真夜中の彼方者

mayonaka no acchimono

真夜中の彼方者
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
32
評価数
8件
平均
4 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799713945

あらすじ

迫害を受けていた醜いヤギの妖・ロイは、輝くように美しい火の神・シウ様に助けられ、人の姿を与えられた。
シウ様を主と慕いお世話に励む中、そばに居たいと想いを募らせるが、己れの醜さをよくよく自覚しているロイは、自分はいてもいなくてもよい存在だとわかっていた。しかし、シウ様の逆鱗に触れる出来事が起こりーー!?
孤独な異端者のBLおとぎ話。

表題作真夜中の彼方者

人間の身体を与えられた元醜い妖 ロイチェクタ
現アイドルをしている火の神 シウテクトリ

同時収録作品恋の空路 前後編

アパートの隣の住人 方喰
存在感の薄い天涯孤独の無職青年 森宝

その他の収録作品

  • LOVE-Hate
  • 休日の意味

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ぬいぐるみとアイドル

先生らしい世界とグロさに安心できる1冊。
ページ数が少ないのが気になりますが、黒山羊もどきが可愛かったので良しとしましょう(笑)

醜さ故に悪者扱いされ迫害されたロイチェクタ。
ロイを助けて姿かたちを作り変えた神様シウテクトリ。

下界で暮らすのはロイを手元に置くためであって、決してたい焼きの為ではないのです。

ロイが夜な夜な邪気を狩りに外出するのは黙認できても、友人ができるのは許せない。
嫉妬の炎に身を焦がしたシウ様によってお仕置きが始まるのですが…。

ロイの性格でリードする姿が想像出来ず、シウ様が本当に満足できるのかそればかりが気になってどうしようもありませんでした。


1

最高のファンタジー

丸ごと1冊ファンタジーラブと萌えまで堪能させて頂きました!
火の神と醜い化物の恋は主従萌えにケモノ姿もラブリーなもふもふ萌え感
萌え心をたっぷりくすぐって、切ない身分違いの恋心まで堪能出来る優れもの。

実を云えばイラスト自体は好みからかけ離れていて、これで内容が自分の好みから
かけ離れていたら見向きもしないかもと思えるのです。
イラストの濃い感じが好みでは無いのですが、今回出てくるもふキャラは可愛い!
好みじゃないイラストなのに、読むのを辞められないくらい惹かれました。

同時収録されているもう1本もファンタジーだけど、サスペンス感があって
また一味違った作品で面白い。
グダグダ内容をお知らせするよりも是非お手に取って読んで欲しい1冊です。

4

黒ヤギ!・・・か、か、かわいい!!

3年ぶりの直野作品のBBCコミックス♪
表題含めたシリーズともう1シリーズの2編は、まるっと人外ファンタジーもの。
何だか安心して読める、コミカルもありシリアスもあり、アクションもあり(?)オヤジ(?)もあり、大好きな要素がみっちり詰まってるv
それに、リブレの単行本は表紙下本体には余り色々おまけが付いていることがないのだけど、直野作品は付いてるんですね~♪これがまた嬉しい!


【真夜中の彼方者】
これ、彼方であっちと読ませるあたりが憎い題名。
本当は人間の為に悪霊を祓い病を治す良い妖なのに、その醜い外見(黒いヤギ?)の為に人間によって焼き殺されようとしているロイチェクタを救い、彼を人の形として作り変えたのが火の神シウテクトリ。
そうして主従のような関係で共に生きてきて長い歳月も経ち、現在、シウテクトリはシウという名前でアイドルを、ロイはシウの世話をしながら夜は人間の為に悪霊や病を払っている。

このロイが夜、自分の本来の役目を人間に酷い目にあわされたのにまだやっているのは実はシウには秘密。
その時の姿がね、すごいキュートなんです♪
ずんぐりむっくりのゆるキ続きャラ風?冒頭の元来の姿はいかにも獣風なのに、シウが作った姿はぬいぐるみみたい。
ヤギの目って怖いんだけど、この姿なら憎めない~☆
こんな健気なロイはずっとシウと一緒にいたことで、思慕が募っているということ。
それを隠している部分が健気なんだけど、人間の少年の病を祓った時に懐かれて、シウが嫉妬して現れるのです。
すっごく意地っ張りのツンデレだったのです、シウは!
切なくロイが健気に思っていたのに(笑)
そのコントラストが軽妙でクスっとさせて、神さまらしい傲慢さもあって、キャラが二人ともとても魅力的なのです!
ロイが元が醜い妖というだけあって、ちょっぴり冴えない男に描かれているのも萌えを誘います!

【LOVE-HATE】は、同じように人間の、人気ロックバンドの平田翼にその姿をやつしている、シウから生まれた仙人のペリが、仕事を一緒にするのにかこつけてストーカーから身を守ってほしいと言ってくるのがきっかけの話しです。
ここには、実はペリに突然別れを告げた恋人の存在があって、彼等の恋愛模様をシウとロイの存在を絡ませて描いているのです。
恋人に振られてヤケになったペリが、ロイを襲おうとしちゃう場面で見せたシウの怒りがすさまじかったですv
ペリの泪がルビーという設定がちょっぴりロマンティック。
だけど気になるのは、仙人であるペリとその恋人はその寿命をどうするの?って…

そんな点も気になりながらも、傲慢俺様シウのツンデレと、ロイの、とばっちりを受けながらも健気ででも何故かおかしい組み合わせがとても楽しいのです♪

【恋の空路】
とても存在感が薄くて、身よりもなく、勤め先もクビになってしまった宝を気にかけて優しくしてくれるのがアパートの隣に住む方喰さん(オヤジですよん♪)
折しも最近頻発している身よりのない人間の失踪事件。
職探しをする宝に偶然再会して、遺伝子研究の協力者の口を声かけた元同級生の高城。

高城の正体が実に不気味です!
気持ち悪い存在なのですが、一体何だったのでしょうね?
ピンチに陥った宝の元に現れたのは、髪の長い背の高い”魔剣アベリス”それが方喰さんの正体。
そして宝は運命の人だったのです。
この因縁の話し、宝の転生を待っていたというその元になる話しも見て見たい気がするのですが。一応想像はできるのですが、なにやらドラマティックなものがありそう。
方喰さんの設定が面白いのですが、魔力節約のためにオヤジの格好をしているって(笑)


表紙下の本体に「あとがき」があってこぼれ話しが載ってます。
シウの正体とか、4コマ漫画で宝と方喰さんのその後の生活とか、笑っちゃいます☆

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ