クレイジーな彼とサバイバーな彼 ~嘘と誤解は恋のせい~

crazy na kare to survivor

クレイジーな彼とサバイバーな彼 ~嘘と誤解は恋のせい~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神32
  • 萌×223
  • 萌6
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
274
評価数
66件
平均
4.2 / 5
神率
48.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784592877189

あらすじ

*歩いていたら、ふと無線式のイヤホンを拾ったあなた。
何とはなしに耳に挿してみたら──

『……ああ、結哉……俺のマーメイド……』
『あ…ヤダ、生クリームで僕に習字なんて……』
『ユイユイのパイパイ、モミモミチュッチュする! 』
『あぁっ…仁お兄様っ、ぁあああ……!!』

──ハイ。これを聞いたあなたのリアクションは?
a.和久井と結哉がトチ狂っているワケを探る
b.同じものを聞いた騎一と尚の動向を知りたい

OK、ならば本書必読!! 愛と笑撃の第3弾★

表題作クレイジーな彼とサバイバーな彼 ~嘘と誤解は恋のせい~

六車騎一 小劇団「シベリアブリザード」団員
朝来野尚 著名な劇作家の息子で「シベブリ」団員

同時収録作品クレイジーな彼とサバイバーな彼 ~嘘と誤解は恋のせい~

和久井仁 サラリーマン
嵯峨結哉 大学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数16

バカップルの観察は北島マヤの試練よりキツイ(;^_^A

とうとうシリーズ3作全てをを読み終えました~♪
3作とも全て面白かったです。
端々に思わずぷっと笑える表現が満載の、コメディ好きにはたまらない作品ばかりでした。

今思い返してみると、一番まともな恋愛小説は、シリーズ1作目の「嘘と誤解は恋のせい」だったかもしれません。
2作目、3作目と行くに従い、純愛で結ばれたカップル(和久井さんと結哉)がどんどん変態路線へと崩壊(笑)していく様子が面白おかしく描かれ、どれだけ笑ったことでしょう。
大満足です!!

また、本作は2作目の「恋する遺伝子~嘘と誤解は恋のせい~」の続編ともいえる作品ですが、よくも2作目のストーリーをこのように上手く3作目の中に取り入れられたものだな~と感服致しました。
シリーズ3作とも全て面白かったのですが、可笑しくて、お腹がよじれるほど笑ったのは、この3作目が一番です。

何たって1作目のカップルのその後のエロが、実に生々しく、面白可笑しく描かれているのですから。
あの純情で可愛いカップルが、このように変態バカップルに描かれるようになるとは思いもしませんでした!
とはいえ、メインは2作目のカップル続き(輝一と尚)です♪こちらも2作目の時以上に恋の進展が気になり、どんな感じで結ばれるのかなー、って楽しみに読ませて頂きました。

舞台は2作目のSSと同じく、無人島!
ひょんなことから、無人島に行く1作目のカップルののぞき見を、2作目のカップルたちがすることになってしまいます。
最初はのぞき見がバレないか、ハラハラドキドキの展開が待っているものと思っておりました。

ところがそっちの要素よりも、1作目のカップルの甘い甘いエロがメインで、二人のラブラブな会話が恥ずかしくもあり、思わずニヤリとなるシーンが盛りだくさん。
作者様、弄り過ぎではありませんか?(^◇^)
でも嬉しい驚きでした!萌えました!
コメディ好きなら読む価値100%♪

1

その後が気になる!

シリーズ三部作の第三弾です。ついに「クレイジーな彼」呼ばわりされてしまった和久井さん×結哉のカップルと、「サバイバーな彼」こと野生児な騎一×尚のカップルが、1つ屋根…じゃなくて1つの無人島で2泊3日を過ごすお話です。

このシリーズは一冊で読んでも面白いですが、この第三弾は前二作を読んでおくほうが何倍も面白い構成になっています。一つには和久井さんの進化(?)ぶり、もう一つは虚構だった騎一と尚の関係がシナリオの外へ展開していく不思議な感覚がじわじわとクセになります。

二組のカップルが出てきますが、騎一と尚は和久井さんと結哉を一方的に観察しているだけなので、カップル同士のこれと言った絡みはありません。尚の視点で進むこともあり、本作の主人公はあくまでも騎一×尚ですが、誰も見ていないと思って好き放題やりたい放題やり放題の和久井さん×結哉が本当に楽しそうです。

シベリアブリザードの公演がどうなったのかとっても気になるので、ぜひぜひ続編を読んでみたいと思います。

2

裏表紙のあらすじはお決まりの

アンケート形式になっています。

私、噴き出しました。
本屋であらすじ読んで噴き出すなんて
人生で初めての経験です。

このあらすじって誰が考えているんでしょうか。
担当さんなのかな。
だとしたら、典雅さんに勝るとも劣らない
才能の持ち主ですね!

「トチ狂う」ってなんだよ~
と思ったんですが、本編読んだら
マジでトチ狂ってましたね(笑)

ごめんなさいなんですが、
ジンジン×ユイユイが暴れすぎて、
主役の騎一×尚が完全に霞んでいる印象です。

ジンジン×ユイユイスキーな人にとっては
(私はそうです)
うれしい限りなんですけどね( ´艸`)

和久井さんのお誕生日を祝うために
再び、無人島に来た2人を、
ゲイカプを演じる役作りの為に
座長命令でのぞき&盗聴する騎一×尚組。

グッジョブ!座長!

私は田舎育ちなんですが、
尚と同じくインドア派の超軟弱者で
キャンプなんて行ったことないし
アウトドアはアウェイです。

まず尚と同じように、島に着くまでに船酔いする。
川で水浴びなんてムリ!
野トイレなんてムリ!
続きウモリバサーッでイモリが落ちてくる洞窟で
シュラフで寝るなんてムーリー!!

でも、ジンユイカプを覗き見するためなら
我慢できるかも(笑)
尚は、船酔いで体調が悪いところに
ふたりのゲロ甘いちゃラブを見て
追い討ちをかけられていましたが、
私は体力が回復する気がします(笑)

和久井さんが
「初めて碧海島に来たときは
ジェントル和久井のふりをしなくちゃで...」
みたいなことを言うんですが
おいおい、とうとう「ふり」って認めちゃったよ(゚Д゚;)
と思いました。

和久井さんは、見た目完璧な
ハイスペックリーマンなので
会社には、彼に憧れている女子社員が
けっこういるんじゃないかと思うんですが、
本性を知ったらドン引きですね~。

それにしても気になるのが「白雪姫プレイ」
いったいどんなプレイなんだ!?
ジンジンがひとり7役で小人役をやって、
ユイユイ姫を7回襲うとか!?

ぜひ、白雪姫プレイを中心に、続編をお願いしたいです!

なんだか、ジンユイのことしか書いてませんが...
今作は騎一先輩の男っぷりがあがりまくりです。
無人島にひとつだけ持っていけるなら
迷わず騎一先輩を選びます。

3

面白かった!でも。

『嘘と誤解は恋のせい』『恋する遺伝子~嘘と誤解は恋のせい~』に続く三巻目。続き物でも理解できる作品はありますが、この作品は前作を読んでいないと「?」となってしまうので未読の方はこの順で読まれることをお勧めします。

私は普段ネタバレ上等でレビューを書いていますが、あまり詳しく書いてしまうと前作のネタバレに直結してしまうので、なるべくぼかして感想を書こうと思います。

前作『恋する遺伝子~嘘と誤解は恋のせい~』のオチから、どう話を進めていくのかなあと思っていましたが、さすがというか、なるほどそう来たか!って感じでした。え~?ナイナイ!と思うような状況なのに、そこから繰り広げられるストーリー展開が非常にお上手。

凄く面白かった。面白かったのですが、萌えという点ではちょい不満。

ジンジン×ユイユイのCPはアホ丸出しです(褒めてます)。
彼らはアレでOKなんですよね。甘々・エロエロでどこまでも突き抜けていってほしい。安定のバカップルで非常に美味しかった。
和久井さん、27にもなって『ジンジン』とか言ってたらダメだと思う…。と腹筋が崩壊しました。

がしかし、今作品の続きもう一組のCPの騎一×尚の方がちょっとなあ…。
騎一にせよ尚にせよ、どこにお互いの惚れポイントがあったのかさっぱりわからなかった。騎一の方は何となくわからなくもないのですが、尚に至ってはなぜそこで事をイタしてしまう?と。
変態(騎一)×至って真面目な常識人(尚)の組み合わせが面白かったのに、島に着いたら何となくその立場が逆転してしまったような気がします。尚が箱入りすぎちゃって免疫がないとか、自分とは違った、太陽のような騎一のことが実は気になっていた、という伏線があったらしっくりきたのかな、と思ったりしました。

この作品はジンジン×ユイユイのメインCPの方が好きなので、余計に評価が辛くなってしまったかもしれません。

そろそろこの二人にも修羅場がやってきても良いと思うんですよね。
ジンジンにお見合い話がくるとか、浮気疑惑が持ち上がるとか。
この二人での続きを書いてほしいなあ、と思っています。

5

もはやダブル主演的な?笑

前作のまさかまさかの設定オチからのカムバック。

今度こそ?ほんとに!?
なんて、半信半疑で読み進めたわけですが。
バカップル最高だぁ!ヾ(≧∇≦*)〃キャーv
やっぱり君らがいてこのシリーズは成り立つんだと実感したよ。笑


苦手な騎一とゲイカプを熱演することになった尚が演技の壁にぶつかり
(そりゃあな、ノンケだもん)降板の危機にあい、リアルゲイの実態を
覗き見するべく、強制合宿 in 碧海島に連行されるトコからスタート。

もちろん、「リアルゲイカプ=ジンジン×ユイユイ」なわけで。
前作の「本音と妄想は恋のせい 完全版」でもその変態っぷりを
惜しげもなく披露した和久井ですが、今回はタガが外れすぎて
ただの変態仮面ですよ。(´ー`)┌フッ
到着するなり、木の下で2ラウンド、ビーチでホイップクリームプレイ、海中プレイに
シチュエーションプレイと、様々な変態プレイの数々を消化する二人に対し、
読者のツッコミを騎一と尚が代弁してくれる形でひたすら進みます。
もはやどっちがメインなのか分からないくらいに、ひたすらジンジン×ユ続きイユイの
えろえろシーンを堪能できます。
ジンジン×ユイユイ派なワタクシとしては美味しい限りですが。笑 ( ̄▽ ̄*)ニヤッ


こんなんでいつ騎一×尚が成り立つのやら・・・と思ってると、
きましたよ。
ジンジン×ユイユイの合間に。爆

尚は前回より人となりが描かれていて、超絶お嬢様気質でヘタレという
可愛げのある子になっておりました。笑
しかも動物に好かれる一人ディズニー状態。

そんでもって、一番驚いたのが騎一。
島に来てから騎一がやたら常識人っぽいくないか?
突っ込みも割とクールに淡々としてるし。尚に対して色々気遣っちゃうし。
騎一から非常識をとったらただの頭のイイ人になっちゃうじゃないか!!

ま、素頭はよい騎一なので、うまーく尚お嬢様を陥落させましたねー。
っつーか、尚が流されすぎなだけなんだけど。笑
いちいち反応がカワイイんだよね、尚って。
騎一の固くなったモノを触らせられて驚いて手をひっこめたり、
フェラされて涙目でイヤイヤって頭振ってみたり。
ホント初体験のお嬢様って感じ。( ̄w ̄)プッ
普段は悪態しかつかないのに、エッチになると結構誘いセリフ多いし。

『 だって俺、さっきからナオになりきってるからじゃなくて、
  素で感じちゃってるから……っ! 』

『 …あっ、…騎一、すご、おっき……っ 』

いやぁ、初めてとは思えない乱れっぷりで。
ツンデレ誘い受け確定だね。( ̄▽ ̄*)ニヤッ

それにしても、騎一なぁ。
海ほたる見せたときは驚いた。マジじゃんコイツ!!!
結構イイ彼氏になっちゃうんだね!!
と、なんかふつうに感心(感動?)しちゃってました。笑<意外すぎて。

前作ではさっぱり萌えれなかった騎一×尚ですが、
今回はちゃんと萌えってできました♪ ヨカッタヨカッタ


前作の設定をトレースする形で話が進むので、前作も読んでおいた方が
断然楽しめます。
ま、なくたってジンジン×ユイユイのバカップルだけでも
充分に腹がちぎれますが。爆

本作で驚くほど饒舌に互いに語りあいながら変態プレイを堪能する
二人ですが、やっぱり和久井&結哉の視点で読みたかったなー。
だって、プロポーズも含まれてるわけで。その辺の二人のどぎまぎ的な
視点も加わると結構きゅんきゅんできると思うんだけどなー。
ま、それ以外が変態すぎて笑死にしそうだけど。
まだまだこのバカップルの話読みたいですー!

3

脇役が濃すぎる(笑)

恋する遺伝子の続編。
前回のまさかのオチから、本当のカップルになるお話。
のはずが。
えっと……物語の8割は、本編バカップルの無人島ラブイチャ変態プレイです。
それをひたすらのぞき続けるという、なんの拷問かって内容です。
もれなくキイチと尚の気分が味わえます。

個人的に文章内にハートが飛び交うような、アホ丸出しのBLは苦手なんですが、ここまで突き抜けてくるともう、あきれるのを通り越して、随所で吹き出しちゃって。
面白すぎてどうしてやろうかという勢いです。

消化不良気味なのが、8割がバカップルの話ですと言った通り、肝心の主役カップルのラブが極端に少ないこと。
アホ達のくどい程の合体シーンを減らして、ふたりの心の変化の方にもうちょっとページを割いてくれたら良かったです。
だって二人のラブイチャが、全体の1割もないんですよ。
次が出るなら是非ともツンデレなディ○ニープリンセスがデレる様をじっくりと拝読したいです。
でも次が出るなら、箭内さんと碧海の話かな……?

2

バカばっか

この表紙はそういうことだったのかと読み終えてまた見つめ直すこと数秒。
こんなイケメン好青年にしか見えんのに…和久井さんの頭おかしいっぷりに爆笑でした。和久井さんと結哉が、あまりにもバカップルで、知り合いの行為を覗き見する騎一と尚の非常識さが、ふっとんでしまうという逆転的な面白さ。
濡れ場がたくさんなのに、そのどのシーンも爆笑ばかりというのも典雅さんらしい。
ここまで全開だと逆に萌えはないってことなのかも。
後半ちょっと駆け足気味なのが、残念だった。

1

キングオブお馬鹿に乾杯

まずは、2巻読まずして読むべからずってご注意を。

いや~他人に見られていないって枷がないと
人はここまで自らを開放できるものなのかって感じ。
臆面もなく有頂天に、ばかっぷりを炸裂しまくるカップルに
それを冷静沈着に突っ込む騎一がイイ。
ただのアンケートマニアじゃなかったのかって感じ(*゚▽゚*)

それに後押しする小椋センセの挿絵がサイコー!!
「もぉ、やめて~その双眼鏡(//∇//)ぎゃー」って車内で叫びそうになりました。

疲れた時に、さらに胸焼けするかのエロアマっぷりだけど
むしろランナーズハイ的な心地よさがあるかも、、

なんつって(๑≧౪≦)てへぺろ

2

バカップルとツッコミ

面白かった。
確かに面白かったのだが……

1作目の圧倒的な面白さに、続く2作目もまた別な展開で面白く、
でも、最後のまとめ方で肩すかしをくったこのシリーズ。
騙された!騎一と尚はリアルではどうなるんだ?!
という声に応えての本作なのだろう。

その2作目『恋する遺伝子』(=劇の台本)の公演で、主役を演じる予定の尚は、
実は相手役の騎一が苦手、故にラブシーンもダメダメ。
このままでは降板の危機、演技の為にリアルホモカップルを勉強せよと
和久井さんと結哉の無人島ラブラブツアーを、密かに観察することになる……

密かに観察って、つまり覗きや盗聴ってことなんですけれどねw、
すっかり真性変態と化した和久井さんと、可愛いけど元から変態の結哉。
このどこまでいっちゃうのか、って具合に全開のバカップルを観察しながらの
尚と騎一のツッコミが楽しい。

アウトドアはおよそ不向きなお嬢様体質なのに、
なんとか頑張ろうとしている尚のツンデレキャラもいいし、
野生児騎一とのズレ加減もおもしろい。

この二人が実はお互い気になって、惹かれ合っていた……っていうのは
続き
お決まりの展開。

バカップルのトンでもない糖度のイチャツキに、ツンデレカップルが影で突っ込む、
ひたすらそれで終始しているこの作品。
メインのカップルは、なんだかあっけなくアッサリまとまっちゃった感がある。
せっかく尚が美味しいキャラなんだから、もっとキュンとする展開が欲しい。


……と、笑って面白く読んだのだけれど、切なさやキュンとした萌えはなかった。
途中から先の見えたテンションの高いぶっ飛びぶりに、
いささか疲れたというか、面倒くさくなったというか、
途中で読むのをやめても別に大丈夫というか……
これを様式美と呼ぶかマンネリと呼ぶかは、感性の問題なのだろうけれど、
私は1冊目がウルトラ面白かっただけに、この2冊目3冊目の展開に
ちょっと白けてしまったのです……。

ということで、評価は中立です。


3

バカップル∞

前作「恋する遺伝子」の裏話?
キイチ×ナオのリアル編は、無人島でのサバイバル出歯亀生活!?

「恋する遺伝子」の主役に抜擢されたナオは、キイチ相手のラブシーンにどうしても嫌悪感が押さえきれず、座長のだめ出しばかり。
そんなナオが苦手克服のために座長に申し渡されたのは、キイチと二人でゲイカップルの観察をすること。
そして連れて行かれた無人島で繰り広げられる、ジンジン×ユイユイの盛りっぱなしのエロバカップル生活。
この、仁と結哉のたががはずれきったエロくて恥ずかしいせりふのオンパレード。
これだけでも、読む価値あり。
年末の笑い収めに、ぜひ


3

アホエロ万歳!!

【嘘と誤解は恋のせい】【恋する遺伝子】読み返してしまいました!騎一×尚、森のディズニープリンセス状態も、ほっこりして楽しかったけど、あまりに強烈な和久井×結哉カプに完全に食われてますよ~。ジンジン×ユイユイ、ここまで壊れ…いえ、ここまでエロアマになってるとは~~( ̄。 ̄;)会話だけで進む凄まじいばかりのバカップルぶり!こんなお話し読んだ記憶がありません!!身体の芯まで脱力出来るアホエロの名作だと思います♪♪♪
この作品がCD化となったら、声優様は、さぞや腕(声)のふるいがえがある事でしょう♪

3

全編通して『超絶非常識』で突き抜け!

いやあ、もう「グフ」っと何度笑いをこらえたことか。
ホント、小林さんの頭の中ってどうなってるの?(良い意味で)
そして小林作品ではもうお馴染みキャラ、サザ・コミュニケーションズ代表であり変人の箭内が友情出演(?)しています。
既刊をお読みの方にはニヤリとしますね。


攻めは前作で妊婦(汗)となった騎一。
劇団『シベリアブリザード』で熱く活動しています。
今シリーズの、最強キャラ。

受けの尚は、騎一と同じ劇団員。
几帳面で、そのあたりも騎一とあわない原因かも。
今シリーズの、一番マトモな神経の持ち主。


「嘘と誤解は恋のせい』のスピンオフです。
前作『恋する遺伝子』でのラストは賛否が分かれましたが(わたしは平気でした)、その続きですね。

前作で騎一と尚が演じることになっていた舞台。
騎一とゲイカップル役を演じるにあたり、尚は壁へぶつかっています。(や、別にぶつかっても良いのよ…ノンケなんだし)
いつもチャラチャラしているくせにナチュラルな芝居をする騎一とのラブシーンなんてサブイボ!な尚は座長からの叱責で舞台降板の危機に。
仕方なくラブラブ続きカップルの役作りをするはめに。
そのための研究材料として白羽の矢を当てられたのは、『知らぬはバカップルばかりなり』な騎一の可愛い後輩であるユイユイこと結哉と、その恋人・ジンジンこと和久井のカップル。

和久井と結哉のカップルが以前訪れた無人島(嘘と誤解は恋のせい参照)。
そこへふたたびツアーで出かけた彼らを、こっそり追いかけることとなった騎一と尚。
ふたりを盗聴&盗撮し『生のゲイカップルを学んじゃおう!』という計画……超絶非常識(尚談)。

知らされていないのだから当たり前だが、こちらのことなどまったく眼中にナッングーなふたりの様子に、騎一と尚が関西の熟年夫婦なみに突っ込みを入れつつ読者の代弁をしてくれます。
ただ、それ以上に特筆すべきはジンジンとユイユイのバカップルでしょう。

わたしは騎一と尚よりもこちらのハッチャケカップルが好きです。
BL界広しと言えど、ここまでのカップルはいないのでは?
ただ今回は、和久井&結哉の視点でなかったのが残念。
えっちも特に和久井視点だと変態度がアップするので(笑
それに台詞だけで成り立つ彼らはすごいですが、やっぱり描写も欲しかったかな。
どうしても劇団がらみで尾行していますから、騎一&尚視点で進むのは仕方ないのですが…
あまりにバカップル過ぎてふたりに当て馬登場!というようなお話とかは無理なのかなーとは思うのですが、ぜひ、ジンジン&ユイユイカップルの方も書いて欲しいです。

一応メインカップルである騎一と尚の出来上がるお話なので、騎一が『嘘と誤解〜』の時よりも大人といいますか、まともといいますか、普通化している気がしました(苦笑
あの伝説的アンケート作った人なのだから、もっと良い意味でヘンテコにして欲しかったな。
そこだけが残念。
尚の方は慣れない生活で、さらに潔癖入った性格ですから、なにもかもが恐怖だったり初体験だったりとしっちゃかめっちゃか。
そして美白男子なのが笑える。
パラソル男子、テレビでしか見たことなかったわ。

あのサバイバルで尚は騎一を多少見直しつきあうことにしてましたが、スキー場効果ならぬ無人島効果で町へ戻ったら大丈夫?と心配だったりします(苦笑

5

前作のずっこけオチにハンカチを噛み締めた読者よ、今ここに再び集え!

萌萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
38度の熱にヘタリながら読んでたんですが、パイロンMX(風邪薬)より効きました。
バカップルからアホエロップルへと見事な進化(…進化?)を遂げてるジンジンユイユイ組。彼らのトチ狂いっぷりの前では、風邪菌も裸足で逃げ出したようで、翌日にはけろっと熱もひきました。
元気薬(成分:笑いとエロと長台詞)をありがとう典雅さん。

一応本作は、騎一×尚の進展がメインなんですが、同時進行の和久井×結哉……というか和久井さんが酷いです。笑 爽やかイケメンエリートはいずこへ……。
最初らへんは、「やだ」とか「だもん」をナチュラルに使う攻め和久井さんにクスクスつっこんでたんですが、そんなもんは台風の前のちり紙の如く吹っ飛びました。むしろんな小っちゃいことに反応してごめんなさいって感じです。
とにかく迷言だらけ。迷言に次ぐ迷言に、噴きだしたこと数え切れず。むせること三回。
マーメード発言はまだ分かる。海やしね。生クリーム書道もまあ分からんでもない。無人島でやる意味が分からんけど。チョコバナナと女体盛りならぬ結哉盛りのエロコラボに免じよう。だがしかしだジン続きジンユイユイ。何やねん「ウパヤ、ホゴンゴ」って……やーめーてー。
しかも、ここまででまだページ半分という脅威の充実(?)ぶり。
アホエロ実況プレイに脱力した読者の残りのHPを奪うべく展開される怒涛の後半戦にノックダウンですよ。典雅さんのネタ帳はどうなってるの。
写真撮影大会あたりから、なんかもう本を持つ手が震えてきました。笑いすぎて。
そして畳み掛けるようなシュチュエーションプレイ!プレイ!プレーーイ!
悶絶して、酸素吸入すべくいったん小休憩いれたのはマジです。
そして主役組も負けてません。ええ。
放尿というファイナルウェポンでジンジンユイユイ組に対抗。いやしかし惜しかった……!
典雅さんならなれたはず!
放尿=受という常識にすっかり囚われてしまったこの世界に、「攻めの放尿」という新たな光を差すパイオニアに!!(真剣)

人は恋を前にどこまでアホになれるのか……
王道BLから確実に脱線してるのに、不思議と王道BLにギリギリ収まってる気がするのは何故なのか。
典雅節が今日も唸ります。

ひよどり超えの逆落としを調べた人は挙手せよ。

13

発情期のサルに淫乱剤、それを観察する二人の行く末

嘘と誤解シリーズ3作目のスピンオフ、何だかんだとハイソな笑いを提供してくれると
思っていたあのシリーズが3作目にして覗きに盗聴と言うレベルのお話になってます!

覗き見されるのはあのヘンテコアンケートでくっ付いた隣人同士のカップル。
和久井と結哉の蜜月甘々バカップルなのですが、何故に無人島で盗聴覗きされるか、
それは今回の二人が所属する劇団の次の公演の為の試練的なものなのです。
前作を読んでいる方ならば説明不要の今回のカップル。
それが続編となって2冊同時に読めば笑いもすっきり感も倍増する事間違いなしの
展開になっていると思われます。

前作のオチ的要素に度肝を抜かれて色んな意味で感動した方、または不納得な方、
それぞれにあったかと思える前作ですが、その裏にまさかここまでの笑わせる
試練があったとは思いもよらぬ展開で一旦ハマるととことんな感じでした。

今回の主役二人、受けの尚は攻めの騎一がかなり苦手でむしろ嫌いな人種なのです。
それが舞台でゲイカップルの攻め受けをすることになったことで
尚が嫌いな相手にゲイの恋人同士のような思いを抱きながらの演技が出来続きない。
そこで劇団座長の命令で、嫌いな相手と共に演技の為に本物のゲイカップルを
無人島で見て演技の糧にしろと言われることから始まる訳です。

無人島での大半がバカップルの馬鹿すぎる絶倫エロを覗き盗聴しているので、
あんあん喘ぎが途切れない展開になっているのも笑えます。
ホント、サルの発情期に淫乱剤って言葉がぴったりくるくらいなのです。
 
そして主役の二人はそんなバカップルを見ながらお勉強しつつ、無人島での
サバイバルをしていくのですが、どこに行っても生きていけそうな騎一と
お育ちが良いのが丸わかりのクールビューティー美形の尚、
尚の都会育ちにしても成人男子としてはいかがなものかと思えるお嬢様ぶりも
ホントにツボにハマって笑いまくりました。
結果的には2カップルの甘くて笑える話が出来上がった感じでとても楽しめます。

5

バカップルはアンケプレイがお気に入り♪

この本の発売を知った時、超ビックリ!
ひょっとして「恋する遺伝子」を本物のカプにする気では・・・果たして一体どうやって?
始まりの『嘘と誤解は~』のアンケネタはよほど結哉と和久井のツボにはまったようで、裏表紙もアンケ来ました!(爆笑)作中でもアホアホアンケがバカップルのエッチ演出に一役買い、アンケは外せない周到されるべき、このシリーズの重要アイテムになったのか。。。と


劇団シベリアブリザードのw主役に抜擢された尚と騎一だが、尚は苦手で嫌いな騎一と恋人役をやるのにうまくいかず、座長の梯にできないと役を下ろすとまで言われ、練習に出てくるなとまで言われてしまう。
ところが、その座長が突然電話をかけてきて、本物のゲイカプの生態を観察してこいと、誕生日記念に無人島の”碧海島”へ行く和久井と結哉カプを騎一と一緒に盗聴・観察することになってしまって・・・

はい、島に到着してすぐにイチャイチャし始めるのをはじめ、誰もいないからとやりたい放題のアホエロを繰り広げる和久井と結哉を、主人公達と一緒に覗き見している気分満載。
むっつりスケベの和久井のむっつりがとれて、ただのスケベが全開続きした姿と、それに応えてナイス回答をする息の合ったバカップルエッチにもう爆笑の連続。(挙げると尽きないので、これはもう読むしかない!)
この本の主人公はいったいどっち?(笑)
そのくらい、バカップルが。。。

でも、尚のキャラクターも突っ込み役の騎一がいるからこそ楽しめるのです。
日焼けをしちゃいけないと美白クイーン装備かと思えば、生き物に好かれるから”ディズニープリンセス”に進化w
しょっぱなから野グソだの脱糞だのワイルドさの素晴らしい適応力と面倒見の良さを見せる騎一に、本来インドア派でアウトドアが苦手な尚がほだされる・・・というよりは、
無人島に二人でアホな事をやって過ごしているからこその、初めて尚が騎一ときちんと向き合えた状態が作れたと言う事ではないでしょうか?
すました普段じゃなくて、弱味も見せて素を見せる環境。

恋愛はどうなのよ?
と思えば、尚の意地っ張りが災い、、幸いしたのか。
とりあえずやってみる(笑)
甘い、切ない、片想いとかいうまっとうな恋愛の始まりじゃないけれど、ツンデレお嬢様な尚にはこのくらい強引にぐいぐいといつの間にかひっぱられちゃうという展開が一番なのかも?
それにしても、騎一ってスゴイキャラだと思うよ。
本気なのか冗談なのか、頭が良い事は確かだが。

すっごく面白かったです。
典雅節のお笑い展開が炸裂して、バカップルもツンデレも天然豪快男も、キャラクターもいい味出してました。
・・・でも、これってこれで終わり?その後はないのかな?舞台が気になるんですが。
それはまた別?
萌え×2をつけたいけど、その後が気になって仕方ないのと今多分典雅作品のノリに乗れないタームにきてるのかもしれないので、ちょっと一つ落としました。
今回はムクさんのイラストもとっても愉快でしたよ♪

4

おバカすぎてツボる!

 実は前回の恋する遺伝子のオチはスッキリしなくて・・・・そもそも夢オチ的なモノが嫌いなので面白いと受け止める事は出来ずに読み終えるや放り投げてしまったクチなんです。だからこその恋する遺伝子の前振りが覿面に効果を発揮しました。きっとあのオチを楽しんだ方々よりも、あのオチに不満があった方達のが何倍も楽しめる事請け合いです。しかし恋する遺伝子に懲りてスルーされたらどうしようとは少し思いますが(笑) 小ネタの使い方、盛り方はあまちゃん以上に笑いのツボを刺激され「ぷっぷっ・・・」となりました。騎一の見事な策士っぷりが尚の間抜けな美白クイーン振りを上手くコントロールしていつの間にかケミストリーを起こす過程が心地よくて馬鹿馬鹿しくて・・・・しかも二人に課せられたのが出歯亀行為なんてエロ阿呆過ぎて正に801の真骨頂と言えます。何なんですがディズニー体質って・・・この笑いのセンス大好きです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ