夜伽恋情

yotogi renjou

夜伽恋情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
54
評価数
14件
平均
3.9 / 5
神率
35.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784041010648

あらすじ

借金を贖うため太守に身売りをすることになった春怜。しかし夜伽の指南役として現れたのは、幼い頃剣の腕を競った幼馴染の燈真だった。羞恥に耐え忍びながら、春怜はかつての親友の前で足を開くことになり…。

表題作夜伽恋情

燈真22・太守の一等補佐官5人中で最年少補佐官
春怜25・親戚の借金で太守に買われた地方役人

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ワンコの純愛成就物

あらすじだけ読むとやらしい雰囲気ムンムンですが、蓋を開けてみると切ない純愛物でした。
他の方がレビューされているように、情景描写がとても巧みで、美しい街並みの様子が目に浮かぶようでした。
当初は自分の責務を果たすため冷静に努めようとしていた攻めが、最終的にはお預けくらってる駄々っ子なワンコのようになってて可愛らしかったです。
息抜きに2人で初めて街に出てお酒を交わしながら久しぶりに和やかに昔を思い出してた時に気付いたら攻めと太ももがくっついてて。。ってところが一番萌えました。
太守いいヤツ過ぎだろ!って感じでしたが、ハッピーエンドで良かった良かった☆

1

文章に惚れた!

とある国の城郭都市でキレ者の補佐官として働く燈真と、彼の主である太守の愛妾になるべく城郭都市へとやってきた春怜。幼馴染二人の運命的な再会から始まる怒涛の日々を描いた中華風ファンタジー作品です。

鴇六連さん、初読みの作家さんでした。筆致が心地よいというのか読みやすというのか、この方の書く文章に惚れました!中華風ファンタジーの世界を壊すことのない言葉のチョイスも然ることながら(カタカナが一つも出て来なかった…素晴らしい)、丁寧な風景の描写がとても色彩豊かで目に浮かぶようでした。セリフ回しも過度にならず雰囲気たっぷりで、最後まで世界観に浸ることができました。

受視点:攻視点=7:3ぐらいの分量で書かれています。愛妾に育てるための指南と称して燈真は春怜に夜伽テクを施していくのですが、それ以外のシーンの二人はぎこちないながらも幼馴染の距離感が感じられるさっぱりした関係なのが非常に良かったです。もちろん、萌えも沢山ありました。

また、BL展開にありがちな「誤解が最後の最後まで誤解のまま」じゃないのも嬉しかったです。ちゃんと会話して相手を理解しようとする二人に和みました。個人的に寡続き黙でムッツリな攻が好きなので、悶々としている燈真にニヤニヤしました。

二人の周囲のキャラクターも素敵な人達が多く続編を読みたいと思いました。二人のその後が気になります。

1

後書きの裏話(妄想)が気になります。

新刊チェックで粗筋を読んで、登場人物の名前が中国っぽかったので、
恐らく中華モノかなと思い、例え特典ペーパーが無くても予約するつもりでした。
発売時に特典を付ける最近の商法には反対派ですが、今回は私のBLの原点とも
言えるジャンルで、希少なジャンルで特典ペーパーが付くということが発売日
近くになって公表され、とても嬉しく思いました。
いつもの書店で予約して購入しました。

前回、新刊で中国の王朝モノを読んだのが一年前で、中国の王朝モノとしては、
実に一年ぶりに読むので、とても待ち遠しくて仕方がありませんでした。
発売日の翌日くらいに本が届いて、本を手にしただけで、いよいよ この時が来たか…
と、まだ本を読む前から感無量な思いになりました。

本を読む前から期待し過ぎてしまいましたが、期待が裏切られることなく、
物語の内容や展開、人物設定や心理描写、情景描写がとても良かったです。
作品は攻め視点から始まり、それから受け視点と交互に展開していくので、
両方の心の揺れ動きや葛藤などが伝わってきました。

受けの春怜は、名前の通り、温かく包み込む綺麗な春のよう続きな印象を受けました。
また、攻めの燈真も、名前の通り、内に秘めた情熱が静かに灯っている印象を
受けました。
特に燈真の意志の固さ、想いの強さに惚れ惚れしました。

16歳くらいの双子の沙羅と輝羅の二人が純真でしっかりしていて
頼もしいところが可愛らしいと思いました。
太守の天繕が、親や兄のように燈真を見守るところに好感を持ちました。
特定の相手を作らない色事経験の豊富な天繕が気になっています。

あとがきでの、燈真の寝技の真相や、燈真にそれを伝授する天繕との
遣り取りの設定が面白くて萌えました。
この辺りは、もっと詳しく読んでみたいなと思いました。
先生の妄想をチラ見せするだけで終わらせてしまうのは非常に
じれったくて勿体ないと思いました。

今回の作品では、本当は相思相愛になっているのに、なかなか二人が結ばれなくて、
もしかして悲恋になるのではないかと最後の最後までヒヤヒヤしました。
二人が末永く幸せで仲睦まじく暮らしているところを、また、恐らく後を追ってきて
無事に再会できたと思われる双子たちとも皆で楽しく過ごしているであろうところを
もっと読んでみたいと思いました。

今回の評価は、「神」と「萌×2」で非常に迷いました。
物語の内容や展開、人物設定や心理描写、情景描写、挿絵がとても素晴らしいです。
今まで読んだ中国の王朝モノ作品の「神」評価作品と「萌×2」評価作品を
参考にして、どちらかというと「神」評価作品に近かったので、
最終的に「神」評価にしました。

3

寡黙で一途な男の恋情

天涯孤独で孤児だった燈真と3歳年上の幼なじみ春怜との擦れ違いラブ。
同じ村で共にそだった二人ですが、村に巨大都市の最高権力者である太守から
傍で働かないかと誘われ、春怜の傍から離れたくなかった燈真はその春怜から
都市で強い男になったら燈真のものになると言う言葉を受けて旅たつ。
そして、6年の歳月が流れ、燈真は太守の側近として働き、若き重職となっている。

そんな時に太守から一人男を買ったと言われ、その世話係を命じられる。
そこで一途に思い続けていた6年経ちますます美しくなった春怜に再会するが
春怜は、身内の借金の片に身売りしたようなもので、それを知った燈真を
助けようとするが、寡黙で不器用だし、春怜も燈真に迷惑をかけたくないと、
頑なに自分の運命を受け入れる。
しかし、春怜が考えていた太守の側仕えが実は男娼と同じだと知り動揺するし、
太守の閨に上がる為に燈真が春怜が男を受け入れられる身体になるように
調教まがいの行為をする話。

互いに相手の本音を解らないまま最後までしないエロ行為の中で春怜は幼なじみの
行動に憤り苦しみ、燈真は己の恋情と太守せへの忠誠で続きもがき苦しむ内容です。
燈真がエロ調教をするのですが、あとがきで実は燈真が童貞で、春怜の為に操を?
守って来たことが解りますが、そのギャップを考えると笑えます。
内容的にはシリアスで切ないお話なのですが、裏話的な事を知るのも面白い。
太守の下半身事情に随行していての手練れだったのだと納得です。

最後は燈真がワンコみたいに思えるハッピーですが、出来れば二人の甘い続編と
魅力的な太守のスピンオフでも読んでみたいと思わせる内容でした。
攻め像としては太守の方が燈真より上だと思うのですがこれは年齢&主従の違いですね。
幼なじみで再会もので擦れ違い、切なさ満点のラブストーリーでした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ