花嫁たちを奪い返せ!

hanayometachi wo ubaikaese

花嫁たちを奪い返せ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784861346675

あらすじ

大富豪の西園寺天王・海王・地王の三兄弟は、仕事や学業で超多忙な毎日。せめてお正月はそれぞれの恋人、椿・柊・柚の春名三兄弟とゆっくり過ごそうと帰国した矢先、何者かによって椿たちが誘拐されてしまう。手がかりがなく、黒幕もわからない絶体絶命な状況で、天王たちは無事に花嫁を救い出し、甘い年越しを迎えられるのか??!? ファン待望の「花嫁シリーズ」最新作ついに登場!!

表題作花嫁たちを奪い返せ!

西園寺天王 富豪の長男で油田を所有 30才
春名家椿 花屋を経営するしっかり者の長男 24才

同時収録作品花嫁たちを奪い返せ!

西園寺海王 次男でダイヤモンド鉱山所有 27才
春名家柊 ツンデレクールな次男 21才

同時収録作品花嫁たちを奪い返せ!

西園寺地王 三男で温泉を所有の大学生 22才
春名家柚 天然癒し系の三男 18才

評価・レビューする

レビュー投稿数3

不思議な森本ワールド、相変わらず男同士である必要性は皆無

いや~冗長でしたw
今回は一段とポエム
いい年した大人の男の考えとは思えない思春期の少年少女みたいなポエムの連続
そうやって随所随所にセンチメンタルなモノローグが挿入されるせいで、一応三人称なんだけど激しく視点移動してるみたいで落ち着きません
あと地の文で『むかむかむか。』はさすがにやめてw

本物の男兄弟はこんなにベタベタしないとか言っちゃいけないんでしょうが、こんなリアリティのない家族愛の話が読みたくてBL買うわけじゃないんですよね

いい点は……海外の大学名については無駄に調べてあるんですけど……でもそんな部分は全く求めてないんですよね……

0

あの兄弟達が戻ってきた!

うゎーっ~今頃になって戻ってきたよ(驚っ!)な、
花嫁シリーズ・4冊目です。
前作から4年の時を経て、
まさかまさか…戻ってくるとは思わなかったよ、この人達。
天海地…そのまま自衛隊(?)みたいな変ネームの富豪三兄弟、健在。
仲良し看板娘(?)な花屋三兄弟も、健在。
みんな元気で、いや~良かった。
で…今回もまた、飽きもせず誘拐事件でございますわな(苦笑)
3人いっしょに攫われて…は、もうお約束。
そこんとこつっこんでちゃ…このシリーズは読めません。
キタキタキタ~と思って、さらっと読み進みませう。
だって…攫われたほうだって、気にせず、動じず、ケロッとしてます。
よほど攫われ慣れてるのか、ニブいのか、はたまた愛を信じ切ってるのか…
もう「こんなものだ」と読む側が割り切るしかありません(笑)
これはアホアホギャグです。で…どこまでも姫様仕様。
大昔から、姫様ってのは「攫われては助け出される」のが仕事なんだからさ。
シリーズ第一作からして、素人読者がひるむ級のトンデモ設定だったんだから、
もうこうなりゃ~徹底的にお姫な話にするしかないよね。
私…疲れた続きらこういうの読みたくなるんだよ☆

1

またまた誘拐騒ぎです。

花嫁シリーズ4作目、お久しぶりな気がします、同人誌でも度々登場してるけど、
商業誌本編からは既に4年の月日が経っていての最新シリーズ。
大富豪の西園寺3兄弟と美人と評判の花屋の春名3兄弟、両家の上から順番に
カップル成立しての恋人たちのお話。

初めは誰かに春名3兄弟が誘拐されてしまうが、西園寺兄弟はまた祖父がやらかした
なんてお気楽に考えていたら、全然違っていて、懸命に行くへを探すが
全然見つからないと言う展開です。

それでも、コミカル作品ですからシリアスとは無縁、誘拐した犯人と春名兄弟は
仲良くお茶してまったりしていたりします。
そして4年の月日が経ったのだと思えるのが、海王も地王も大事な恋人を誘拐されても
以外に落ち着いている、その根拠が恋人がピンチなら絶対心で助けを乞われたら
絶対わかるという、4年の歳月が結びついているような恋人たちの関係ですね。

誘拐事件は簡単に解決するし、今回も年越し前の時期なのですが、
1年通して忙しい西園寺兄弟と春名兄弟が久しぶりに勢揃いし、
恋人それぞれに甘い時を過ごす話でした。
花嫁シリーズは3カップルそれぞ続きれ味があって違うので意外にクセになります。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ