SEXY・アロマ・NIGHT

sexy aroma night

SEXY・アロマ・NIGHT
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
40
評価数
10件
平均
4 / 5
神率
30%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799713914

あらすじ

自称『オレ様テクニシャン攻』の杵塚はメンズエステ店のカリスマエステティシャン。ある夜、バーで泥酔してしまった杵塚はフェロモン溢れる男前にお持ち帰りされ、Hなイタズラをされてしまう。
翌日、来店してきたその男の正体は人気俳優 鷹凪煌也で…。
エロい手つきでお尻を狙ってくる鷹凪から杵塚は貞操を守れるの!? エロ度高め、ラブラブ描きおろし付き!!

表題作SEXY・アロマ・NIGHT

鷹凪煌也 人気俳優
杵塚 メンズエステ店のカリスマエステティシャン

評価・レビューする

レビュー投稿数5

マッサージなのに・・・(ネタバレ)

「LOVE・アロマ・BODY」のスピンオフ作品になります。ですが、私はこの作品を読まずに、「SEXY・アロマ・NIGHT」を読みました。読まなくても話は全然分かるので、大丈夫でした。

メンズエステ店のカリスマエステティシャン、杵塚(受け)はヤケ酒をしたある夜に他の客に絡み、人気俳優の鷹凪煌也に止められ、お持ち帰りをされ、意識もうろうの中で色々といじられちゃいます。(エッチなほう)
その後色々あり、次の日に煌也が来店し、マッサージを依頼しにくるのです。ただのマッサージなのに、際どいところまで触り、煌也をイカせる、と意気込む杵塚。なんだか可愛らしくて笑えますね。w

みなみ遥さんの絵は結構可愛いので、少し苦手でしたが、この作品は良かったと思います。
受けの杵塚は元々攻めだったので、それほど乙女思考ではないからでしょうか?

1

読めば読むほど…

前作の「LOVE・アロマ・BODY」はエステで受けキャラが攻めにマッサージされるマッサージものの王道でしたが、こちらは攻めキャラがマッサージされるお話です。
攻めが触られて気持ちよくなっているのってあまり見ないので不思議なドキドキ感が…。

前回当て馬的な役割だった杵塚が主役ですが、これ単品でも楽しめます。
でもラストに前作の二人のおまけが入っていますので、前作を読んでいた方がお得感があるかも。

恋愛の楽しさ、BLとしての好みは個人的にはこちらのほうが上でした。
杵塚のキャラクターが王道ツンデレでBLとしてすごくすごく萌えました。
何故か何回も読み返してしまう…。読めば読むほど、このコ可愛いなぁと
思います。

杵塚は前は攻めとして出てきたので、この話は攻め×攻めでどうやって展開していくのだろうと思ったら、始まって早々、俺様な俳優である鷹凪に対し、単純な杵塚が受けにしか見えない^^;

攻め×攻めって感じの攻防というのが期待できるかと思ったらそういうのはあまりなく、でもツンデレ好きな人にはオススメです。
タラシに見えてお仕事に一生懸命なところも、俺様なのに続き押されたら非常に弱いところも、強気でタチだといってるのに本当は誰ともしたことないところもとても萌えました。

おまけを除いて一冊まるまるこの二人なので、展開が急ぎすぎることもないし、結ばれるまでは最後までしないところもよかったです。
前も思っていましたが、マッサージしてるだけなのに、ほんとのえろい行為はラストまでないのに、なんでこんなに色っぽいんだろう。
絵もホントに綺麗で丁寧だと思いました。

2

エステされたい…。

常日頃から「攻めなのに受けができそうなくらい美人だな…」
とおもってるみなみ遥さんなのですが、この本は本当に攻め(杵塚)が受けオチするスピンオフです。

ただのマッサージなのにエロい気持ちにさせられてしまう。というエステなのに、
むしろ杵塚は攻め的にガンガンエロイ方向に持ち込む積極的なタイプ。
なのにそれ以上に積極的な鷹凪に振り回されてるうちにだんだん可愛げが出てくる表情に惹かれました。

とはいえ、その鷹凪もそんなに男臭い体型でもないので、最終に酔った杵塚が鷹凪を押し倒して攻めはじめた時は、ありか!?すわありか?とやっぱり思ったのは否めないわけで。

みなみさん、いつかリバやってください・・・いや、見つけられてないだけ?

1

テクの見せ場はあったのかな?(笑)

『LOVEvアロマvBODY』のスピンにあたる、そちらでライバルとして登場していた杵塚が主人公になった作品だそう(BODYは自分は未読)
帯に「攻×攻」とあって、普段かわいい系、ショタっぽい系の作家さんというイメージがあったので”おおーっ!”と思って手に取りましたが、表紙イラストを見ると何気に攻め受け一目瞭然ですね(汗)
これが逆転だったら滅茶驚愕だったのでしょう(相当モノ好きの少数派?)


いいな、と思っていた客の葉月をライバルの藍羽に取られて面白くないマッサージ店のエステティシャン杵塚が、バーで管巻いているところに飲み過ぎだから帰れと注意を促してきた男。
気分が悪くなってそのまま記憶はブラックアウトし、夢うつつで感じたのは身体を触られてる快感。
目が覚めると見知らぬ男が!
酔った杵柄の面倒を見て家に連れ帰りお世話をしてくれたのは超人気俳優の鷹凪でした。
家を出る時に慌てていたために名刺を置いてきただけだったのが、その当日杵柄を指名して店にやってくる鷹凪。
ネットの書き込みのテクを披露してもらうぞとヤル気まんまんの鷹凪の挑発に、杵塚は「オレは挿れさせる方じゃない続きぜ」との強気の言葉。
煽る鷹凪とイかせてみせると意気込む杵塚だが逆に杵塚が触られ欠けちゃったところでタイムアップ。
それから鷹凪の杵塚指名の執着がこもった戦い(?)が!?

攻め攻め攻防というより、鷹凪が余裕すぎて結構スーパー攻め様的セリフを吐いているので、どちらかというと杵塚の負けてたまるかツンデレグルグルの要素が強い感じ。
ま、彫らせねぇぜ!的気持ちは充分にあふれているし、イかせるどころか鷹凪との駆け引きにドキドキしてきちゃって恋が芽生えちゃう?

これって、鷹凪の一目ぼれってことでいいのかな(笑)
まんまと杵塚墜ちました♪
余りマッサージの見せ場はなかったかもね~

それにしてもこのアロママッサージ、整体とは違うし確かに男の人で勃っちゃう人って結構あるらしいんだけど、風俗みたいですよw

杵塚は受けっぽさもあるけど、かわいいショタ系ものの時は攻めになるタイプのかわいい男の子という外見だし、一応この作家さん基準で攻めタイプの男子なんでしょう。
でも、翻弄されたりしてかわいらしさが結構出ていましたv

3

アロママッサージじゃなくて性感みたい

イラストだけ見ていても甘いエロさがそこらじゅうに漂ってくるような気がして
とても素敵ですよね。
既刊「LOVE・アロマ・BODY」のスピンオフで、前作の攻めの藍羽のライバルが
受け役で登場、前作では藍羽のハニーを狙う姑息なライバルって雰囲気でしたが、
今回はイケメンフェロモン垂れ流しのような俳優にお尻を狙われる事態になります。

アロマエステを背景にしたラブコメでライバルの藍羽が可愛い恋人を手に入れて
店でも幸せオーラ垂れ流しでにやけているのが許せない。
自分も可愛い恋人をと思って飲んだくれた日に俳優の鷹凪にお持ち帰りされる。
酔って正体を失くした上にゲロ塗れにしてしまうが、鷹凪は杵塚をお風呂に入れて
チョイ悪戯しちゃう。

そこから杵塚指名で鷹凪が客としてやって来るのですが、
マッサージでイカせる勝負みたいになります。
かなり意地っ張りでオレ様気質な杵塚が相手を本当に癒したマッサージをしたいと
思う事自体がきっと愛なのですよね。
快感駆け引きめいた流れですが、エロ可愛さがあって良かったです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ