終わり方まで大好きです。

とっても萌えたカップルなのにもっと糖度があったらなぁとか、もっと甘いシーンが見たかったなぁとか、そんな物足りなさを全部払拭してくれました。
1巻でハイエルをちょっとひどいと感じたのも、これで全部チャラに出来るくらい、2人の関係が面白く楽しく素敵に進化しています。
もう誰にも隠さず(藍にも、藍の友人にも隠さず)、公私混同しまくる我らがボスを、いつの間にか尻にしきつつある藍。
藍がこの関係を楽しめるようになり、主導権を持てるようになったことがとても素敵で、幸せなお話だと思いました。
思ったよりずっと子供っぽいハイエルは、これからも藍の行動に一々ハラハラしてくれたらとっても嬉しいと思います。

3

ココナッツ

こにしそるさま

こにしそるさま〜、お読みになったのですね(*^m^*)
ダリアの小冊子は入手されましたか?そちらがまた良いのですよー!

モジモジの神が降臨!

前巻では、萌えの海で溺れ死ぬかと思いましたが、今回はそれ以上の萌えの宇宙か?宇宙遊泳か?という感じです。
個人的感想です、はい。

**********************
攻め、受けは前巻同様です。
受けは、FBI捜査員で中国人の藍沐恩(ラン・M・エイムス)。
実母とその友人が目の前で自殺し、それがトラウマとなった自殺願望が潜んでいます。

攻めのレックス・ハイエル(レイ)は、元はCIA捜査員でランのチームを率いるリーダー。
妻をCIA時代の事件で亡くしてからは、女性とは寝ないバイセクシャル。
**********************

ハイエルとランは仕事の相棒であり、上司部下の間柄であり、愛だとか恋だとかの所謂俗っぽいものは介在しない関係でした。
ランはずっとハイエルに恋していたけれどそれが思わぬ方向へと転がり、前巻の展開を一番驚いたのはランであったろうと思います。
ハイエルはランの気持ちに最初から気づいていましたし、ランの友人でありカウンセラーのイアンも二人の関係に変化が訪れる可能性があるとわかっていたはず。
ただランだけが頑なに、片想いで続きこの気持ちは隠せていると思っていただけで。

前巻ラストでとうとうハイエルの部屋へ行ってしまった(やっちゃった)ランですが、今回のスタートはランが聞けずにいるハイエルの元妻の死の真相から。
これか!これなのかー!ハイエルが囚われ続けている言葉は…切ない。
この亡き妻の最期の願いでその言葉を口にしないということもあるだろうけれど、ハイエルがその言葉を最後まで口にしないのは、自分が口にした相手は失われると無意識で恐れているからかなと感じました。
今のハイエルを形成する一部分となっているこの呪いのようなものを、ランならば丸ごと受け入れることが出来る、最後まで読むとそう思えました。
幸か不幸か、悲惨なトラウマも手伝ってランは支配されるということに慣れているので、それを口にできないハイエルに対して不満は持たないのだろうなと。
開き直ればランの方が精神的に強いのですよね。
割れ鍋に綴じ蓋…(苦笑

ハイエルがランへの苛立ちを見せるシーンが序盤にあるのですが、これはひとつの愛だなと。
ランは自分の痛みには無頓着なのですが、反面、他人のそれにはとても敏感で、それはいざという時に自己の命をかえりみないということと同義なんですよね。
それはまさにランの根底に根付く自殺願望なわけで…
あー、ハイエルは心配で仕方ないんだなあとウフフとしちゃいました。
ランを追いかけたらイアンに先を越されて、ムッとしてたところも可愛かった(苦笑
しかもその後、ゴリ押しで邪魔をするという。
もう、ハイエル可愛過ぎでしょう!

『今週の悶えシーン!』とでも称したくなるシーンが今回もてんこ盛りで、しかも体の関係を持ってからは随分とそれがハッキリとした桃色としてこちらへ感じられ、照れるってばよ〜と読みながらモジモジ。
もう読み終えるのがもったいなくてもったいなくて!
今年はまだ始まって三ヶ月しか経っていませんが、今年の中で自分自身の妄想萌えトップとなるとハッキリ言えますね。
だって文中には書いてないのに、『きっとハイエルは下はスエット、上は裸で寝てるわ』とか、『ランをイアンに掻っ攫われちゃった後はエレベーターの扉蹴ったよね』とか…もう妄想止まらずわたし壊れてます(苦笑

10

ココナッツ

stella☆さま

stella☆さま、コメントありがとうございます(*^^*)
一巻のわかりにくい愛情も萌えますが、二巻は気恥ずかしくなるくらい好き好き光線が出ていてニヤけますね!
彼らの今後も読んでみたいですが、なかなか難しいのかな。残念です。

stella☆

ココナッツさま
ほんとーに、萌え♡満載作品でしたね~。
いつも小説よむときよりも時間をかけて丁寧読んでました。
いまでもあちこち拾って読み返してますよ!
 stella☆

まさに本格派

この本の買ったきっかけは、表紙買いです。たまたま、見かけて、どうかなー?と思いつつ買った作品です。海外物の小説だったので、あまり期待しないで1.2巻読んだら、それを裏切るようなすごい本格派スケール。びっくりしました。BL作品というより、一つのミステリー小説という感じがすごいしました。特に一巻目は顕著でした。二巻目でBL要素が入ってきて、ぐーっと一気によめます。萌えもそれなりに充実していました。超、萌えるのを読みたいという方には、あまりオススメしませんが、本格派のミステリー、BL作品を読みたいという方には、かなりオススメの作品です。
私は普通に萌えましたし、良かったです。

4

やっぱり言葉も大事かと……。

他の方が仰っていますように、ハイエルの気持ちの変化の描写が自分も少し足りないと感じましたが、物語自体には満足しました。描写もさっぱりすっきりした感じでくどくないです(翻訳による印象もあるかもしれませんが)。

でも少し疑問だったのが、ジュリア・ピータースに対するハイエルの姿勢がちょっと私情を挟み過ぎなのでは?と感じられるところ。命令だ!、彼女には関わるな!、を繰り返して、事情をよく知らない他の人(藍)による適正な聴取でさえ阻もうとするのは、あれはどうなんだろう。確かにジュリアの置かれた状況は危ういものでしたし、彼らの属する世界やそのやり方に自分は全く門外漢なので的確な是非のつけようは無いのですが、この問題に関するハイエルの高圧的で独善的な言動に少し公私混同を感じずにはいられなかったです。

あとは、ハイエルが藍の過去の詳細とその心の傷をどの程度まで深く理解しているのか、起きた出来事をどれくらい具体的に把握しているのか、その辺がもう少し知りたかったかな。ハイエルと父の関係ももうちょっと踏み込んだ内容が知りたいし、藍と広義に同じ病を抱えるアニタとのシーンももっと読みたいところです。続き彼女は本当に魅力的な人でした。続編とか出ないかなぁ。

挿画も良かったです。初めて拝見した方ですが、印象的な美しい絵ですね。小さな子供の描写もとても可愛くて、胸が温かくなりました。落ち着いた装丁も美しく、これもまた他の方のレビューにありますように、確かに帯と本の一体感がとても素敵でした(期待していましたので、二冊とも破れたりせずちゃんと綺麗に付いて来ていて嬉しかったです(笑))。

とは言えどうしてもすっきしない点が一つだけ……。タイトルにも記しましたが、言葉にしてあげてもよかったのでは?―というのが最後まで引っかかったし、そのために読後感を少なからず冷めさせたのは否めません。勿論、それが彼女との大事な約束だったのはよく解るのです。それを交わした時の状況も鑑みれば、破る心境にはなり難いということも。ただ、彼女に義理立てするあまり、今生きてそこに居てくれている大切な人に大切な言葉を惜しむ必要があるのか?という一点がどうしても気になる。亡き妻との約束に今愛する人を巻き込むかのように、頑なに絶対に言わない(言えない)というのが、個人的には納得がいかなくて。勿論約束は守るためのものだけれど、ハイエルの言動を見ていると純粋に亡き人への愛からという強い動機よりも、「言わない」という誓いを守ることそれ自体が目的になってしまっているような、ある種の呪縛に囚われてしまっているような、そんな矛盾する心情を感じるので……。常に危険と隣り合わせの彼らの職業を考えれば、もしこの先藍に何か起こって不意の別れを迎えなければならなくなった時、ついにその言葉を言えなかったことを、彼は今度は後悔するのでは……?あるいはハイエル自身に何かあった場合にも同様に。

―そんな風に詮のないことをつらつらと考えてしまう読後感でした。
個人的信条として、「あの時何度でも言えばよかった」という後悔を絶対にしたくないので、日頃から感謝や愛情を出来るだけ口に出して伝えるようにしておきたいと思い、しかしそこは典型的日本人でありますからして照れが邪魔をしつつも、なるべく実践するようにしようと思っているからこそ、自分は余計にハイエルの気持ちや彼にそれを貫かせた作者さんの意図に添えなかったのだと思います。

でもこの辺の領域の問題への考え方は、テーマが大変デリケートな分、本当に人それぞれでしょうね。ハイエルが「愛している」と言わないことにこそ意義があるとお考えになる方も勿論沢山いらっしゃると思いますし、実際、第三者として見てハイエルに納得出来ない自分でも、いざハイエルの立場、ジュリーの立場、藍の立場、それぞれに立って考えたら答えはまた変わって来ますし。結局は、難しい問題だ……という曖昧な言葉で終わってしまうのですが、まぁ、創作であるからこそ聞かせて欲しかったという、結局は若干ロマンティックな心情にも多少傾いてもいるのかもしれませんが。

6

見事なバランス

メンズロマンスと言うよりはメンズラブ寄りな
感覚の纏まり方でしたね。
サスペンスとしてもロマンスとしてもきちんと
成立させつつ、そこに普通の関係まで織り込んで
別の視点からでも充分読める様に仕上げてある。
まったくもってお見事なバランス感覚です。
なにより、無駄な登場人物が一人としていない。
どの関係も必ず因果で結ばれる様に構成され、
そこに計算臭さが感じられない。
あとがきがまた痛快です。これは彼等の産みの母
だからこそ振り下ろせる柳葉刀でしょう。
大変に美味しいコースの〆でした。

4

本の装丁も素敵

はあぁぁぁ(*´Д`)読んだ・・・
言葉が見つからない
とてもよかった
藍とハイエルが幸せそうでよかった。
ハイエルもやり直せたんだよね。
いや、あんだけみっとみないくらいに嫉妬・・・w
続編マジで実現したら嬉しい。
蒔舞さんのSNSでお願いしてみようかしら。
つか日本語じゃマズいわよね・・・?

SNSで日本語でメッセージ送らせていただいたら日本語でお返事いただきました・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)。. .。.:*・゜゚・*


1巻めではよくわからなかったハイエルの気持ちが2巻でよくわかって、1巻と2巻が対の存在のようになってて面白かった。
本の表紙もそんな感じになってて、ぜひ帯付きのものを見てもらいたい。
1巻めは藍目線的な内容で表紙がハイエル、帯のコピーは藍目線。
2巻はその逆でハイエル目線的な内容で表紙が藍、コピーはハイエル目線。
1巻2巻どちらも読んで表紙を見るともう堪らない(*´ω`*)
これはもう表紙込みの素敵な作品。

繰り返し読んでるw
保存用にもう1冊ずつ欲しい。

3

甘く、苦い

余りにもこの作品に嵌まってしまい、初めてレビューしてしまいます。

元々カバー絵に魅せられて購入しましたが、これが大正解!本当に購入して良かったです。
内容は他の方が詳しく書いていられますので、超個人的な萌ポイントを‥。

とりあえず、
①アメリカのサスペンスドラマ、特にCIA・FBIなどが大好物
②俺様な攻め、対して穏やかだけど芯がある受けが好き
③トラウマを抱えているけど、それに甘えず立ち向かう主人公達を応援したくなる
④恋愛を盛り上げる為の添え物ではなく、本気で仕事をしている描写が出てくる
⑤大人の男達のビターで少し甘い恋愛が好き
⑥魅力的な脇役達が出てくる作品が好き

上記に共感出来る、または好きだと言う方は楽しめるかと(*^^)



以上、べた褒めしましたが、、幾つかの?も有り。

①ハイエルが藍を特別視するようになり、やがて手放せなくなる描写が今一つ足りない気が‥
②上巻に比べて下巻は、サスペンスとしては物足りなさを感じる
③最後の番外編、BL読者としては大いに萌えたけど、仕事に公私混同しすぎでは‥?仕事が出来る男好きーとしては、続き仕事上では最低限きっちりラインを引いて、あくまでプライベートで甘さを出して欲しかった(><)

まぁ、好き過ぎてハードルが上がりまくったのかもしれませんが、これらを差し引いても神に出来る作品です!!
結構分量がありますが、読み始めると一気に読破しちゃいますので、是非上下巻揃えてから読んで下さい。

とにかく魅力的なキャラクター描写が上手いので、是非この作者様の他の作品も翻訳して頂きたいです!

7

最後の最後まで……


一巻では深まる事件の謎を追う一方で、それにより呼び起こされる藍の過去からの苦悩。そして、密かに想いを抱いていた相手、ハイエルとの関係の変化を。

二巻では体の関係を持った藍(受)とハイエル(攻)。それぞれが抱える過去の傷や互いの気持ちをより明確にしていきます。二巻からはハイエルの視点も書かれ、藍に対する感情に思い悩むハイエルが見られます。藍もまた、ハイエルと一線を踏み越えたことで、夜を共にするだけのこの関係に未来はないと諦めを感じつつも彼と体を重ねていきます。

体で何度繋がっていても心は過去に因われたまま翻弄される彼らの心情をとても緻密に書かれており、読み応えがありました。

ハイエル視点は特に、大切な者を失うことの不安や後悔、過去の約束を頑なに守ろうとすることで伝えきれない気持ち。それでも藍を求めている自分との葛藤は読んでいてこちらの気持ちもいっぱいになります。

藍は藍で懸命に割り切った関係だと自身に言い聞かせていますが、ハイエルの時折見せる優しさに惹かれたり、瞬く間に打ちのめされたり、揺れ動く感情の中で、自身の気持ち、そしてハイエルが抱く気持ちを見出していき続きます。

そして一巻から続いた事件の全貌が解き明かされるにつれ、ある出来事が二人に訪れるのですが……。

これはぜひとも読んでほしいです。

二巻ではセックスシーンやキスシーンが割りと出てきますが、一巻同様、甘さを表現するというよりは読み手の感性に触れ、その情景をたっぷりと楽しませる感じです。

作中、受け側である藍に喘ぎ声の台詞はほとんどありません。今まで読んだ小説は大抵喘ぎ声のみの台詞が多く使われておりましたが、そういったもので煽ることはなく、静かに情感に訴えるものがあります。決して淡々としているわけではなく、藍とハイエルの心情を細やかに書きつつ行われるこれらのシーンにはとても魅力を感じます。

そしてyocoさまの挿絵。今回も素敵でした。
特にクッキーを齧るハイエルの挿絵が気に入ってます。
というよりハイエルが好きです。
このお話にyocoさまの描く映画のワンシーンのようなイラストはとても合っていると思います。

終わり方としてはとても良かったと思います。
最後まで楽しませてくれました。

番外編はもう、正直笑ってしまいました。その後のハイエルと藍を描いています。
素直過ぎるハイエルの言動に注目です。

この本が翻訳され、日本で発売されたことを一読み手としてとても嬉しく思います。
この話を生み出した作者の蒔舞さま、そしてこの本の魅力を損なわず、見事に訳してくださった翻訳者の黒木夏兒さま、素敵なイラストを描いたyocoさまへ感謝でいっぱいです。作者さまの別のお話もぜひ読んでみたですね。

巻末の最後の最後まで楽しませてくれる素晴らしい本でした。

9

完結!

過去の記憶にとらわれたハイエルと、彼への思いを心に秘めつつ一歩を踏み出せないラン。
1巻では全く心情の読めなかったハイエル視点でのパートが加わることによって、2巻ではより主役二人の切実な思いが伝わってきます。
誠実で真摯な人間だからこそ、頑なにならざるを得なかったハイエルが切ないです。

番外編は本編と打って変わって軽いノリでほほえましい。
ハイエルの変わりっぷりがもうww
ダニーとアニタはお気の毒様です。

うーん、作者様の他のお話もぜひ読んでみたい!
萌×2と悩みましたが、1巻からのトータル的な評価で「神」レベル♪

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ